手首を鍛えて高重量での怪我を防止しよう【筋トレ】【拳立て伏せ】【痛い】

筋トレをしていて、手首を痛めたことはありませんか?

私は、たびたび手首を痛めていました。

ダンベルの中心部をしっかりと持てていなかったり、高重量ダンベルでのトレーニング中に手首を痛めることが多かったです。

手首を痛める理由の多くは、手首が弱いからという単純な理由です。

手首を鍛えることで、高重量でのトレーニングを気兼ねなく行うことができます。

今回は、手首を鍛えるトレーニング「拳立て伏せ」をご紹介します。

スポンサーリンク

手首を鍛えて高重量での怪我を防止しよう

手首

手首を鍛えるメリット

  • 手首の怪我が少なくなる
  • 高重量でのトレーニングが可能になる
  • 他の筋トレの効果がアップ

手首の怪我が少なくなる

手首の怪我は深刻です。

ほとんどの筋トレは手首を使うので、手首を痛めると筋トレが出来なくなってしまいます。

もし、手首を痛めた場合は、無理をせずに筋トレを休みましょう。

どうしても、筋トレをしたい場合は、いつもより軽い重量でトレーニングしましょう。

高重量でのトレーニングが可能になる

手首が弱いと、高重量でのトレーニングが難しくなります。

重りのバランスがうまく取れず、トレーニングがうまく行えません。

無理にトレーニングしたとしても、手首や前腕が先に限界になってしまいます。

手首を鍛えることで、目的の部位を限界まで追い込むことができるようになります。

他の筋トレの効果がアップ

手首を鍛えることで、他の筋トレの効果がアップします。

手首が弱いと、重りをしっかり持つことができず、目的の筋肉にうまく負荷を伝えることが出来ません。

手首を鍛えることで、きっちりと重さを筋肉に伝えることができます。

拳立て伏せのやり方

拳立て伏せのやり方は簡単です。

こぶしを立てた状態で、腕立て伏せをすればOKです。

注意点

手首が強くなるまでは、膝をついて拳立て伏せをやりましょう。

いきなり全体重をかけると、怪我の原因になってしまいます。

とても参考になる動画がありますので、ご紹介します。

【筋トレ】手首を鍛える方法

まとめ

  • 手首が弱いと、ちょっとした事で手首を痛めやすい
  • 高重量でトレーニングするためにも、手首の強化は必要
  • 手首を鍛えることで、重りをしっかりと持つことができるので、他の筋トレの効果アップも期待できる
  • 拳立て伏せは、こぶしを立てた状態で腕立て伏せをするだけでOK
  • 慣れるまでは、怪我防止のために膝をついて拳立て伏せを行うようにする

コメント

タイトルとURLをコピーしました