朝ごはんを食べないと損をする!確実に太りデメリットもいっぱい!【ダイエット・朝食】

スポンサーリンク

朝ごはんを食べないと損をする!確実に太りデメリットもいっぱい!

朝食

朝食はとても大事

朝食は大事という話はよく聞きますよね?
大事なのは分かっているけど、色々な理由をつけて食べない人が多いです。

  • 朝は忙しいから
  • 食欲が無かったから
  • 少しでも寝ていたいから
  • 準備が面倒だったから
  • 食べると太るから

それでも朝食は摂りましょう。
睡眠中でも脳や内臓は、エネルギーを消費して活動を続けています。
起床した時は、エネルギーが空っぽになっています。

エネルギーが空っぽの状態で1日をスタートさせてしまうと、大きなデメリットを数多く受けることになります。
朝食を摂らなかっただけで、残念な1日を送る可能性が高いです。

朝は必ず何かを食べて、エネルギーを補充しておきましょう

朝食を抜くとデメリットがいっぱい

省エネモードになる

起床した時は、エネルギーが空っぽになっています。
人間の体は、1日に3食以上摂らなければ代謝が落ちてしまいます。
特に朝食を抜いてしまうのは最悪です。

朝食を抜いてしまうと、体は飢餓状態を察知して、「省エネモード」になります。
省エネモードになると、代謝が上がらず、体温は低くなり、脳も働かなくなります。

頭が働かない

エネルギー不足で、頭が働きません。
集中力も低下してしまうので、仕事や学業、生活に支障が出ます。
睡眠不足であれば、つい居眠りをしてしまうかもしれません。

体が動かない

体も極力エネルギーを使わない状態になります。
「軽い冬眠状態」に近くなり、動きも鈍くて覇気も出ません。
周りからは、だらしない人間に見えるでしょう。

筋肉が減少する

軽い冬眠状態とは言え、エネルギーは消費し続けます。
体にはエネルギーが無いため、筋肉を分解してエネルギーにします
筋肉を合成するためのエネルギーや材料も無いため、筋肉は分解され続けることになります。

太る

飢餓状態のまま昼食を摂ると、体はここぞとばかりにエネルギーを吸収します。
エネルギーを溜め込むことに全力を注ぐことになります。
つまり、体は昼食時に全力で体脂肪を作っていきます

朝食を摂るための工夫

朝食を摂る時間を作る

今までよりも、30分早く起きましょう。
まだ眠かったとしても、朝食を摂れば体も元気になり頭もスッキリします。
睡眠時間を減らしたく無ければ、工夫して就寝時間を早めましょう。

朝食の内容にこだわらない

朝にエネルギーを摂取することが重要です。
栄養価の高い朝食を摂った方が良いですが、まずは朝食を摂ることに専念しましょう。
時間を掛けて朝食を作る必要はありません。
菓子パンとコーヒーで十分です。

まずは、朝食を摂る習慣をつくりましょう。

寝る前に作っておく

寝る前に朝食を作っておけば、朝は温めるだけで準備完了です。
夕食の残りを、朝食にまわすのも効率的です。

まとめ

  • 起床した時は、エネルギーが空っぽになっている
  • 朝食を摂らないと、残念な1日を送る可能性が高い
  • 朝食を抜くと、「省エネモードになる」「頭が働かない」「体が動かない」「筋肉が減少する」「太る」などのデメリットを受ける
  • 朝食を取るために、「朝食を摂る時間を作る」「朝食の内容にこだわらない」「寝る前に作っておく」などの工夫が必要

コメント

タイトルとURLをコピーしました