ダイエット中に甘いものを食べたいときの裏技!【我慢できないなら食べてもOK】

スポンサーリンク

ダイエット中に甘いものを食べたいときの裏技!

ケーキ

ダイエット中の甘いもの

特にダイエット中は、甘いものを食べたくなりますよね?

私も甘いものが大好きです。
「少しぐらいなら良いかな」「我慢は体に良くない」「今日頑張ったご褒美に」なんて、いくらでも言い訳が出て来るぐらい食べたいです。

でも、ダイエット中なら食べてはいけません。
そんな事は誰でも分かっていますよね?

それでも、どうしても食べたいときは1つだけ方法があります。
少しだけ頑張らないといけませんが、甘いものを食べるためなら何だって出来ますよね?

甘いものを食べてもOKになる裏技

結論から言えば、「限界まで筋トレをした後なら甘いものを食べてもOK」です。
筋トレと言っても、腕立て伏せやスクワットを10回ずつ程度ではありません。

もう、腕や足が動かなくなるまで筋トレをしましょう。
腕立て伏せやスクワットが、1回も出来なくなるまで追い込みましょう。
そこまで頑張ったなら、甘いものを食べてもOKです。

筋トレの後に食べても良い理由

まず、何もせずに甘いものを食べた場合、体内の血糖値が上がります。
インスリンが分泌され、糖がグリコーゲンに変化します。
グリコーゲンは、血中、筋肉、肝臓、脂肪細胞の順に蓄えられます。

例えば、グリコーゲンが血中に蓄えきれない場合は筋肉に蓄えられます。
筋肉に蓄えきれない場合は肝臓に蓄えられます。
肝臓に蓄えきれない場合は脂肪細胞に脂肪として蓄えられます。
何もせずに甘いものを食べた場合は、脂肪細胞に脂肪として蓄えられる可能性が高いです。

筋トレで使用されるグリコーゲンは、筋肉中のグリコーゲンが優先して使用されます。
その特徴を利用することで、甘いものを食べることができます。

限界まで筋トレをすると、筋肉中のグリコーゲンが消費されます。
筋肉中にグリコーゲンを蓄える余裕ができます。
筋肉中の余裕分だけ、甘いものを食べても脂肪になりません。

これが、「限界まで筋トレをした後なら甘いものを食べてもOK」な理由です。
ただし、限界まで筋トレをしていなかった場合や、甘いものを大量に食べてしまった場合は、当然ながら溢れたグリコーゲンが、脂肪細胞に脂肪として蓄えらるので注意しましょう。

うまく利用すれば、脂肪を増やさずに甘いものを食べることができます。

まとめ

  • ダイエット中は甘いものを食べたくなる
  • 限界まで筋トレをした後なら甘いものを食べても良い
  • 限界まで筋トレをすることで、筋肉中のグリコーゲンが優先して消費される。消費されて余裕ができた分だけ、甘いものを食べても脂肪にならない

コメント

タイトルとURLをコピーしました