太るから水を飲まない?水太りとむくみの原因と誤解【ダイエット】

スポンサーリンク

太るから水を飲まない?水太りとむくみの原因と誤解

水

太るから水を飲まない?

水太りするのが嫌だから、水は控えめしておく、という人が居ます。
水を飲みすぎる事が、水太りやむくみの原因だと誤解している人が多いです。

水にはカロリーがありません。
飲みすぎる事で太ったりする事はありません。
むしろ、次のようなメリットがあります。

  • 口内の免疫力アップ
  • 消化の促進
  • 基礎代謝のアップ

小まめに水分補給をすることで、多くのメリットがあります。
水は積極的に飲んでいきましょう

水太りとむくみの原因

水太りとむくみの原因は、「塩分の摂りすぎ」です。

味の濃い物の食べ過ぎで、塩分過多になってしまった事が、主な原因です。
塩分過多になると、体内のナトリウムとカリウムのバランスが崩れてしまい、体内の水分が体外へうまく排出できなくなってしまいます。

体内に水分が多く残っているので、太ったように見えたり体重が増えたりします。

水太りとむくみの対策

味の濃い物を控える

塩分の多い、味の濃い食べ物を避けましょう。
水太りやむくみの原因にもなり、健康にも悪影響があります。

血行を良くする

運動や入浴、マッサージで血行を良くしましょう。
体内の老廃物や水分が、スムーズに排出されやすくなります。

カリウムの多い物を食べる

カリウムの多い、アボカド、バナナ、ほうれん草などを食べましょう。
体内のバランスが改善され、水太りやむくみが取れやすくなります。

まとめ

  • 水の飲み過ぎでは、「水太り」や「むくみ」にはならない
  • 小まめに水を飲むことで「口内の免疫力アップ」「消化の促進」「基礎代謝のアップ」などのメリットがある
  • 水太りやむくみの対策は、「味の濃い物を控える」「血行を良くする」「カリウムの多い物を食べる」という方法が有効

コメント

タイトルとURLをコピーしました