ダンベルフライで大胸筋を鍛えよう【筋トレ】【初心者向け】

今回は、大胸筋を鍛えるトレーニング「ダンベルフライ」をご紹介します。

ダンベルとベンチさえあれば、気軽にトレーニングすることができます。

以前に同じくダンベルとベンチを使った「ダンベルベンチプレス」をご紹介しました。

ダンベルで大胸筋を鍛えるダンベルベンチプレス【筋トレ】【初心者向け】
大胸筋を鍛える自重トレーニングと言えば「腕立て伏せ」です。腕立て伏せ程の手軽さはありませんが「ダンベル」と「ベンチ」さえあれば「ダンベルベンチプレス」を行うことができます。「ダンベルベンチプレス」は「腕立て伏せ」よりも大胸筋を効率的...

ダンベルベンチプレスとは少し違った種目になります。

ダンベルベンチプレスは押すことによって大胸筋を鍛えます。

今回ご紹介するダンベルフライは大胸筋を収縮させるトレーニングになります。

ダンベルベンチプレスとは違った刺激が筋肉に入るので、うまく使い分けて大胸筋を成長させましょう。

スポンサーリンク

ダンベルフライで大胸筋を鍛えよう

大胸筋

大胸筋を鍛えるメリット

  • 男性は厚い胸板を作れ、女性はバストアップ効果がある
  • 大きな筋肉を動かすのでダイエット効果が高い
  • 体幹が鍛えられる
  • 服が似合うようになる

大胸筋は比較的に付きやすい筋肉です。

個人的には大胸筋と三角筋が成長させやすい筋肉でした。

みるみるTシャツや上着が似合うような体つきになっていきました。

すぐに筋トレの効果を出してモチベーションを高めたい」という人は大胸筋と三角筋から鍛えることをオススメします。

三角筋の鍛え方については次のリンクでご紹介しています。

良ければ見ていってください。

ダンベルで肩を鍛えるサイドレイズ【三角筋】【筋トレ】
私は筋トレをするまでは、肩幅は生まれ持ったもので変わらないものと考えていました。筋トレを勉強していくにあたり「三角筋」を鍛えれば肩幅が広くなるということを知りました。骨格を変えることは出来ませんが、骨格の上に乗っている筋肉を鍛えるこ...

ダンベルフライのやり方

ダンベルフライは、ダンベルベンチプレスと同じく大胸筋の中部を鍛えるトレーニングです。

押す動作のダンベルベンチプレスとは違い、収縮させるダンベルフライの方が大胸筋の内側が鍛えやすい印象です。

ダンベルフライのとても分かりやすく解説をしてくれている動画です。

動画内でも注意してくれていますが、腕を開いていくストレッチの時に開きすぎると怪我につながるので注意してください

腕を開きすぎると二頭筋にダンベルの重さが大きく掛かります

ダンベルフライの効果的なやり方!大胸筋に効くフォームのコツを解説

まとめ

大胸筋は成長させやすく、見栄えも大きく変わるのでオススメです。

個人的にはダンベルフライの方が、大胸筋の内側を鍛えやすいと思います。

ダンベルベンチプレスと交互に試してみると効果が高いと思います。

ストレッチの時に腕を開きすぎると、二頭筋に大きく負荷が乗ってしまい怪我につながるので注意してください。初めて試す時は軽い重量でやりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました