ダイエットのトラブルむくみや骨密度の低下を改善する【原因と対策】

スポンサーリンク

ダイエットのトラブルむくみや骨密度の低下を改善する

ダイエットで起こりやすいトラブル

食事制限でダイエットをしていると、栄養不足から色々なトラブルが起こります。
中でも特に女性に起こりやすいトラブルが、「むくみ」「骨密度の低下」です。

健康的なダイエットを成功させるために、原因と対策を把握しておきましょう。

むくみ

むくみ

原因

  • 塩分の摂りすぎ
  • カリウムの摂取不足

ダイエット中に顔や体にむくみが起こったら、食事を見直したほうが良いでしょう。
塩分の摂りすぎや、カリウムの摂取不足の可能性があります。

対策

  • 塩分を控える
  • カリウムを摂取する

食事を見直して、塩分を控えましょう。
また、塩分を体外に出すために、カリウムを積極的に摂取しましょう。
カリウムは、アボカドバナナジャガイモホウレンソウに多く含まれています。

手軽に食べられるバナナがオススメです。

骨密度の低下

原因

  • カルシウムの摂取不足
  • ビタミンDの摂取不足

ダイエット中には、自分の骨の様子は分かりません。
知らない間に骨密度が低下していて、転んだだけで骨折なんてこともあり得ます。

カルシウムやビタミンDが不足していないか、食生活をチェックしましょう。

対策

  • カルシウムを摂取する
  • ビタミンDを摂取する

カルシウムと、ビタミンDを積極的に摂りましょう。
カルシウムは骨の主成分で、ビタミンDは骨の代謝に必要な栄養素です。

カルシウムは、牛乳ヨーグルト納豆豆腐小松菜魚介類などに多く含まれています。
ビタミンDは、サケサンマシイタケキクラゲ鶏卵などに多く含まれています。

まとめ

  • ダイエットをしていると、栄養不足から「むくみ」や「骨密度の低下」が起こりやすい
  • むくみは、塩分を控えてカリウムを摂取することで改善が期待できる
  • 骨密度の低下は、カルシウムとビタミンDを摂取することで改善が期待できる

コメント

タイトルとURLをコピーしました