インクラインダンベルカールで上腕二頭筋を鍛える【筋トレ】

スポンサーリンク

男性の誰しもが憧れる部位といえば上腕二頭筋です。
力を入れると力こぶがモリッと浮き出るのは気持ち良いですね。

今回はダンベルとベンチを使って上腕二頭筋を鍛える、インクラインダンベルカールをご紹介します。以前ご紹介したダンベルカールはダンベルのみを使ったトレーニングでした。今回のインクラインダンベルカールは、ダンベルとベンチを使ったトレーニングになります。ベンチをを使用する分、ダンベルカールに比べて少しコツが必要です。その分、効果は高いのでダンベルカールと同時にトレーニングして、大きな上腕二頭筋を目指しましょう。

ダンベルカールについては、次のリンク先で解説しています。
良ければ見ていってください。

ダンベルで上腕二頭筋(力こぶ)を鍛えるダンベルカール【筋トレ】
力こぶが印象的な上腕二頭筋は全ての男性の憧れではないでしょうか。大胸筋と同様に、比較的筋肉が付きやすい部位だと思います。トレーニング自体も楽しいですし、腕が少しずつ太くなっていくとやり甲斐もありますよね。上腕二頭筋は自重で鍛えるのは意...

インクラインダンベルカールで上腕二頭筋を鍛える

上腕二頭筋

インクラインダンベルカールは、ダンベルの他にインクラインベンチを使用します。インクラインベンチは角度を自由に変えることが出来るベンチです。

角度を付けることで、筋トレの効果が上がったり、鍛えられる部位を変えたりすることができるので便利です。家にダンベルインクラインベンチがあれば、全身を鍛えることも可能です。

上腕二頭筋を鍛えるメリット

  • 男らしい力こぶができる
  • 引く力や持ち上げるが強くなる

上腕二頭筋は、夏などは特に露出の機会が多いです。
大きくなるとTシャツやYシャツの上からも分かるぐらいになるので、誰かに指摘されると少し嬉しくなりますよ。

大胸筋と同様、どれだけ筋肉が付いたかのバロメーターにもなりやすいので鍛えておいて損は無いですよ。

インクラインダンベルカールのやり方

分かりやすくインクラインダンベルカールを解説してくれている動画があります。
こちらの動画を参考にトレーニングしてみましょう。

注意点としては、ダンベルカールと同じ重量だとキツイと思います。最初は無理をせずに軽めの重量でやりましょう。

他のトレーニングと同様ですが、何度かやってみなければコツを掴む事ができません。まずは、とりあえずやってみることが上達の秘訣です。怪我だけはしないように無理をせずにやりましょう。

【上腕二頭筋】インクラインダンベルカールのやり方とコツ・注意点を解説!腕を太くするストレッチ種目【筋トレ】

まとめ

上腕二頭筋は、何かと目立つ機会が多いです。個人的には上腕二頭筋が太いほうがカッコいいから、という理由だけで鍛える勝ちは十分あると思います。カッコいい腕を目指して頑張りましょう!

インクラインダンベルカールは、ダンベルの他にインクラインベンチを使用します。インクラインベンチは角度を自由に変えることが出来るベンチです。角度が変えられないフラットベンチに比べて価格は高くなりますが、トレーニングの幅が広がります。

どんな商品があって、どれくらいの価格なのかだけでも知っておくと良いかもしれません。
安心のゴールドジムのオンラインショップから探してみてください。

フィットネスショップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました