ダンベルで上腕二頭筋(力こぶ)を鍛えるダンベルカール【筋トレ】

スポンサーリンク

力こぶが印象的な上腕二頭筋は全ての男性の憧れではないでしょうか。
大胸筋と同様に、比較的筋肉が付きやすい部位だと思います。トレーニング自体も楽しいですし、腕が少しずつ太くなっていくとやり甲斐もありますよね。

上腕二頭筋は自重で鍛えるのは意外と難易度が高いので、ダンベルを使ったほうが簡単です。ちなみに腕立て伏せは大胸筋をメインに鍛えるトレーニングなので上腕二頭筋を鍛えることには向いていません。腕立て伏せという名前からは腕が鍛えられそうなイメージがありますよね。

今回はダンベルを使って行うダンベルカールについてお話しようと思います。私も大好きなトレーニングの1つです。

ダンベルで上腕二頭筋を鍛えるダンベルカール

上腕二頭筋

ダンベルさえあればできるトレーニングなので手軽です。

重いダンベルを扱えるようになってきたときの事を考えると、やはりジムでトレーニングすることをオススメします。ジムだと色々な重量のダンベルが揃っているためです。

どうしても家でトレーニングしたくて、ダンベルを購入する場合は重量可変式のダンベルが良いかと思います。少しお値段はしますが、好きな重量の変更することができるのでオススメです。

重量可変式のダンベルは、パワーブロックがオススメです。ゴールドジムの商品なので安心です。
次のリンク先で「パワーブロック」と検索すれば出てきます。

フィットネスショップ

重量固定のダンベルを買ってしまうと、いざ筋肉がついてきたときに物足りなくなってしまいますからね。固定重量のダンベルだと買い足していく必要もありますし、置くためのスペースも必要です。

上腕二頭筋を鍛えるメリット

  • 男らしい力こぶができる
  • 引く力や持ち上げるが強くなる

上腕三頭筋の押す力に対して上腕二頭筋は引く力を担当しています。

日常生活では引く力は良く使うので、ちょっとした動作が楽になります。私が一番効果を感じたのは、重い荷物やダンボールを持った時でしょうか。

ダンベルカールのやり方

ダンベルカールは動作自体は簡単ですが、より効果的に上腕二頭筋に効かせようと思うと少し難しいです。

初めは気にせずにやってみて感覚を掴みましょう。

プロのトレーナーの方の超分かりやすい動画です。私はすごく参考にさせていただきました。特に「肘を少し前に出す」というのはものすごく効果的です。

動画内で言われている事を実践していくと、軽い重量でも効くようになりました。おすすめです。

1分で上腕二頭筋がパンパンになるダンベルカールの練習法!筋トレで筋肉に効かせる極意

まとめ

ダンベルカールは楽しいので、ついつい頑張ってトレーニングしがちです。
しかし、上腕二頭筋だけが発達していてもかっこいい腕にはなりません。
上腕三頭筋や三角筋、前腕などもバランス良く鍛えていきましょう。

上腕三頭筋
「上腕三頭筋」の記事一覧です。
三角筋
「三角筋」の記事一覧です。
前腕
「前腕」の記事一覧です。

少しずつ出来るトレーニングが増えていくのも筋トレの醍醐味です。楽しいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました