筋トレを頑張りすぎると逆に筋肉が落ちていく【やりすぎ】【筋肉】

スポンサーリンク

早く筋肉を大きくしたいですよね?
そのために、毎日の筋トレや長時間の筋トレをしている人は多いと思います。

しかし、その頑張りが逆効果になっている場合も少なくありません。
最悪の場合だと、筋肉が大きくなるどころか、減っていっている可能性もあります。

間違った頑張りをしていると、筋肉は大きくならずに減っていきます。
正しく頑張ることで、筋肉はより大きく成長していきます。

筋トレを頑張りすぎると逆に筋肉が落ちていく

筋トレ

筋トレは筋肉を疲労させる運動

筋トレに夢中になりすぎると、忘れがちになりますが、筋トレは筋肉を疲労させる運動です。
自宅やスポーツジムで、限界まで筋トレをしても、筋肉は限界まで疲労しただけです。

筋肉が大きくなるためには、「筋肉の疲労→筋肉の回復」を繰り返していく必要があります。
筋トレだけを頑張りすぎていると、筋肉の回復のフェーズを疎かにしてしまいます。

筋トレをしていない時に筋肉は大きくなる

筋トレをした後の筋肉の回復は、最大で48〜72時間かけて行われています。
毎日筋トレをするということは、疲労した筋肉に回復する時間を与えず、再び疲労させる行為ということになります。

筋肉は回復する過程で、大量のタンパク質と栄養素を使って大きくなります。
回復する時間が無ければ、筋肉が大きくなることはありません。
筋肉を毎日疲労させてしまうと、修復のためのエネルギーが足りなくなり、様々な悪影響が出てくることになります。

エネルギーが足りなくなると筋肉が分解される

筋トレをする時には、大きなエネルギーが必要です。

通常、エネルギーは血液に流れている栄養素が使われます。
毎日の筋トレや長時間の筋トレをした場合、血液に流れている栄養素だけではエネルギーが不足してしまいます。

体はエネルギーが不足した場合、筋肉を分解してエネルギーを作り出します。
この状態が続くと、筋トレをすることで筋肉が減っていくことになります。

筋肉の成長には休息が必要

筋肉を大きくするためには、適度な休息が必要です。
「もっと筋トレしたい!」という気持ちを抑えて、のんびりと休息を取りましょう。

どうしても、毎日筋トレがしたい場合は「分割法」をオススメします。
トレーニングする部位を、日によって変えることで毎日筋トレをすることができます。
時間が無い人は「全身法」で週2回の筋トレがオススメです。

タンパク質やビタミン・ミネラルが必要

筋肉の回復には、タンパク質やビタミン・ミネラルなどの栄養素が必要です。
すべての栄養素を食事から摂るのは大変です。
お金も掛かり、カロリーも余分に取らなければいけません。

食事から摂れなかった栄養素は、プロテインやマルチビタミンから手軽に補充できます。
飲むだけで補充出来るので便利です。

まとめ

  • 筋トレは、筋肉を疲労させる運動
  • 筋肉の回復には、最大で48〜72時間かかる
  • 毎日の筋トレをすると、筋肉が回復する時間が無くなる
  • 筋トレ中に、血液の中のエネルギーが足りなくなると、筋肉を分解してエネルギーに変えてしまう
  • 筋肉を成長させるためには、適度な休息が必要
  • 筋肉の回復には、タンパク質やビタミン・ミネラルなどの栄養素が必要
  • 栄養素は、プロテインやマルチビタミンで手軽に補充できる

コメント

タイトルとURLをコピーしました