筋トレで体が硬くなるって本当?筋肉をほぐした方が良い?【ほぐす】【柔軟性】

筋トレをすると、体が硬くなると聞いたことはありませんか?

確かに、筋肉がモリモリ付いていると、体を動かすのに筋肉が邪魔をしそうです。

だからと言って、本当に筋トレをすると体が硬くなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

筋トレで体が硬くなるって本当?筋肉をほぐした方が良い?

ストレッチ

筋肉がつくと体が硬くなる?

結論から言えば、筋トレで筋肉が増えても、体は硬くなりません。

反対に、筋トレをすることで体が柔らかくなると言われています(実際に、私も少しだけ体が柔らかくなりました。)。

体の柔軟性は、関節の柔らかさと筋肉の伸縮性で決まります。

筋トレの動作を思い出してみてください。

例えば、スクワットだと腰や膝、足首などの関節を使ってトレーニングします。

日常生活だと、スクワットのような動きはしないでしょう。

多くの関節を使って、日常生活では行わない動作を繰り返すため、関節が柔らかくなります。

また、筋肉についても同様です。

筋トレの基本は、筋肉を最大限にストレッチされた(開いた)状態から収縮させることです。

この動作を繰り返すことで、筋肉の伸縮性はアップします。

正しく筋トレをしてれば、体は硬くなるどころか柔らかくなります。

筋トレに体の柔らかさは不要?

筋トレで体が硬くなることはありませんが、体が柔らかい方が筋トレには有利です。

体が柔らかければ、大きく筋肉をストレッチさせることが出来ます。

大きくストレッチされた状態から、筋肉を収縮させることができるので、単純に筋トレの効果をアップさせることができます。

また、私のような中年の場合は、加齢と共に体が硬くなってきます。

体の柔軟性を維持するためにも、普段から筋肉をほぐしておく必要があります。

筋肉をほぐすメリット

  • 筋トレを正しいフォーム行える
  • 可動域が広がり、筋トレの効果がアップする
  • 血行が良くなり、基礎代謝がアップする

基本的に、体が柔らかい方が筋トレの効果を上げることが出来ます。

ある程度の柔軟性が無ければ、正しいフォームで筋トレを行えない場合もあるので、体の硬い人は普段から筋肉をほぐしておく事をオススメします。

また、基礎代謝のアップするので、ダイエット効果も期待できます。

ただし、筋トレ直前の柔軟体操は、筋力を低下させてしまうそうです。

高重量でトレーニングする場合は、直前での柔軟体操は避けたほうが良さそうです。

筋肉のほぐし方

筋肉をほぐすには、ストレッチが最適です。

1日に1回は、ストレッチを行う習慣をつけておきましょう。

注意点としては、頑張りすぎないことです。

怪我をしない程度の「痛気持ちいい」ぐらいが丁度いいストレッチになります。

参考になる動画がありますので、ご紹介します。

すべて、立ったままで行えるストレッチなので、気軽に出来てありがたいですね。

ダンサーが考案 立ったまま全身をしっかり伸ばすストレッチ10種目

まとめ

  • 筋トレをしても、体は硬くならず、反対に柔らかくなる
  • 体の柔軟性があると、筋トレの効果がアップする
  • 筋トレを、正しいフォームや広い可動域で行うために、体の柔軟性が必要
  • 筋肉をほぐすためには、ストレッチが最適
  • ストレッチは無理をせず「痛気持ちいい」程度が最適

コメント

タイトルとURLをコピーしました