筋肉の上に血管が浮き出る理由【筋トレ】

スポンサーリンク

筋肉の上に血管が浮き出てくる理由

血管

筋トレの直後に血管が浮き出る理由

筋トレの直後に血管が浮き出てくるのは、パンプアップが原因です。

筋肉に負荷を与え続けると、筋肉に血液が集まってきます。
筋肉に血液が集まってくると、筋肉中の水分量が増えて、物理的に筋肉が大きく膨らみます。
この現象のことをパンプアップと言います。

パンプアップすると、筋肉に大量の血液を送るために、血管が一時的に太くなります。
パンプアップで太くなった血管が、筋肉の上に浮き出てきたように見えます。

日常生活で血管が浮き出る理由

脂肪が落ちた

血管は脂肪で覆われていることが多いです。
ダイエットや筋トレをして、体の脂肪が減ってくると自然と血管が目立ってきます。
脂肪が減って目立ってきた血管が、浮き出てきたように見えます。

血管が太くなった

筋トレをしてパンプアップを繰り返していると、実際に血管が太くなります。

血管が太くなることで、より多くの酸素や栄養素を筋肉に届けることができるようになり、筋肉が大きく成長すると言われています。

筋トレを続けていると、必然的に血管が太くなることになります。
太くなった血管が目立ち、浮き出てきたように見えます。

血管を目立たせる

「浮き出た血管が好き!」という男女は多いようです。
血管が浮き出ているということは、体脂肪が減って引き締まっているので、魅力的に見えるのかもしれません。

血管を目立たせるためには、次の2点を実行すればOKです。

  • 体脂肪を落とす
  • 筋肉を大きくする

体脂肪を落とすことで血管が目立ち、筋肉を大きくすることで血管が太くなります。
体脂肪率を低く保ちつつ、筋トレをしていれば、自然と血管が浮き出てきます。

タンパク質を多く摂り、適切な食事を摂っていきましょう。

まとめ

  • 筋トレ直後に血管が浮き出てくるのは、パンプアップしていることが理由
  • 日常生活で血管が浮き出ているのは、体脂肪の減少や、筋トレで血管が太くなったことが理由
  • 体脂肪を落とし、筋肉を大きくしていくことで、血管が目立つようになる

コメント

タイトルとURLをコピーしました