ダイエット成功のためにビタミンを摂ろう【種類・役割】

スポンサーリンク

ダイエット成功のためにビタミンを摂ろう

ビタミン

ビタミンの重要性

ビタミンは、体内で作ることが出来ない必須の栄養素です。
すべてのビタミンを含んでいる食材は無く、様々な食材を少しずつ食べる必要があります。

偏食ダイエットや無理なダイエットを行うと、ビタミンが不足しやすくなります。
ビタミンが不足すると、欠乏症を引き起こすなど、体への悪影響が出てきます。

健康な体を保つためには、ビタミン摂取は必須です。

ビタミンとダイエットの関係

ダイエットを成功させるためには、健康な状態を維持し続ける必要があります。
ビタミン不足で不健康になることは、ダイエットの失敗にもつながります。

また、ビタミンには三大栄養素のエネルギー代謝に大きく関わっています。
特に、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6が不足すると、エネルギー代謝に支障が出ます。
例えば、ビタミンが足りないため三大栄養素がエネルギーにならず、そのまま脂肪になります。

ビタミンの種類

人間にとって必要なビタミンは、全部で13種類あります。
13種類のビタミンは、科学的な性質から、脂溶性ビタミン水溶性ビタミンに分けられます。

脂溶性ビタミン

水に溶けにくく、油脂に溶ける特徴があります。
肝臓に留まりやすいため、摂取しすぎると過剰症を引き起こす可能性があります。

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

水溶性ビタミン

水に溶けやすく、油脂に溶けにくい特徴があります。
たくさん摂取しても、体内に留まずに排出されてしまいます。
そのため、毎日食事から摂取する必要があります。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • ビタミンC

各ビタミンの主な役割

ビタミンA

  • 疲れ目予防
  • 皮膚や爪の健康維持
  • 免疫維持
  • 感染症予防

ビタミンD

  • 骨や歯の健康維持
  • 筋力維持

ビタミンE

  • 血管や細胞の老化防止
  • 美肌効果
  • 疲労改善
  • 更年期障害の軽減

ビタミンK

  • 骨の再石灰化
  • 血液凝固作用

ビタミンB1

  • 疲労回復
  • 夏バテ予防
  • 精神安定作用
  • 糖質の代謝促進

ビタミンB2

  • 脂質の代謝
  • 口内炎予防
  • 髪、爪、歯の健康維持

ナイアシン

  • 美肌効果
  • 血行促進
  • 二日酔い予防

ビタミンB6

  • 脂肪肝の予防
  • 月経前症候群の予防

ビタミンB12

  • 造血
  • 代謝促進
  • 中枢神経の機能維持

葉酸

  • 造血
  • 口内炎予防
  • 核酸合成

パントテン酸

  • 免疫力の向上
  • 抗ストレス作用

ビオチン

  • 筋肉痛の緩和
  • 皮膚や髪の健康維持

ビタミンC

  • 美肌効果
  • 疲労回復
  • コラーゲンの生成促進
  • 抗ストレス作用

サプリでの摂取もオススメ

毎日、バランスの良い食事を摂ることは難しいです。
そんな日は、手軽なサプリで摂取するのもオススメです。

まとめ

  • ビタミンは、体内で作ることが出来ない必須の栄養素
  • ビタミン不足で不健康になることは、ダイエットの失敗にもつながる
  • ビタミンは全部で13種類あり、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分けられる
  • 脂溶性ビタミンは、肝臓に留まりやすいため、摂取しすぎると過剰症を引き起こす可能性がある
  • 水溶性ビタミンは、たくさん摂取しても、体内に留まずに排出される。毎日食事から摂取する必要がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました