週1回の筋トレだと少なすぎる?週2回の筋トレで筋肉を大きくしよう

スポンサーリンク

週1回の筋トレだと少なすぎる?週2回の筋トレで筋肉を大きくしよう

筋トレ

筋トレは毎日しない方が良い

一般的に、「筋トレは毎日しない方が良い」と言われています。

筋トレは、筋肉を傷つける行為です。
筋肉は、きっちりと修復されることで以前よりも大きく成長します。

筋トレを毎日しない方が良い理由は、筋肉が修復される時間が足りなくなるからです。

筋肉が修復される前に筋トレをすると、再び筋肉は傷ついてしまいます。
筋肉はいつまで経っても修復されず、大きくなることができません。

つまり、筋トレを毎日することで筋肉の修復が追いつかず、いつまで経っても筋肉が大きくならないという結果になります。

ポイント
  • 筋トレを毎日することで筋肉の修復が追いつかず、いつまで経っても筋肉が大きくならない

筋肉の修復には休息が必要

筋肉が修復されるまでの間は、どうすれば良いのでしょうか?
「筋トレをせずに休息する」というのが正解です。

一般的には、「筋肉を休ませる」や「筋肉を休息させる」と言われます。
ただし、休息している間でも筋肉の修復を助けるための努力は必要です。

筋肉の修復を助けるための努力
  1. 十分なタンパク質をとる
  2. 十分な栄養をとる
  3. 十分な睡眠をとる

筋肉の材料となる、タンパク質や栄養を含む食事をとりましょう。
また、十分な睡眠をとって多くの成長ホルモンを分泌させることも大切です。

ポイント
  • 筋肉が修復されるまでの間は、筋トレをせずに休息する
  • 休息している間は、十分なタンパク質や栄養を含む食事をとり、十分な睡眠をとって多くの成長ホルモンを分泌させる

休息をとりすぎると筋肉の成長機会を逃す

では、具体的にどれくらいの期間休息をとれば良いのでしょうか?

個人差はありますが、一般的に筋肉の修復には最大で約48時間〜72時間かかります。

つまり筋トレから3日経てば、筋肉の修復は完了しています。
例えば、週1回の筋トレをしている場合、筋肉の修復をしていない無駄な期間が4日間もできてしまうことになります。

筋肉の成長には休息が必要です。
とはいえ、休息をとりすぎると反対に筋肉の成長機会を逃します。

短すぎず長すぎない、適切な休息期間をとることが筋肉の成長には大切です。

ポイント
  • 筋トレから3日経てば、筋肉の修復は完了している
  • 短すぎず長すぎない、適切な休息期間をとることが筋肉の成長には大切

週2回の筋トレがオススメ

筋肉の修復にかかる時間を考えると、3日に1回の筋トレが最適です。

しかし、私たちの生活は1週間のサイクルなので3日に1回だと曜日がズレていきます。
そのため、分かりやすいように、週2回の筋トレをオススメします。

例えば、火曜日と金曜日に筋トレをするという具合です。
そうすることで、覚えやすくて最適な休息期間を挟んだ筋トレを行えます。

ポイント
  • 筋肉の修復にかかる時間を考えると、3日に1回の筋トレが最適。分かりやすいように、週2回の筋トレがオススメ

まとめ

  • 筋トレを毎日することで筋肉の修復が追いつかず、いつまで経っても筋肉が大きくならない
  • 筋肉が修復されるまでの間は、筋トレをせずに休息する
  • 短すぎず長すぎない、適切な休息期間をとることが筋肉の成長には大切
  • 筋肉の修復にかかる時間を考えると、3日に1回の筋トレが最適。分かりやすいように、週2回の筋トレがオススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました