体重は軽いのに太って見える?筋肉を付けないと細身には見えない

スポンサーリンク

体重は軽いのに太って見える?筋肉を付けないと細身には見えない

悔しい

体重が軽ければ細身に見える?

「体重は標準体重より軽いのに、なぜか太って見えてしまう」と悩んでいる人は多いです。
頑張ってダイエットをしても、見た目があまり変わらなければガッカリしてしまいますよね?

人の外見を決定づけるのは、体重ではなく体脂肪と筋肉量のバランスです。
体重が軽いのに太って見えてしまう人は、体脂肪と筋肉量のバランスが悪いことが原因です。

体脂肪に比べて筋肉量が少なければ、太っているように見えてしまいます。
筋肉量を増やすことで、細身でも健康的でメリハリのある体になることができます。

体脂肪と筋肉量のバランスを整えることで、理想とする見た目の体を手に入れることができます。

モデルのようなスタイルを目指そう

モデルのような、細くてメリハリのある体は憧れの対象ですよね?
第一線で活躍しているモデルは、例外なくハードなトレーニングといった努力をしています。

残念ながら、手足が長くなることはありませんが、我々もトレーニングをすることでメリハリのある体を手に入れることができます

体脂肪を減らして、筋肉量を増やすための運動を積極的に行っていきましょう。

筋肉が付くオススメの運動

筋トレ

筋トレが、筋肉量を増やすのに最適な運動です。
また、筋肉周辺の脂肪が分解されやすい状況を作ることができます。

ほとんど筋トレをしたことが無い人は、まずは自宅で出来る自重トレーニングがオススメです。
自重トレーニングは、自分の体重を利用したトレーニングです。
自宅で手軽に始めることができるなど、多くのメリットがあります。

自重トレーニングのメリット
  • 好きなタイミングで始めることができる
  • 外に出る必要がない
  • お金がかからない

少ない回数でも、十分に効果があるので大丈夫です。
まずは数回しか出来なくても、続けていくことで回数も筋肉量も少しずつ増えていきます。

歩く

元々の筋肉量が少ないなら、歩くことでも筋肉量を増やすことができます。

「歩く」という運動は、筋肉をあまり使っていないイメージがありますが、実は体の筋肉の80%を動員して行われる立派なトレーニングです。

背筋を伸ばして「しっかり歩く」ことで、全身の筋肉をバランス良く鍛えることができます。
スマホやアプリなどの歩数計機能を利用することで、目標を持って楽しみながら歩数を稼いでいくことができます。

ストレッチ

ストレッチは、筋肉を伸ばして柔軟性を向上させる運動です。
意外ですが、ストレッチだけでも筋肉量を増やすことができます。

ストレッチをすることで、柔軟性が向上して体の可動域が広くなります
柔軟性が広がることで、普段使っていなかった細かい筋肉が活性化されるため、筋力アップにつながります。

また、ストレッチは血行を良くする効果があるため、基礎代謝を高める効果が期待できます。

運動をすると体重が増える

運動を始めると、体重が増えてくることがあります。
これは、筋肉量が増えてきた証拠ですので、必要以上に怖がらなくても大丈夫です。

一般的に、脂肪よりも筋肉の方が重いです。
体重は気にせず、見た目の変化を重視して運動をしていきましょう。

まとめ

  • 体重は標準体重より軽いのに、なぜか太って見えてしまうと悩んでいる人は多い
  • 体重が軽いのに太って見えてしまう人は、体脂肪と筋肉量のバランスが悪いことが原因
  • 体脂肪に比べて筋肉量が少なければ、太っているように見える。筋肉量を増やすことで、細身でも健康的でメリハリのある体になる
  • モデルのようなメリハリのある体を目指すなら、体脂肪を減らして、筋肉量を増やすための運動を積極的に行う
  • 脂肪よりも筋肉の方が重い。体重はきにせず、見た目の変化を重視して運動をしていく

コメント

タイトルとURLをコピーしました