空腹な状態で筋トレをするデメリットは?対策は?【食事無し】【大丈夫?】

スポンサーリンク

筋トレを続けていると、筋トレする前に食事をしている時間がないという事もあるかと思います。食事をしていない空腹状態で筋トレすると大きなデメリットを受けることになります。

今回は、空腹な状態で筋トレをするデメリットについてのお話です。
また、対策もいくつかご紹介します。

空腹な状態で筋トレをするデメリットは?対策は?

筋トレ

空腹で筋トレをすることのデメリット

筋肉が分解されてエネルギーになる

これが空腹時に筋トレをする最大のデメリットです。
空腹時の体はエネルギーが不足しています。エネルギーが不足しているのに運動をしようとすると、体は筋肉を分解してエネルギーを作り出します。そのエネルギーで筋トレをすることになってしまいます。

筋肉を分解して筋トレをするという状態になります。
この状態になると、筋トレをすればするほど筋肉が無くなっていくという本末転倒な状態になってしまいます。

さらに、筋トレ後も空腹のままだと筋肉の修復も行えないため、どんどん筋肉が無くなって痩せていくことになります。

力が出し切れない

空腹時はエネルギーが不足しています。
体にうまく力が入らないので、筋トレでも力が出し切れません。

力が出し切れないと、筋肉を傷つけることが出来なくなってしまいます。
そのため「筋肉を傷つける→強くなって修復」のサイクルが機能しなくなり、結果的に筋肉が大きくなりにくいです。

食事をしていないけど筋トレしたい場合

トレーニング前にBCAAを摂取する

BCAAとは必須アミノ酸のことです。
筋トレ前にBCAAを摂取しておくことで、筋肉の分解を抑制してくれる効果があります。
BCAAはプロテインのように水に溶かして手軽に摂取できます。

あくまでも筋肉の分解を抑制してくれるというだけです。きっちりと食事を摂り、消化した後に筋トレをするということが理想です。

消化に良いものを筋トレ直前に食べる

時間がない場合は、筋トレ直前にコンビニで手に入る消化に良いものを食べましょう。
ゼリーやスポーツドリンク、バナナがおすすめです。

もう少し時間があるなら、立ち食いそば屋でそばうどんも消化に良いです。
ただし、お腹いっぱいにするのはNGです。腹5分目ぐらいが丁度いいと思います。

まとめ

基本的に空腹時に筋トレをすると逆効果になってしまいます。筋肉を分解することにつながるため、筋肉が減っていくことになります。
どうしても時間がない時は、BCAAを摂取してから行うか、事前に手軽で消化に良いものを食べておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました