ダイエットの敵!ドカ食いを防止する5つの方法【デメリット】

ダイエットの敵!ドカ食いを防止する5つの方法

ドカ食い

ドカ食いはダイエットの大敵

ダイエット中に、ドカ食いしてしまう人は少なくありません。
SNSを見ても「ダイエット中だけどドカ食いしちゃった!でも、また明日から頑張ろう!」というメッセージを良く目にします。

確かに食べてしまったものは仕方がありません。
また、頑張らないといけないのも事実です。
しかし、ドカ食いがクセになってしまっては、ダイエットが成功は遠のいてしまいます。

また、ドカ食いには、次のような多くのデメリットもあります。

ドカ食いのデメリット
  • リバウンドの可能性が高まる
  • 悪い前例を作る
  • 自尊心を傷つける
  • ダイエットの決心が揺らぐ
  • またドカ食いをする

一番のデメリットは、自尊心を傷つけてしまうことです。
ダイエットのルールを守れなかった自分に対して失望してしまうのです。
自分はダメな人間だと思っては、ダイエットどころか私生活にも悪影響が出てしまいます。

また、1度ルール破ってしまうと、ダイエット自体が破綻してしまうことも多いです。
ドカ食いを防止して、本来の目的であるダイエットを成功させましょう!

ドカ食いを防止する方法

ストレスを溜めすぎない

ドカ食いの原因は、ストレスが引き金になることが多いです。
ストレスにより食欲が増して、我慢できずに食べてしまうというケースです。

ダイエットが原因でストレスが溜まっている場合は、ダイエット方法を見直しましょう。
自分にとって、無理がありすぎるダイエットになっている可能性が高いです。
効果的なダイエット方法でも、続かなければ何の意味もありません。
続けることが出来る、ストレスが溜まりにくいダイエット方法に変更しましょう。

また、私生活で大きなストレスを溜めている場合があります。
そんな状態では、ダイエットの成功は難しくなります。

まずは、私生活でのストレスを取り除くことから始めましょう。
取り除けないストレスならば、なるべくストレスの原因を避けて生活をしましょう。

食べ物を目に付かない所に置く

ドカ食いをしたくなるのは、認知性食欲が原因であることが多いです。
認知性食欲とは、食べ物を目にしたり、美味しそうな匂いを嗅いだり、オヤツの時間になることで、本当にお腹が空いたわけではないのに食欲が湧いてくることです。

認知性食欲を回避する方法としては、自分の周りから食べ物を遠ざけることが一番です。
私生活で目に入る食べ物を、目に入らない遠くに追いやってしまいましょう!

美味しそうな、ファーストフードや定食屋さんにも近づかない方が良いでしょう。
食べ物を自分から遠ざけることで、認知性食欲が湧くのを防ぐことができます。

GI値の低いものを食べる

人間は、血糖値が低くなることでお腹が空いてきます。
GI値が高いものを食べてしまうと、インスリンが大量に分泌されることにつながり、結果として血糖値が急激に下がってしまいます。

つまり、GI値が高いものを食べることでお腹が空くのが早くなります

血糖値の低下をなるべく防ぐためには、GI値の低いものを食べるのが有効な方法です。
GI値の高いものを避けて、なるべくGI値の低いものを食べるようにしましょう。

栄養価の高いものを食べる

栄養が不足すると、お腹が空きやすくなってしまいます。

食事制限により、ダイエット中は食べる量が減ってしまうことが多いです。
食べる量が減ると、必然的に栄養が不足してしまうことになります。

ダイエット中は、なるべく栄養価の高いものを食べましょう。
栄養価の高いものを食べることで、食べる量が減っても栄養不足を防ぐことができます。

栄養価の高いものが食べられなかった日は、サプリメントで補うのも良い方法です。

水を飲んだりカロリーが低いものを食べる

水を飲むことで、食欲を抑える効果が期待できます。

それでも我慢できなければ、ドカ食いをする前に何か食べてしまいましょう。
出来ればカロリーゼロのもの、難しければカロリーの低いものを食べましょう。

ドカ食いをしてしまう前に、何か胃に入れてしまうのは有効な方法です。

まとめ

  • ダイエット中に、ドカ食いしてしまう人は多い
  • ドカ食いは、自尊心を傷つけて、私生活にも悪影響が出る
  • ドカ食いの原因を排除して、ダイエットを成功させる

コメント

タイトルとURLをコピーしました