広背筋も鍛えられる!腕立て伏せをするならプッシュアップバーを使おう

スポンサーリンク

広背筋も鍛えられる!腕立て伏せをするならプッシュアップバーを使おう

プッシュアップバー

プッシュアップバーは「腕立て伏せ」の効果を上げる器具

腕立て伏せは、大胸筋をメインに鍛える自重トレーニングの1つです。

その、腕立て伏せの効果を上げてくれる「プッシュアップバー」という器具についてご紹介します。

とはいえ、プッシュアップバーは、ものすごく単純な作りの器具です。
そして、腕立て伏せのやり方も大きく変える必要はありません。

プッシュアップバーの使い方も簡単です。
プッシュアップバーには、ドアの取っ手のようなものが付いており、その取っ手を握っていつも通り腕立て伏せをするだけでOKです。

床に手をついて腕立て伏せをするのでは無く、プッシュアップバーを握って腕立て伏せをするイメージです。

たったそれだけの単純な器具なのですが、軽く見てはいけません。
プッシュアップバーには、腕立て伏せの効果をぐんと上げてくれる効果があります。

プッシュアップバーの効果
  • 腕立て伏せの効果が上がる
  • 広背筋も鍛えられる
  • 手首が痛くなりにくい

腕立て伏せの効果が上がる

プッシュアップバーを使えば、腕立て伏せの効果をアップさせることができます。

腕立て伏せは、体を深く沈めることで負荷が上がります。
通常の腕立て伏せであれば、手の位置よりも下には体を沈めることができません。

しかし、プッシュアップバーを使えば、より体を深く沈めることが可能です。
プッシュアップバーを握ると、プッシュアップバーの高さ分だけ体が高くなります。
その状態で腕立て伏せをすれば、通常の腕立て伏せよりも体を深く沈めることができます

たった、それだけのことで、腕立て伏せの負荷がぐんと上がります。
腕立て伏せの負荷が上がれば、それだけ筋肉の成長も期待できます。

結果的に、プッシュアップバーは腕立て伏せの効果を上げることができます。

広背筋も鍛えられる

プッシュアップバーを使えば、より体を深く沈めることができます。

体を深く沈めた状態から体を持ち上げるとき、どの筋肉を使っているのでしょうか?
実は、背中の筋肉である「広背筋」を使っています。
そして、ある程度体が持ち上がると、使われる筋肉は「大胸筋」に切り替わります。

つまり、プッシュアップバーを使って腕立て伏せをすれば、「広背筋」と「大胸筋」の両方を鍛えることができる筋トレにバージョンアップするのです。

広背筋は、自重トレーニングでは鍛えるのが難しい筋肉です。
その広背筋を、腕立て伏せで鍛えることができるようになるのは、大きなメリットになります。

手首が痛くなりにくい

私は、腕立て伏せをやり過ぎると、いつも手首が痛くなっていました。
自分の体と床との接続部分である手首には、大きな負荷がかかっているからです。

しかし、プッシュアップバーを使えば、手首の痛みは無くなりました。
プッシュアップバーをしっかりと握ることで、手首がガッチリと固定され、前腕にもうまく負荷が分散されるからです。

手首の痛みを気にすることなく、腕立て伏せに集中できるようになります。

「腕立て伏せ」に慣れてきたらプッシュアップバーを使おう

いきなりプッシュアップバーを使うのも良いですが、まずは普通の腕立て伏せに慣れることをオススメします。

普通の腕立て伏せを続けていると、少し物足りなく感じるようになってきます。
まさにその時こそ、プッシュアップバーの出番です。

サイズも小さく値段も手頃なので、家に1つあっても損はありません。

まとめ

  • プッシュアップバーは、腕立て伏せの効果を上げてくれる器具
  • 通常の腕立て伏せよりも、体を深く沈めることができる
  • 腕立て伏せが、「広背筋」と「大胸筋」の両方を鍛えられる筋トレにバージョンアップする
  • プッシュアップバーをしっかりと握ることで、手首がガッチリと固定され、前腕にも負荷が分散される。結果的に手首が痛くなりにくい
  • プッシュアップバーは、サイズも小さく値段も手頃なのでオススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました