今さら聞けない!筋肉を大きくするには何をすれば良いの?方法は?

スポンサーリンク

今さら聞けない!筋肉を大きくするには何をすれば良いの?方法は?

筋肉を大きくするにはどうすれば良いの?

筋肉を大きくするには何をすれば良いの?

「筋肉を大きくするための方法」を学ぶ機会は少ないですよね?

学校の授業で習う所は少ないし、運動部だったとしても顧問の先生によります。
後は、家族や友人の詳しい人から教えてもらうぐらいでしょうか?

そのため、人によってはまったく知識が無い人もいるのではないでしょうか?
筋肉を大きくするためには、「筋トレを頑張れば良い!」というぐらいの知識しか無い人も少なくありません。

筋トレを頑張る、というのは間違ってはいませんが、それだけでは足りません。
筋肉を大きくするためには、3つのポイントがあります。

モモイ
モモイ

筋肉を大きくするための3つのポイントを覚えておこう!
3つのポイントは、基本であり奥義でもあるよ

筋肉を大きくするための3つのポイント

筋肉を大きくするためには、3つのポイントがあります。

この3つのポイントは「セット」として覚えましょう。
どれか1つでも欠ければ、筋肉はうまく大きくなってくれません。

他にも、細かい知識やテクニックは多くあります。
しかし、筋肉を大きくするための基本となるのは、この3つのポイントです。

まずは、この基本となる3つのポイントをしっかりと抑えておきましょう。

筋肉を大きくするための3つのポイント
  1. 筋肉に強い負荷をかける
  2. タンパク質と栄養をとる
  3. 休息をとる

1. 筋肉に強い負荷をかける

1つ目のポイントは、「筋肉に強い負荷をかける」ことです。
強い負荷をかけるためには、「筋トレ」をするのが最適になります。

筋トレ以外の運動やスポーツだと、どうしても弱い負荷になってしまいがちです。
強い負荷となると、やはり「筋トレ」という選択になります。

筋肉に強い負荷をかけるのは、筋肉に傷をつけていくためです。
傷をつけると言っても、怪我をしろという訳ではありません。
例えば、「もう限界だ!」というぐらいまで筋トレをすれば十分です。

傷つけられた筋肉は、修復されるときにより強い筋肉になります。
修復されるときに筋繊維が太くなるので、今よりも少しずつ大きな筋肉になっていくことになります。

筋トレ以外の運動やスポーツの「弱い負荷」だと筋肉をうまく傷つけられません。
筋肉が傷つかなければ、筋肉は修復されず大きな筋肉にはなりません。

強い負荷をかけて、筋肉をうまく傷つけるためには、やはり筋トレが最適なのです。

モモイ
モモイ

筋肉に強い負荷をかけて傷をつけよう
傷ついた筋肉は、修復されるときに強く大きくなるよ!

2. タンパク質と栄養をとる

2つ目のポイントは、「タンパク質と栄養をとる」ことです。
タンパク質と栄養は、筋肉の材料になってくれます。

筋トレをすることで傷ついた筋肉を「修復」するためには材料が必要です。
その材料となるのが、タンパク質と栄養になります。

材料が足りなければ、いくら頑張っても筋肉の修復はできません。
そのため、タンパク質と栄養を十分にとっておくことが大切です。

タンパク質は、肉や魚、大豆製品に多く含まれています。
また、プロテインを飲むことでタンパク質を補給することもできます。

栄養は大きく分けると「ビタミン」と「ミネラル」の2つに分けられます。
ビタミンとミネラルは、色々な食材に少しずつ含まれています。
色々な食材を、少しずつ食べることが基本になります。

とはいえ、いきなり「栄養をとれ」と言われても難しいのではないでしょうか?
慣れないうちは、栄養が豊富な食材を定期的に食べれば良いです。
例えば、アボカドやブロッコリー、アーモンドなどがオススメです。

また、食材を5色に分ける方法も簡単です。
「白・緑・黄・赤・黒」の5色に分けた食材を、すべて食べるようにすれば、自然と栄養バランスの良い食事をとることができます。

モモイ
モモイ

タンパク質と栄養をとらないと筋肉は大きくならないよ
しっかりと食べて、栄養満点の状態をキープしよう!

3. 休息をとる

3つ目のポイントは、「休息をとる」ことです。

傷ついた筋肉を「修復」するためには時間がかかります。
筋トレをした後は、きっちりと筋肉を休ませるための休息が必要です。

一般的に、筋肉の修復には、最大で48時間〜72時間かかると言われています。
そのため、筋トレをしてから2〜3日は休息をとった方が良いでしょう。

休息が短ければ、筋肉の修復が完了する前に、再び筋肉を傷つけることになります。
それだと、いくら頑張っても筋肉は大きくなりません。

「早く筋トレをやりたい」という気持ちをぐっと堪えることが大切です。
休息しているときに筋肉は大きくなるんだ、と自分に言い聞かせましょう。

また、睡眠も立派な休息の1つです。
睡眠中には、最も多くの「成長ホルモン」が分泌されます。

成長ホルモンは、その名の通り「筋肉を大きく成長させる」作用があります。
反対に、睡眠時間が短かったり睡眠の質が悪ければ、成長ホルモンの分泌量が足りず、筋肉は思うように成長してくれないでしょう。

うまく時間をつくり、7時間の睡眠時間を確保しましょう。

モモイ
モモイ

休息しているときに筋肉は成長するよ!
筋トレ後の休息時間や睡眠時間は十分に確保しよう

続けるコツは焦りすぎず頑張りすぎないこと

残念ながら、筋トレを始めた人の多くは途中でやめてしまいます。

筋肉が大きくなるには、少し時間がかかります。
その時間を待つことができず、我慢できずにやめてしまう人が多いのです。

まずは、続けることだけに集中するのがオススメです。
そのためにも、「頑張りすぎないこと」が大切なのではないでしょうか?

人間、頑張りすぎると見返りを求めたくなります。
すごく頑張っているのに、何も見返りが無ければガッカリしてやめてしまうでしょう。
そうならないためにも、決して頑張りすぎないことが大切です。

筋トレは、続けてさえいれば必ず効果があるものです。
まずは、頑張りすぎずに続けることだけに集中することが、筋トレを続けていくためのコツです。

決して無理をせず、自分のペースで筋トレを行っていきましょう。

モモイ
モモイ

最初から頑張りすぎると息切れするよ
必ず効果は出るから、焦らずに自分のペースでやっていこう!

まとめ

  • 筋肉を大きくするためには、「筋肉に強い負荷をかける」「タンパク質と栄養をとる」「休息をとる」の3つのポイントがある
  • 筋肉に強い負荷をかけるには、「筋トレ」をするのが最適
  • 筋肉を修復させるためには、筋肉の材料となるタンパク質と栄養をとる必要がある
  • 筋肉が修復されるまでは、十分な休息をとる必要がある
  • 筋トレを続けるコツは、焦らず頑張りすぎずに自分のペースでやっていくこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました