血行を良くして健康になろう!血行改善の方法・対策10選【冷え・肩こり・高血圧】

スポンサーリンク

血行を良くして健康になろう!血行改善の方法・対策10選

血行

血行が良くなれば体の不調が改善

体の血液は、酸素や栄養を全身に届けてくれています。

もし、血行が悪ければ、なかなか疲れが取れない、肩こりが酷い、などの体の不調が続きます。
反対に、血行が良ければ、体の機能は最大限まで高まり、健康的な生活を送ることができます。

血行が良くなるとメリットがいっぱい
  • 冷え性の改善
  • 肩こり改善
  • ストレスが溜まりにくい
  • よく眠れる
  • 意欲が湧いてくる
  • 体の疲れが取れやすい
  • 基礎代謝が高まり、太りにくくなる

健康的な生活を送るために、日頃から血行を良くするための方法を実践していきましょう。

血行を良くするための方法

血行を良くするための方法は、そこまで難しいものではありません。
どちらかと言えば、日常生活に組み込めるとても簡単なものばかりです。

深呼吸する機会を増やす

現代人は、呼吸が浅い人が多いと言われています。
ゆっくりと深呼吸をすることで、副交感神経が刺激されてリラックスすることができます。
リラックスすると、血管が広がり血流が良くなります。

2〜3分の深呼吸で良いので、1日に何度か深呼吸をしていきましょう。
鼻からゆっくり吸って、口からゆっくりと吐き出すだけでOKです。
また、目を閉じて深呼吸をすることでリラックス効果がアップします。

温かいものを飲む

冷たい飲み物は、体を冷やして体温を低下させます。
体温が低下すると、内臓の働きを悪くして体の機能を低下させます。

温かいものを飲むことで、体温が上昇して血管が広がります
汗と一緒に、体内の老廃物も出すことができるので一石二鳥です。

季節に関係なく、温かいものを飲む習慣をつけましょう。

ふくらはぎをほぐす

ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれています。
脚に流れてきた血液を、重力に逆らって心臓に戻す役割を担っています。

ふくらはぎが凝り固まっていると、血液をうまく心臓に戻すことができません。
結果として、血行が悪くなり足先が冷える原因にもなります。
ふくらはぎは、良く揉んでほぐしておきましょう。

また、ふくらはぎの筋力アップでも血行が良くなります。
ふくらはぎの筋トレには、背伸びを繰り返すという方法が簡単なのでオススメです。

背中の筋肉を伸ばす

日常生活で、背中の筋肉が使われることは少ないです。
筋肉が使われなければ、必然的に血行が悪くなってしまいます。

背中の筋肉を伸ばすことで、血行を良くすることができます。
背中の筋肉と多くつながっている肩甲骨を動かす、「肩甲骨ストレッチ」が有効です。
肩甲骨ストレッチは、とても簡単で効果が高いので試してみましょう。

湯船にゆっくり浸かる

入浴は、シャワーではなく湯船に浸かりましょう
湯船にゆっくりと浸かることで、温熱効果、水圧効果、浮力効果で血行が良くなります。

入浴剤を使えば、体が効率よく温めることができます。
湯船に浸かってリラックスする習慣をつけましょう。

ゆっくりと会話する

ゆっくりと落ち着いて会話をすることで、自律神経を整えることができます。

反対に、必要以上に早く会話をすれば、感情が高ぶってイライラしたり焦ったりします。
イライラすることで、交感神経が優位になるため、血管が収縮して血行が悪くなります。

自律神経を乱さないためにも、ゆっくりと落ち着いた会話を心がけましょう。
また、ゆっくりと話すことで会話に安心感や説得力を与える効果も期待できます。

座りっぱなしにならない

座っている間は、同じ姿勢でいることが多いです。
長時間の渡って同じ姿勢でいると、筋肉が凝り固まってしまうことになります。
筋肉が凝り固まれば、それだけ血行が悪くなってしまいます。

30分に1度は立ち上がって、体や筋肉をほぐしましょう。
その場で伸びをしたり、短時間ストレッチをするだけでも効果があります。

寝る前にリラックス

寝る前にリラックスことで、質の良い睡眠をとることができます。
部屋を暗くしたり、ブルーライトを浴びないなどの工夫をしていきましょう。

リラックスすることで副交感神経が優位になります。
副交感神経が優位になると、血管が拡張されるので、寝ている間も血行が良い状態が続きます。
寝覚めも良くなるため、1日の良いスタートを切ることができます。

ちょっとした運動をする

生活の合間に「歩く」など、ちょっとした運動をしましょう。
歩くという運動は、全身の筋肉の80%が使われています。
多くの筋肉が使われる運動なので、それだけで多くの筋肉がほぐれて血行が良くなります。

軽い筋トレやストレッチなどもオススメです。
激しい運動はしなくても良いので、適度に体を動かして血行を良くしていきましょう。

ストレスから遠ざかる

大きなストレスは、体を常に緊張状態にしてしまいます。
体が緊張状態になると、血管が収縮するので血行が悪くなります。

自分のためにも、ストレスを感じる人やイベントからは遠ざかりましょう。
どうしてもストレスを回避できない場合は、適度な運動をしてストレスを解消しましょう。

毎日大きなストレスを抱えてしまう場合は、環境を変えてみるのも1つの手段です。

まとめ

  • 体の血液は、酸素や栄養を全身に届けてくれる
  • 血行が悪ければ、なかなか疲れが取れない、肩こりが酷い、などの体の不調が続く
  • 血行が良ければ、体の機能は最大限まで高まり、健康的な生活を送ることができる
  • 健康的な生活を送るために、日頃から血行を良くするための方法を実践していく

コメント

タイトルとURLをコピーしました