筋トレは毎日するべきなのか?高い効果はある?【経験談】【体感】

スポンサーリンク

筋トレをしていても筋肉がなかなかつかない場合、早く成果を出したくて焦ってしまいますよね。 

もっと重量を増やせば!もっとレップ数を増やせば!毎日筋トレすれば!と今よりもさらに努力することで早く効果を出そうと考えてしまいます。

今回は筋トレは毎日するべきなのか?をテーマにお話したいと思います。

なかなか筋肉がつかない原因と対策については、次のリンク先の記事でも触れています。良ければ、こちらもご覧ください。

筋トレをしているのになかなか筋肉がつかない原因と対策【筋肥大】
頑張って筋トレしているのに、なかなか筋肉がつかないと、残念な気持ちになりますよね?そんな方のために、原因と考えられるものを、いくつか列挙してみました。きっと、どれかに当てはまっていると思いますので、見ていってくださいね。筋トレをしてい...

筋トレは毎日するべきなのか?高い効果はある?

筋トレ

結論から言うと、前日と同じ部位筋肉痛が取れていない部位以外であれば毎日筋トレしても問題無いと考えています。 

筋肉の成長には休息と栄養が必要

筋トレは筋肉に大きな負荷を与えて筋肉を傷つける行為です。

体は栄養素を使って傷つけられた筋肉を修復します。この時に体はまた同じ負荷が掛かった時に耐えられるように、以前より太い筋繊維を作ります。

また、体を筋肉の修復に専念させる行為が休息です。休息は睡眠を十分とったり、筋トレの休日を作ったりすることですね。

この「筋肉を傷つける→筋肉を修復する」のサイクルを繰り返すことで筋繊維が太くなっていきます。 反対に休息と栄養が足りない場合は筋肉の修復がうまくいかないことになります。

つまり、筋トレを頑張っても筋肉がつかない状態になります。

前日と同じ部位や筋肉痛が取れていない部位について

前日と同じ部位や筋肉痛が取れていない部位をトレーニングすることは危険です。

まだ修復が完了していない筋肉を再度傷つけることになります。筋肉の修復が遅れるだけでは無く怪我にもつながります。筋肉の修復が完了してから再度筋トレをするということが筋肉を成長させる基本になります。

毎日筋トレするのは良くないのか?

毎日筋トレすることは全然問題ありません。ただし、上記のように毎日同じ部位を鍛えることはNGです。

つまり、毎日違う部位をトレーニングするのであれば何も問題ありません。

例えば、月曜日は胸を鍛える、火曜日は背中を鍛える、といった筋トレのローテーションを作っていくことが効果的でしょう。

週2回以上筋トレできるなら分割した方が良い

週に複数回トレーニングできる人なら、部位を日別に分割して鍛えたほうが効果的です。
次のような効果が期待できます。

  • 目的の部位を鍛えるのに全力を出せる
  • 筋肉が修復される時間を十分に与えることができる
  • 修復対象の筋肉が限定される
  • 1回の筋トレが短時間で済む

週に複数回トレーニングできる人は、是非部位を日別に分割してトレーニングしてみてください。高い効果が期待できます。

まとめ

傷ついた筋肉が修復されるには時間が必要です。修復中の部位に対してトレーニングをすることは、修復の邪魔になるだけでなく怪我の原因になるのでNGです。
筋トレを毎日したい場合は鍛える部位を分割すれば高い効果が期待できます。

無理をせず、体調不良の時は休むなどの勇気も必要です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました