手軽な朝ヨガストレッチで健康を手に入れよう【体が起きる人気の運動】

スポンサーリンク

手軽な朝ヨガストレッチで健康を手に入れよう

ストレッチ

体が硬くなる原因

体が硬くなる原因は、主に運動不足です。

運動不足で、筋肉や関節を動かす機会が少ないと、体の可動域がだんだん狭くなっていきます。

体の可動域が狭くなっていくと、結果として体が硬くなってしまいます。

体を柔らかく保つためには、激しい運動や長時間の運動をする必要はありません。

筋肉や関節を動かす機会を作ってあげればOKです。

体を柔らかくする運動として、最適なのはストレッチです。

ストレッチをすることで、筋肉や関節の可動域を、ゆっくりと広げていくことができます。

ストレッチを習慣化することで、体を柔らかく保つことができます。

ストレッチのメリット

  • 短時間で出来る
  • 部屋の中でも出来る
  • 筋肉や関節の可動域が広がる
  • 怪我をすることが少なくなる
  • 頭や体が目覚める
  • 筋肉がほぐれて、血液の巡りが良くなる
  • 代謝が上がり、太りにくくなる

ストレッチの手軽さに比べ、大きなメリットがいくつもあります。

短時間で、部屋の中でも出来るという手軽さは、続けていくためには大切なメリットですね。

注意点

  • 頑張りすぎない

注意点としては、頑張りすぎないことです。

真面目な人ほど、早く効果を出したくて、力強く長時間やってしまいがちです。

頑張りすぎると、筋肉や関節を痛めてしまう原因になります。

「少し痛いけど気持ち良い」ぐらいにしておいて、時間も短時間で終えましょう。

まずは、毎日継続することを目標にして、「頑張りすぎない」ようにしましょう。

朝ヨガストレッチのやり方

とても参考になる動画がありますので、ご紹介します。

「立ったまま行える」「4分程度で行える」という手軽さがあるので、とてもありがたいです。

毎日続けるためには、手軽で短時間なのが良いですよね。

たった4分!朝ストレッチ Morning Stretch

まとめ

  • 体が硬くなる原因は、主に運動不足
  • 筋肉や関節を動かす機会が少ないと、体が硬くなってしまう
  • ストレッチをすることで、筋肉や関節の可動域を広げていくことができる
  • ストレッチは、短時間で部屋の中でも出来るという、手軽さがある
  • ストレッチは、頑張りすぎると怪我の原因になるので「頑張りすぎない」ようにする

コメント

タイトルとURLをコピーしました