固定ダンベルと可変ダンベルの違いは?メリットとデメリットを考える

スポンサーリンク

固定ダンベルと可変ダンベルの違いは?メリットとデメリットを考える

ダンベル

固定ダンベルと可変ダンベルは一長一短

ダンベルがあれば、家で出来る筋トレの幅がぐんと広がります。

自宅トレーニーなら、絶対に欲しいのが「ダンベル」では無いでしょうか?
しかし、実際にダンベルを購入するとなると「固定ダンベル」「可変ダンベル」のどちらが良いのかで悩みますよね?

ダンベル

結論から言えば、どちらのダンベルも一長一短です。
それぞれの長所と短所を把握して、自分に合ったものを購入しましょう。

固定ダンベルと可変ダンベルの両方を使っている私から、それぞれのメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

固定ダンベル

固定ダンベルは、重さが固定されているダンベルです。
ジムに行けば、1kg〜40kgぐらいの固定ダンベルがズラッと並んでいると思います。

固定ダンベルのメリット

固定ダンベルのメリット
  • すぐに使える
  • 値段が安い
  • 小型でコンパクト

固定ダンベルは、手に取ればすぐに使うことができます
値段が安いので、手軽に違う重さを追加購入することも可能です。

また、小型でコンパクトなのも特徴の1つです。
グリップも握りやすく、怪我をしないように柔らかい素材で作られているので、誰でも手軽に使うことができます。

固定ダンベルのデメリット

固定ダンベルのデメリット
  • 重さが変えられない
  • 数が多くなりやすくて場所をとる

固定ダンベルの最大のデメリットは、重さが変えられないことです。

鍛える筋肉によって、最適な重量は違ってきます。
例えば、肩の筋肉を鍛えるには3kgが最適だったとしても、腕の筋肉を鍛えるには5kgが最適かもしれません。

その場合は、3kgと5kgの2種類の固定ダンベルが必要です。

また、自分の筋肉がついてきて、最適な重量が変わってしまうリスクもあります。
筋肉がついて、今までの重さだと物足りなくなれば、さらに重い固定ダンベルを購入する必要があります。

可変ダンベル

可変ダンベルは、重さを自由に変えることができるダンベルです。
付属のプレートをつけかえることで、自分に合った重さに変えることができます。

可変ダンベルのメリット

可変ダンベルのメリット
  • 重さを自由に変えることができる
  • ダンベルを追加で購入しなくても良い

可変ダンベルの最大のメリットは、重さを自由に変えることができることです。
付属のプレートをつけかえたり組み合わせることで、色々な重さに変更できます。

例えば、私が持っている可変ダンベルであれば、2.5kg・5.5kg・7.5kg・10.5kg・12.5kg・15.5kg・20.5kgに変更することができます。
これだけの種類の重量に変更できれば、全身を鍛えるのに不都合はありません。

可変ダンベル1つあれば、他のダンベルを追加で購入する必要は無いでしょう。

可変ダンベルのデメリット

可変ダンベルのデメリット
  • 重さが変えるのが面倒
  • 値段が高い
  • サイズが大きいものが多くて場所をとる

可変ダンベルの最大のデメリットは、重さを変えるのが面倒なことです。

重さを変えられるのが最大のメリットですが、実際に重さを変えるためにはプレートを外したり、付け替えたりする必要があります。
筋トレの種目を変えるたびに、プレートを付け替えていくのはとても面倒です。

また、固定ダンベルと比べると、サイズが大きくて場所がとられます。
さらに、付属プレートの置き場所も必要なので、さらに大きなスペースが必要になってきます。

ダンベルのサイズが大きく、トレーニングの内容によっては、ダンベル同士が衝突することもあります。

「ブロックダンベル」という選択もある

最近では、可変ダンベルの欠点を補う商品も出てきています。

「ブロックダンベル」という商品です。

ブロックダンベルは、可変ダンベルと同様に自由に重さを変えることができますが、プレートの付け替えが一切不要なのが特徴です。

商品本体のピンやダイヤルを付け替えるだけで、ダンベルの重さを自由に変えることができるという優れものです。

ただし、値段はそれなりに高いです。
ブロックダンベルは、お金に余裕がある人にはオススメのダンベルです。

まとめ

  • 「固定ダンベル」と「可変ダンベル」のどちらが良いのかで悩む
  • 固定ダンベルのメリットは「すぐに使える」「値段が安い」「小型でコンパクト」
  • 固定ダンベルのデメリットは「重さが変えられない」「数が多くなりやすくて場所をとる」
  • 可変ダンベルのメリットは「重さを自由に変えることができる」「ダンベルを追加で購入しなくても良い」
  • 可変ダンベルのデメリットは「重さが変えるのが面倒」「値段が高い」「サイズが大きいものが多くて場所をとる」
  • プレートの付替えが一切不要な「ブロックダンベル」もオススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました