ダイエットの基本!痩せたいのに痩せ方がわからない人のためのヒント【アドバイス】

スポンサーリンク

ダイエットの基本!痩せたいのに痩せ方がわからない人のためのヒント

悩む

ダイエットの知識

「さあ、ダイエットをするぞ!」と思っても、何をすれば良いか分からない人も多いですよね?

残念ながら、ダイエットの知識は学校では教えてもらえません。
自分の周りにダイエットに詳しい人が居なければ、ダイエットの基本も分かりません。
ダイエットの知識がゼロの状態で、ダイエットを始めることになります。

テレビでやっていたダイエットを試したり、CMでやっていた痩せそうな商品を購入してみたり、ダイエット本を買ってみたりと、色々と手探りで試してみるしかありません。

手探りの状態で始めると、ダイエットは成功しないことが多いです。
どんなダイエット方法を試す場合でも、ダイエットの基本的な知識は必要です。

今回は、ダイエットの基本的な知識を考えていきたいと思います。
合わせて、間違ったダイエット方法についてもご紹介します。

ダイエットの基本

ダイエットは、食事・運動・健康の3つが揃っていなければ、成功することは難しいです。

例えば、健康を考えずにダイエットをしてしまうと、基礎代謝が下がり体脂肪が減りにくい体になってしまいます。
運動をしないダイエットは、筋肉量が減少してリバウンドしやすい体になるでしょう。

ダイエットの基本は、食事・運動・健康にバランス良く取り組むことです。
次のようなことが、ダイエットの基本になります。

ダイエットの基本
  • 摂取カロリーを減らす
  • 低糖質・低脂質・高タンパク質な食事を摂る
  • 栄養価の高いものを優先して食べる
  • 適度な運動をする
  • 自律神経を整える
  • 自分に合ったダイエットを続ける

摂取カロリーを減らす

ダイエットは、摂取カロリーを減らすことが基本です。

まずは、摂取カロリーを減らすために、お菓子やジュースを我慢しましょう。
どうしても、我慢できない場合は、せめてカロリーの低いものに替えていくべきです。

次のステップとしては、脂質が少ない食事を心がけましょう。
脂質は、1gあたり9kcalと高カロリーな栄養素です。
揚げ物やマヨネーズなどの脂質を多く含むものは控えましょう。

低糖質・低脂質・高タンパク質な食事を摂る

食事制限をする場合でも、三大栄養素を摂らなければ不健康になってしまいます。

糖質

体内エネルギーの原料になるもの。
余ったエネルギーは体脂肪になりやすい。
糖質の不足が続くと、体はどんどん弱っていき様々な体の機能が低下していきます。

脂質

細胞膜やホルモンを作る原料になるもの。
脂質の摂取量が不足すると、頭痛、疲労、体力低下、むくみなどの症状が出やすくなります。

タンパク質

タンパク質は、主に筋肉・爪・髪・内臓などの材料になります。
また、酵素の材料、細胞分裂や体調維持、獲得免疫機能など、役割は多岐に渡ります。

タンパク質が不足すると、筋力の低下、集中力・思考力の低下、肌や髪のカサつき、体が冷えやすくなる、などの症状が出やすくなります。

現代人の食生活は、糖質と脂質が多くタンパク質が少ないと言われています。
低糖質・低脂質・高タンパク質な食事を摂ることで、バランスの良い食事になります。

また、脂肪になりやすい糖質とカロリーの多い脂質を少なくし、比較的にカロリーが低いタンパク質を多く摂ることで、ダイエットに大きな効果が期待できます。

栄養価の高いものを優先して食べる

人間の体には、多くの栄養素が必要です。
食事の量を減らした場合、必要な栄養素が不足してしまうことが多いです。

栄養素が不足すると、基礎代謝が低下してカロリーが消費されにくい体になってしまいます。
また、免疫力が低下して病気にもなりやすくなります。

少ない食事量でも、多くの栄養素を得るために、栄養価の高いものを優先して食べましょう。

適度な運動をする

体脂肪だけを、狙い撃ちで落とすことは不可能です。
体脂肪と一緒に、筋肉量も低下してしまいます。

筋肉量が落ちてしまうと、スタイルが崩れることにつながります。
筋肉量を維持するために、適度な運動をすることが大切です。

「筋トレ」や「歩く」といった運動をダイエットに取り入れましょう。

自律神経を整える

自律神経は、消化・吸収・代謝・循環という体の重要な機能の調整を行っています。

自律神経が乱れると、体の機能が低下します。
結果的に、エネルギー代謝が悪くなり、基礎代謝が低下して不健康な体になってしまいます。

ダイエットを成功させるためには、自律神経を整えるための工夫が必要です

自律神経を整える方法
  • 深呼吸をする
  • 朝日を浴びる
  • 軽い運動をする
  • 適度に休憩をする
  • 全身浴をする

自分に合ったダイエットを続ける

効果的なダイエット方法でも、自分に合わないならやめてしまいましょう。

自分に合わないダイエット方法を続けていると、大きくストレスを溜め込んでしまいます。
やがて、ストレスが大爆発して、ドカ食いダイエットを断念する結果になるかもしれません。

1つのダイエット方法だけでは無く、いくつかのダイエット方法を組み合わせて、自分に合ったものだけを継続していくのが有効です。

間違ったダイエット

ダイエットの基本は、食事・運動・健康にバランス良く取り組むことです。
反対に、間違ったダイエットは、食事・運動・健康のバランスを崩してしまうようなダイエット方法です。

特に、健康状態を悪くするようなダイエットは控えましょう。
例えば、次のようなものが間違ったダイエットです。

間違ったダイエット
  • 食べないダイエット
  • 単品ダイエット
  • 食事制限と運動のどちらかだけをするダイエット
  • 大きくストレスが溜まるダイエット
  • 短期間で痩せようとする

食べないダイエット

「断食」や「1食抜く」ダイエットはやめましょう。

体の機能が低下して、エネルギー代謝が悪くなり、基礎代謝が低下します。
ダイエットの効果が悪くなっていき、痩せにくい体が出来上がってしまいます

また、体がエネルギー吸収モードになり、次の食事で多くの体脂肪が付くことになります。

単品ダイエット

1つの食材だけを食べるダイエットはやめましょう。
特定の栄養だけが偏って、多くの栄養素が不足してしまいます。

同じ食事ばかりを食べるのも同様です。
栄養素の高いものを中心にして、多くの食材を摂ることが大切です。

食事制限と運動のどちらかだけをするダイエット

ダイエットには、食事制限と運動の両方を取り入れましょう。

食事制限のみのダイエットの場合は、筋肉量が低下してスタイルが崩れる原因になります。
運動のみのダイエットの場合は、効果が少ないため途中で断念してしまうでしょう。

ダイエット効果の高い食事制限と、筋肉量を維持するための運動の両方を取り入れましょう。

大きくストレスが溜まるダイエット

大きくストレスが溜まるダイエットは、やめておきましょう。

ダイエットは、習慣を変えていくことから始まります。
ストレスが大きく溜まるようなダイエットは、習慣にすることができません

ストレスが溜まり過ぎると、ドカ食いやダイエットを断念する原因になります。
自分にとって、ストレスが溜まりにくいダイエットをやっていきましょう。

短期間で痩せようとする

短期間で痩せるには、「絶食」や「糖質完全カット」などの極端な方法しかありません。
極端なダイエット方法には、何のメリットもありません。

体が省エネモードになり、集中力が低下して、筋肉が無くなり、ストレスが溜まり、とリバウンドするための条件がすべて揃っています。

まとめ

  • ダイエットをするぞ!と思っても、何をすれば良いか分からない人が多い
  • ダイエットは、手探りの状態で始めても成功しないことが多い
  • ダイエットは、食事・運動・健康の3つが揃っていなければ、成功することは難しい
  • 間違ったダイエットは、食事・運動・健康のバランスを崩してしまうようなダイエット方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました