筋肉質な体になるには何をすれば良い?どんな運動や食事が良いの?

筋肉質な体になるには何をすれば良い?

筋肉質で引き締まった体は、すべての人にとって憧れの対象ではないでしょうか?

アスリートや格闘家、モデルの人たちは、例外なく筋肉質で引き締まった美しい体をしています。

しかし、その体は何も特別な人たちだけのものではありません。

正しい方法で少しずつ努力をしていくことで、誰でも理想の体を手に入れることが可能です。

では、筋肉質な体になるためには何をすれば良いのでしょうか?

今回は、筋肉質な体を手に入れるための具体的な方法について考えていきます。

自分が理想とする体を手に入れることができれば、自分に自信を持って楽しく生活していくことができるようになるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

筋肉質な体になるためには何をすれば良いのか?

筋肉質な体になるためには、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

やるべきことは大きく分けて2つです。

筋肉質な体になるためにやるべきこと
  • 筋肉を大きくする
  • 余計な脂肪を落とす

「筋肉を大きくする」こと「余計な脂肪を落とす」こと、この2つに集中して取り組んでいくことで、筋肉質な体を手に入れることができます。

では、1つずつ詳細を考えていきましょう。

筋肉を大きくする

まずは筋肉を大きくしていく必要があります。

筋肉を大きくするためには、脳が危機を感じる程度に筋肉に大きな負荷をかけなければいけません。

つまり、スポーツや体操、歩いたり走ったりするだけでは不十分なのです。

筋肉を大きくするためには、筋肉に大きな負荷をかけることができる「筋トレ」を行っていく必要があります。

筋トレにはいくつか種類があるので、自分の目的や生活に合わせて行っていきましょう。

筋トレの種類
  • 自重トレーニング
  • フリーウエイトトレーニング
  • マシントレーニング

自重トレーニング

自重トレーニングは「腕立て伏せ」「腹筋」など、主に自分の体重を使った筋トレのことです。

運動部の人であれば、馴染み深い人も多いのではないでしょうか?

自重トレーニングのメリットは、道具が不要でお金もかからないことです。

自分の体さえあれば、自宅でいつでも筋トレをすることができます。

反対に、自重トレーニングのデメリットは、筋肉にかける負荷を自由に調整できないことです。

基本的に自分の体重を使ったトレーニングのため、自分の筋肉の成長に合わせて負荷を調整していくことができません。

つまり、最短で筋肉を大きくするには不向きな筋トレだと言えます。

自重トレーニングは、自分のペースで少しずつ体づくりをしたい人に向いている筋トレです。

フリーウエイトトレーニング

フリーウエイトトレーニングは、主に「ダンベル」「バーベル」などの重りを利用して行う筋トレのことです。

重りは自分の筋力に合わせて自由に変えていくことができるので、常に最適な重量で筋トレをすることができます。

難易度は高めですが、最短で筋肉を大きくしていくことができる筋トレです。

特にバーベルを使ったトレーニングは難しいため、最初はプロのトレーナーに教えてもらった方が良いでしょう。

ダンベルやバーベル、ラックやベンチなどを自宅で揃えるのは大変なので、設備の整ったジムに通うことをオススメします。

ジムに通うのが難しい人であれば、ダンベルを購入することで自宅でもウエイトトレーニングを行うことが可能です。

ダンベルをいくつも揃えるのは大変なので、自由に重さを変えることができる「可変ダンベル」を購入するのが良いでしょう。

マシントレーニング

マシントレーニングは、重りを利用して行うウエイトトレーニングの1つです。

ダンベルやバーベルとは違い、主にジムに設置されているマシンを使って行います。

最大の特徴としては、筋トレの中では一番簡単だと言うことです。

マシントレーニング用の機械は、誰でも簡単に行えるように設計されているものが多く、初心者でも簡単に筋トレを行うことができます。

使い方もマシン本体に書かれているので安心です。

まさに初心者には最適なので、金銭的な余裕がある人はジムに通ってマシントレーニングを行っていきましょう。

余計な脂肪を落とす

筋肉質な体になるためには、筋トレをするだけでは不十分です。

どんなに筋肉が大きくなっても、筋肉の上に皮下脂肪がついたままでは意味がありません。

余計な脂肪を落として、筋肉を体の表面に浮き出させる必要があります。

余計な脂肪を落とすための方法
  • 食事制限をする
  • 有酸素運動をする

余計な脂肪を落とすためには、「食事制限」「有酸素運動」が効果的です。

食事制限と有酸素運動を使い分け、効率的に余計な脂肪を落としていきましょう。

食事制限をする

余計な脂肪を減らすためには、食事制限をするのが一番効果的です。

食事制限と言っても、食べている量を極端に減らすのはリバウンドの原因になるので、食べるものを脂肪がつきにくいものに変えていきましょう。

具体的には、最も脂肪になりやすい「糖質」を少なくして、代わりに脂肪になりにくい「タンパク質」を多く食べるようにするのが簡単な方法です。

糖質を多く含む食材
  • 白米
  • パスタ
  • パン類
  • めん類
  • 芋類
タンパク質を多く含む食材
  • 肉類
  • 魚類
  • 大豆製品
  • 鶏卵
  • 乳製品

また、タンパク質は筋肉の材料になる栄養素なので、筋肉を大きくするためにも積極的にタンパク質をとりましょう。

有酸素運動をする

有酸素運動とは「ウォーキング」や「ランニング」など、酸素と脂肪がメインのエネルギー源として使われる運動のことです。

食事制限の効果をさらに高めたい場合は、有酸素運動を積極的に行っていきましょう。

特に、私がオススメなのは「ウォーキング」です。

ウォーキングなら、性別や年齢に関係なく誰でも無理なく行っていくことができます。

ちなみに、筋トレは有酸素運動ではなく「無酸素運動」になります。

無酸素運動は、筋肉中の「糖質」がメインのエネルギー源として使われるため、脂肪を落とす効果はあまり期待できません。

筋トレと有酸素運動の両方を行っていくことが大切です。

筋トレの効果を上げるためにプロテインを飲もう

筋肉質な体になるための方法についてお話してきました。

理想の体になるためには長い時間がかかるため、モチベーションを保つことが大切になります。

モチベーションを保つためには、「自分の体の筋肉が大きくなっている」ということを実感することが最適です。

筋肉を大きく成長させるためにも、肉や魚などのタンパク質中心の食生活に変えていきましょう。

しかし、うまく食事からタンパク質がとれない日もあるのではないでしょうか?

そんなときは、飲むだけで手軽にタンパク質をとることができる「プロテイン」がオススメです。

プロテインなら1杯飲むだけで、約20gのタンパク質をとることができます。

また、プロテインは腹持ちも良いため、ダイエットの強い味方にもなってくれるでしょう。

プロテイン、筋肉サプリ、スポーツウェアの海外通販【Myprotein】

まとめ

  • 正しい方法で少しずつ努力をしていくことで、誰でも理想の体を手に入れることが可能
  • 筋肉質な体になるためには、「筋肉を大きくする」「余計な脂肪を落とす」の2つに集中して取り組んでいく
  • 筋肉を大きくするためには、「自重トレーニング」「フリーウエイトトレーニング」「マシントレーニング」などの筋トレを行っていく
  • 余計な脂肪を落とすためには、「食事制限」「有酸素運動」などが効果的
  • うまく食事からタンパク質がとれな日のために、プロテインを購入しておくのがオススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました