若い女性でも糖尿病になる!細身でも危険!【間違ったダイエットで急増】

スポンサーリンク

若い女性でも糖尿病になる!細身でも危険!

若い女性

若い女性でも糖尿病になっている

糖尿病と聞くと、太った中年男性に多いイメージがありますが、近年では若い女性でも糖尿病を発症するケースが多いです。

2016年に厚生労働省が行った全国調査によると、20歳以上の女性で「糖尿病の疑いがある人」は9.3%という結果が出ています。
しかも毎年増加しており、10人に1人という高い割合です。

その中でも特徴的なのが、「若い細身の女性が糖尿病を発症するケースが多い」という事です。
糖尿病を若い時に発症してしまうと、自覚症状が無いまま病気が進行する事が多くなります。
気が付かない間に血管や内蔵、骨がボロボロになって、様々な病気を引き起こします。

糖尿病を発症する原因

若い女性の糖尿病の原因の多くは、「間違ったダイエット方法による筋肉量の低下」です。

正しいダイエットは、体重では無く体脂肪を落としていきます。
反対に、無理なダイエットや間違ったダイエットは、体重と筋肉が落ちていきます。

筋肉量が低下すると、年齢や体型、性別に関係なく糖尿病になるリスクが高まります。
筋肉は、血中の糖をエネルギー源として働きます。
筋肉量が少ないと、血中の糖が余り続ける事になります。
血中の糖が余り続ける状態になると、血糖値を下げるために、膵臓(すいぞう)がインスリンを出し続けるフル稼働状態となります。

結果的に、膵臓(すいぞう)が疲弊してインスリンの分泌量が減少したり、インスリンが十分に作用しなくなってしまう「糖尿病」を引き起こします。

糖尿病を発症させないための対策

体脂肪を目標にする

ダイエットの目的は、体脂肪を落とすことです。
体重では無く体脂肪率に目標を定めましょう。

体重を目標にすると、体脂肪と筋肉のどちらが減ったのかが分かりません。
体重は考えずに、体脂肪率を減らすことを目的にしましょう。
筋肉量を減らさずに、体脂肪率だけを落としていくことが理想です。

体脂肪計が無い場合は、購入することをオススメします。

無理なダイエットをしない

無理なダイエットや、流行りのダイエットに振り回されないようにしましょう。

例えば、極端な糖質制限ダイエットをすると、短期間で体重は落ちるかもしれません。
しかし、その分筋肉量が減っていたという事は良くあります。
本来、糖質制限の食事は「糖尿病患者が仕方なく行う食事」です。

時間が掛かっても、健康を維持しながら体脂肪を落としていけるダイエットをしましょう。
ダイエットの基本は、低糖質、低脂質、高タンパク質です。

筋トレをする

どんなダイエット法でも、体脂肪と一緒に筋肉も落ちていきます。

筋肉量を維持するためには、筋トレをして筋肉に刺激を与えましょう。
筋肉に刺激を与えることで、筋肉の合成は始まります。
回数が少ないトレーニングでも効果はあります。

最初は1回でも良いので、筋トレを始めましょう。

まとめ

  • 若い細身の女性が糖尿病を発症するケースが増えている
  • 若い女性が糖尿病を発症する原因は、「間違ったダイエット方法による筋肉量の低下」
  • 糖尿病の対策として「体脂肪を目標にする」「無理なダイエットはしない」「筋トレをする」が有効

コメント

タイトルとURLをコピーしました