ダンベルショルダープレスで三角筋を鍛えよう【初心者向け】

スポンサーリンク

ダンベルショルダープレスは、ダンベルだけで三角筋を鍛えることができるトレーニングです。ベンチも不要なので手軽に行うことができます。同じく三角筋を鍛えるトレーニングでサイドレイズがありますが、サイドレイズとは違った刺激を筋肉に与えることができます。

同じ部位を鍛える場合でも、複数の種目で別々の刺激を与えるのは良いことだとされています。サイドレイズと組み合わせることで、トレーニングの効果は上がっていくでしょう。

サイドレイズについては次のリンク先で解説しています。
良ければ見ていってください。

ダンベルで肩を鍛えるサイドレイズ【三角筋】【筋トレ】
私は筋トレをするまでは、肩幅は生まれ持ったもので変わらないものと考えていました。筋トレを勉強していくにあたり「三角筋」を鍛えれば肩幅が広くなるということを知りました。骨格を変えることは出来ませんが、骨格の上に乗っている筋肉を鍛えることで立...

ダンベルショルダープレスで三角筋を鍛えよう

三角筋

三角筋を鍛えるメリット

  • 肩幅が広くなる
  • 服が似合うようになる
  • 大胸筋がより強調されるようになる
  • 肩こりが軽減される
  • 効果が出るのが早い(体感)

肩幅は逆三角形の起点となる部位です。
鍛えることで、男性らしい体つきになります。大胸筋と合わせて鍛えると、今まで余裕のあった服がピチピチになります。筋肉で窮屈になった服は、なぜかカッコよく見えますよね。脂肪でピチピチになっているのとでは全然違います。

ダンベルショルダープレスのやり方

三角筋を鍛えるダンベルショルダープレスは、サイドレイズと同様にダンベルさえあればトレーニングすることができます。注意点もサイドレイズと同様で、僧帽筋を使わないように注意する必要があります。
肩をしっかりと落とした状態で、腕と一緒に肩が動いてしまわないように気をつけましょう。そうすることで僧帽筋では無く、きっちりと三角筋でトレーニングすることができます。

とても分かりやすい動画がありますので、ご紹介します。
細かな注意点を分かりやすく説明してくれています。最初からは難しいかもしれませんが、三角筋を意識しながらトレーニングすれば少しずつ上手にできるようになると思います。

ダンベルショルダープレスのやり方!三角筋に効くフォームのコツを解説

まとめ

ダンベルショルダープレスは、ダンベルさえあればトレーニングすることができます。サイドレイズとは違った刺激を三角筋に与えることができるので、交互にトレーニングするなどの工夫で効果が高まります。

広い肩幅を手に入れて、シャツやスーツの似合う体を目指しましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました