体の疲れがとれない原因は?疲れにくい体をつくるための方法は?

スポンサーリンク

体の疲れがとれない原因は?疲れにくい体をつくるための方法は?

疲れがとれない

体の疲れがとれない?

普通に過ごしているだけなのに、寝る前にはどっと疲れていたり、翌日も疲れが残っていたりと、「疲れ」について悩んでいる人は多いです。

改善しようにも、自分では原因が分からず諦めていませんか?
「年齢のせい」「仕事が悪い」「体力が無い」と何かのせいして諦めていると、とても勿体ないことになります。

疲れやすい

ほんの少しの工夫をするだけで、「疲れにくい体」をつくることができます。
「体の疲れがとれない原因」を解決して、今までよりも快適に1日を過ごすことができるようになりましょう。

モモイ
モモイ

体の疲れがとれないのは、普段の生活が「体の疲れがとれない生活」になってしまっていることが原因だよ

体の疲れがとれない主な原因は?

まずは、体の疲れがとれない原因を考えていきます。
体の疲れがとれない主な原因は、次のようなものがあります。

体の疲れがとれない主な原因
  • 血行不良
  • 栄養不足
  • 睡眠不足
  • 大きなストレスを抱えている

血行不良

血液には、酸素と栄養素を運ぶ役割があります。
血液の流れが悪ければ、脳や内臓に十分な酸素と栄養素が行き渡らなくなります

結果的に、脳や内臓が本来の機能を発揮してくれなくなります。
思考力が低下して、体の調子も悪いという状態が続いてしまいます。

栄養不足

人間が活動するためには、色々な栄養素が必要になります。
栄養素は、主に食べ物から摂取しなければいけません。

三大栄養素や、ビタミン・ミネラルが不足すれば、体の様々な機能が低下します。
栄養が不足すれば、健康な状態を維持することは難しくなります。

睡眠不足

睡眠は、脳と体の疲労を回復させる重要なものです。
また、自律神経を整えたりストレスを解消する効果もあります。

睡眠が不足すれば、脳や体の疲労が翌日に残ることになります。
自律神経も乱れるため、本来のパフォーマンスを発揮することもできません

本来のパフォーマンスを発揮できなければ、仕事や家事、勉強などに多くの時間をかけてしまうことになります。
パフォーマンスの低下が、睡眠時間を削ってしまうという悪循環に陥るでしょう。

十分な睡眠をとる

大きなストレスを抱えている

少しのストレスは、良い緊張感を生み出してくれます。
しかし、大きなストレスとなると話は違ってきます。

大きなストレスは、体を常に緊張状態にするため、自律神経の乱れにつながります。
自律神経の乱れは、体のリズムを狂わせる原因になります。

体の機能低下はもちろん、熟睡できなくなったり、太りやすくなったりと、多くの悪影響を受けることになります。

疲れにくい体をつくるための方法

では、疲れにくい体をつくるための方法を考えていきましょう。
誰でも簡単にできる方法を中心にご紹介していきます。

血行を良くする

血行を良くすることで、脳や内臓に多くの酸素と栄養素を届けることができます。

多くの血管は筋肉の中を通っています。
そのため、血行を良くするためには筋肉が刺激される運動をすることが一番です。

頑張って激しい運動をする必要はありません。
歩いたり、体操をしたり、ストレッチをしたり、と軽い運動をするだけで十分です。
とにかく、意識して筋肉を動かしていきましょう。

また、水を多く飲むのもオススメの方法です。
水を多く飲めば、血中の水分量が増えて、血液が流れやすくなります。

水を飲みすぎると血液が薄くなるのでは?と心配する必要はありません。
人間の体には、血液の濃度を管理する機能が備わっています。
いくら水を飲んでも、血液は一定以下の濃度にはなりません。

安心して、どんどん水を飲みましょう。

モモイ
モモイ

血行が悪いと、老廃物が血液の中にいつまでも残るよ
老廃物は「疲労感」や「こり」など、体への悪影響を与えるよ

タンパク質や栄養価の高いものを食べる

多くの栄養をとりましょう。
栄養をとることで、脳や内臓の働きを最大限に高めることができます。

ただ、「栄養をとれ」と漠然と言われても困ると思います。
栄養をとる方法は色々とありますが、簡単な方法をいくつかご紹介します。

まずは、「タンパク質を多くとる」という方法です。
日本人の食生活では、どうしてもタンパク質が不足しがちになります。
平均すると、必要なタンパク質の半分もとれていないそうです。

タンパク質が多く含まれている「肉類」「魚類」「大豆製品」「鶏卵」などを意識してとるようにしましょう。

タンパク質の多い食材

次に、「栄養価の高いものとる」という方法です。
食生活を一気に変えるのは難しいので、栄養価の高いものを1品、2品追加しましょう。
オススメなのは、「鶏卵」「納豆」「アボカド」「ブロッコリー」などです。

モモイ
モモイ

本来、ビタミンやミネラルは、色々な食材から少しずつとるのが一番良い方法だよ

十分な睡眠をとる

毎日、7時間の睡眠時間を確保しましょう。

自分の睡眠時間よりも大切なことは、そんなに多くありません。
生活の無駄を省いたり工夫をすることで、時間を確保することができるはずです。

例えば、スマホを触っている時間を減らしたり、帰宅が遅くなる日は外食で済ませたりすることで、いくらかの時間は確保できるはずです。

「今やっていることは、睡眠よりも大切なことなのか?」を常に意識して生活してみる方法もオススメです。

モモイ
モモイ

まずは、疲れにくい体をつくることに専念しよう!
疲れた体のままだと、何をやっても楽しめなくなるよ

歩く時間を増やす

適度に体を動かすことで、ストレスを解消することができます。
体を動かすことで「気分転換」「達成感」「熟睡効果」など、溜まったストレスが解消される色々な効果が期待できます。

体を動かすと言っても、激しい運動をする必要はありません。
背筋を伸ばし腕を振りながら「しっかりと歩く」だけでも十分な運動になります。

まずは、歩く距離を増やしてみるのはどうでしょうか?
駅までの道、スーパーまでへの道、コンビニまでの道、などを少し遠回りすることで、歩く距離と時間を増やすことができます。

急いで歩かずに、自分が気持ち良いと思うペースで歩いていきましょう。

モモイ
モモイ

頭を空っぽにして、好きなペースで歩くのは気持ち良いよ
積極的に体を動かして、ストレスを溜めないようにしよう!

まとめ

  • 体が疲れやすかったり、翌日も疲れが残ってしまっている人は多い
  • 体の疲れがとれない主な原因は、「血行不良」「栄養不足」「睡眠不足」「大きなストレスを抱えている」が主な原因
  • 血行を良くするためには筋肉が刺激される運動をする
  • 栄養不足を改善するためには、「タンパク質を多くとる」「栄養価の高いものをとる」などが有効
  • 7時間の睡眠時間を確保する
  • 歩く時間を増やし、ストレスを溜めないようにする

コメント

タイトルとURLをコピーしました