筋トレが続かない?習慣化で無理なく続けられる!努力も根性も不要

スポンサーリンク

筋トレが続かない?習慣化で無理なく続けられる!努力も根性も不要

筋トレが続かない

筋トレが続かないという悩み

「筋トレをするぞ!」と一大決心しても途中で挫折してしまう人は多いです。

筋トレは続かない原因は色々ですが、その都度「自分は意思が弱い」とか「他の人は続いているのに」と自分に自信を無くしてしまっているのではないでしょうか?

筋トレが続かない原因
  • 時間がない
  • 忘れてしまう
  • やる気がでない
  • 他のことが忙しい
  • 筋肉痛が治らない
  • つらい
  • 面倒くさい
  • なかなか効果がでない

筋トレに限らず、新しいことを始めるためには大きなパワーが必要です。
いつもはのんびりしている時間帯に「よし!筋トレをするぞ!」と気合を入れて頑張らなければいけません。

忙しい生活にプラスして、筋トレに大きなパワーが消費されることになります。
毎回、大きなパワーが消費されてしまえば疲れ果ててしまいます。
筋トレをする新しい生活に疲れ果てた結果、「もう嫌だ!」と筋トレを途中で諦めてしまうでしょう。

実は、簡単な解決策があります。
人間には「習慣化」という最大の武器があります。

筋トレを「習慣化」することで、とても小さなパワーで無理なく筋トレを続けていくことができるようになります。

  • 「筋トレをするぞ!」と決心しても途中で挫折する人は多い
  • 新しいことを始めるためには大きなパワーが必要
  • 筋トレを「習慣化」することで、とても小さなパワーで無理なく筋トレを続けていくことができる

習慣化すれば続けられる

「習慣化」は人間にとって最大の武器です。
人間は、色々なことを習慣化することで小さなパワーで生活していくことができます。

習慣化されていること
  • 起床
  • 洗顔
  • 歯磨き
  • 通勤や通学
  • 家事
  • 入浴

子供の頃「洗顔」や「歯磨き」はとても面倒に感じませんでしたか?
面倒なことでも「習慣化」されることで小さなパワーで続けていくことができます
習慣化された今では、特に苦もなく「洗顔」や「歯磨き」を続けているのではないでしょうか?

反対に、習慣化されていないことには大きなパワーが必要になります。
精神力や体力が大きく消費されて、「もう今日は何もしたくない」と思うほど消耗してしまうかもしれません。
習慣化されていないことは、それほど人間にとって大変なことなのです。

筋トレも習慣化することができれば、小さなパワーで続けていくことができます。
努力も根性も不要で「洗顔」や「歯磨き」と同じように、生活の中で当たり前にやっていることの一部になります。

とはいえ、習慣化するまでが一番大変です。
習慣化するまでには、やはり大きなパワーが必要になるからです。

筋トレを習慣化するための工夫について考えていきます。

  • 面倒なことでも「習慣化」されると小さなパワーで続けていける
  • 筋トレも習慣化することで小さなパワーで続けていける
  • 習慣化するまでは大きなパワーが必要。筋トレを習慣化するための工夫について考える必要がある

習慣化するための工夫

筋トレをする曜日と時間を決める

誰でも忙しい毎日を送っています。
だからと言って、「今日、時間があったら筋トレをしよう!」と考えてしまうのは習慣化失敗の原因になります。

筋トレは、いつもの生活に追加して行うことです。
普通に生活しているだけでは、筋トレをするための時間を作ることはできません。

筋トレの時間を作るためには、曜日と時間を決めるのが一番簡単です。
あらかじめスケジュールに入れておけば、自然と自分で時間調整するようになります。

例えば「火曜日と金曜日の20:00からは筋トレをする!」と決めてしまいましょう。

すぐに結果を求めない

筋トレは自分の体を作り変えていく作業です。

人間の体は、少しずつしか変化することはありません
短期間で結果がでる、という大げさな情報には惑わされないようにしましょう。
また、そういった商品にもほとんど効果がありません。

結果は必ずあとから付いてきます。
すぐに結果を求めずに、まずは筋トレを続けていくことだけに集中しましょう。

「続けていたら、いつの間にか体が変わっていた」というぐらいがベストです。

頑張りすぎない

最初から頑張りすぎるのも良くありません。

いきなり長時間かかるハードなメニューを組んでしまうと、自分の中で「筋トレは長時間拘束されるツライもの」として認識されてしまいます。
そんなにツライことを続けていくのは不可能です。

最初のハードルはなるべく下げておきましょう
簡単すぎるなら、少しずつハードなメニューに組み替えていけば良いのです。

また、体調が悪い日は無理をせずに休みましょう
無理に筋トレをしても、効果が悪くなるどころか体調が悪化します。
体調が悪化すれば、筋トレどころか日常生活にも支障がでてしまうでしょう。

少しの変化を楽しむ

体が一気に変わることはありません。

しかし、筋トレを続けている限りは少しずつ体は変化していきます。
その少しの変化を楽しむことも、筋トレを続けていくためには大切です。

単純に鏡を見ているだけでは、体の変化に気付くことができないかもしれません。
体の変化に気付くためには「記録」をとることが一番です。

例えば、体の写真を毎日撮っていきましょう。
1週間前の自分の体と比べると、少したくましくなっているかもしれません。
1ヶ月前の自分の体と比べると、大きく変わっていることに気付くでしょう。

体組成計で筋肉量や体脂肪を記録するのも良い方法です。
数字で体の変化が分かるのは、モチベーションを維持するための大きな力になります。

小さな目標を持つ

筋トレをするうえで、大きな目標を持つことは大切です。
しかし、目標が遠すぎると途中で気分が滅入ってしまいます。
そんなときは、大きな目標とは別に小さな目標も持ちましょう。

例えば、「筋肉量を20キロ増やす」という大きな目標を達成するためには、とても長い時間と努力が必要です。
どれくらいの期間で達成できるのかも分かりません。

そこで、「今年は筋肉量を2キロ増やす」という小さな目標をたてることで、達成できそうな直近の目標を明確にすることができます。
1年が長いというのであれば、「1ヶ月で筋肉量を200グラム増やす」でも構いません。

大きな目標とは別に、実現可能な小さな目標を細かく設定しておきましょう。
まずは、目先の小さな目標に向かってモチベーションを維持していくことができます。

まとめ

  • 「筋トレをするぞ!」と決心しても途中で挫折する人は多い
  • 筋トレも習慣化することで小さなパワーで続けていける
  • 習慣化するまでは大きなパワーが必要。筋トレを習慣化するための工夫について考える必要がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました