特に理由がないのにイライラする?それは食事や食材が原因かも

スポンサーリンク

特に理由がないのにイライラする?それは食事や食材が原因かも

イライラ

理由がないのにイライラする

人間なので、イライラしたり不機嫌になることもありますよね?

イライラや不機嫌になる原因
  • 悪口を言われた
  • 家族や友人とケンカ
  • 仕事や勉強がうまくいかない

イライラや不機嫌の原因さえ分かれば、自分の工夫や努力で乗り越えていくことができます。
しかし、特に理由がないのにイライラしたり不機嫌になることってありませんか?

ふと気がつくと、心が落ち着かなくなって、イライラしたり不機嫌になっています。
もちろん、理由に心当たりはありません。

理由が分からないイライラは、とても厄介な存在です。
理由が分からないので、イライラを解消することができません。
放置していると、家族や友人に八つ当たりしてしまうかもしれません。

今回は、理由がないイライラの原因と対策について考えていきます。

人は血糖値が急落すると不機嫌になる

結論から言えば、血糖値の急落が原因です。

人は、血糖値が急落するとイライラしたり不機嫌になります。
それ以外にも血糖値の急落は、心や体に多くのデメリットを与えてしまいます。

血糖値が急落することで受けるデメリット
  • イライラを感じる
  • 理由なく不機嫌になる
  • 不安を感じる
  • 疲れやすくなる
  • 甘いものが欲しくなる

普通に生活していると、血糖値が急落したかどうかなんて分かりません。
しかし、どんなときに血糖値が急落するかを知っておくことで、事前に心構えや対策方法を考えておくことができます。

  • 血糖値の急落が、イライラや不機嫌になる原因
  • それ以外にも血糖値の急落は、心と体に多くのデメリットがある

血糖値が急落する原因

血糖値が急落する原因は、血糖値が急騰することです。
血糖値が急騰することで、すい臓からインスリンが大量に分泌されます。
インスリンが大量に分泌されることで、血糖値が急落することにつながります。

つまり、血糖値を急騰させなければ、結果的に血糖値の急落を防ぐことができます。

  • 血糖値が急落する原因は、血糖値が急騰すること
  • 血糖値を急騰させなければ、血糖値の急落を防ぐことができる

血糖値の急騰を防ぐ方法

血糖値の急騰は、主に次の方法で防ぐことができます。

血糖値の急騰を防ぐ方法
  • ゆっくりと食事をする
  • 糖質を最後に食べる
  • GI値の低いものを食べる

ゆっくりと食事をする

ゆっくりと食事をすることで、血糖値の上昇を緩やかにすることができます
血糖値の上昇が緩やかになれば、すい臓から分泌されるインスリンの量が少なくなります。

インスリンの分泌量が少なければ、血糖値は急落せずに緩やかに下降していきます。

食べる順番を変える

血糖値を上げる食べ物は糖質です。
糖質を食べる前に、他のものを胃に入れておくことで、血糖値は緩やかに上昇していきます。

具体的には、次の順番で食べることが理想とされています。

血糖値の急騰を防ぐ食べる順番
  1. 食物繊維(野菜)
  2. 脂質(揚げ物)
  3. タンパク質(肉・魚)
  4. 糖質(米・パン)
糖質を多く含む食べ物
  • 白米
  • パスタ
  • パン類
  • めん類
  • 芋類
  • 果物
  • 砂糖
  • はちみつ

食べる順番を変えるだけで効果が期待できるので、とても簡単なオススメの方法です。

GI値の低いものを食べる

カロリーと同様に、食材や食品にはGI値というものが設定されています。
GI値とは、血糖値の上がり具合を指数で表したものです。

つまり、GI値の高いものを食べれば血糖値が急騰しやすく、GI値の低いものを食べれば血糖値が急騰しにくくなります

また、同じ種類の食材の中でも、GI値の低い食材に置き換えるのも有効な方法です。
無理のない範囲で、積極的に置き換えていきましょう。

同じ種類の食材を置き換える(カッコ内はGI値です)
  • 白米(84)→玄米(56)
  • 食パン(91)→ライ麦パン(58)
  • うどん(80)→そば(59)

血糖値の急騰を防ぐ食事をしよう

ちょっとした工夫で、血糖値の急騰を防ぐ食事をとることができます。
血糖値の急騰を防ぎ、原因不明のイライラとおさらばしましょう。

また、血糖値の急騰を防ぐことは、ダイエットにも効果的です。
血糖値が急騰すると、血糖値スパイクが起こり、体脂肪が作られやすくなります。

まとめ

  • 血糖値の急落が、イライラや不機嫌になる原因
  • 血糖値を急騰させなければ、血糖値の急落を防ぐことができる
  • 血糖値の急騰を防ぐには「ゆっくりと食事をする」「糖質を最後に食べる」「GI値の低いものを食べる」が有効
  • 血糖値の急騰を防ぐことは、ダイエットにも効果的

コメント

タイトルとURLをコピーしました