正しく筋トレできている証?パンプアップとは?【筋トレ】

スポンサーリンク

正しく筋トレできている証?パンプアップとは?

パンプアップ

パンプアップの初体験

私はパンプアップという言葉は知っていましたが、しばらくの間、体験したことはありませんでした。
私が初めてパンプアップを感じたのは、筋肉が少し付いてきたかな?という頃です。

いつものように鏡を見ながら、ダンベルカールをしていました。
ダンベルカールを終えて、鏡で自分の姿を見ると、腕が一回り大きくなっていることに気が付きました。

これぐらい腕が太くなれば良いな、という今の自分の理想の姿でした。
気分良く他のトレーニングを終わらした後、もう一度鏡を見ると、腕の太さは元に戻っていました。

「これがパンプアップか」と初めてパンプアップを体験したことを覚えています。

パンプアップとは?

筋肉に負荷を与え続けると、筋肉に血液が集まってきます。
筋肉には乳酸などの疲労物質が溜まるため、その疲労物質を押し流そうと血液が集まってきます。

筋肉に血液が集まってくると、筋肉中の水分量が増えて、物理的に筋肉が大きく膨らみます。
この現象のことをパンプアップと言います。
パンプアップは一時的な現象なので、10分〜20分程度で元に戻ってしまいます。

パンプアップは筋肉に負荷を与えている証です。
もし、狙った筋肉がパンプアップしていなければ、筋肉が疲弊していないことになります。
フォームや重量が適切では無いのかもしれません。

パンプアップの確認

パンプアップは、自分で確認することができます。
大きく分けて、2つの確認方法があるのでご紹介します。

見た目で確認

自分の目で筋肉が大きくなっていることを確認しましょう。
トレーニング前よりも大きくなっていれば、うまくパンプアップ出来ています。

背中は見えないので、鏡を使って確認しましょう。

触って確認

私は、パンプアップを触って確認することが多いです。
パンプアップしている筋肉は、血液が大量に流れ込んでいるので熱を帯びています。
触ると、とても熱くなっているので分かりやすいです。

また、水分量が増えているので、筋肉に触ると柔らかくなっています。
筋肉に力を込めても、触るとブヨブヨと柔らかくなっています。

熱を帯びていて、柔らかくなっていれば、うまくパンプアップできています。

パンプアップのメリット

  • パンプアップすることで、うまく筋肉に負荷を与えている証になる
  • パンプアップしないことで、間違ったトレーニングを見直す機会になる
  • 血管が太くなり、筋肉が肥大化する準備ができる

パンプアップの有無で、今の筋トレのフォームや重量が適切かを判断することができます。
また、筋肉を肥大化させるためには、筋肉に流れる血液量を増やす必要があります。
正しい筋トレでパンプアップを繰り返すことで、筋肉を肥大化させるための準備が整っていくことにつながります。

まとめ

  • パンプアップは、筋肉に溜まった疲労物質を押し流そうと血液が集まってくる現象のこと
  • パンプアップは、一時的な現象で、10分〜20分程度で元に戻る
  • パンプアップは、見た目や触ってみることで確認することができる
  • パンプアップの有無で、正しいトレーニングが出来ているかの確認ができる
  • パンプアップを繰り返すことで、血管が太くなり、筋肉が肥大化していくための準備が整っていくことにつながる

コメント

  1. rel より:

    パンプアップは、栄養補給のために血液が集まることではなく、運動で生じた代謝産物による浸透圧の変化によって起こるものではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました