筋トレやりすぎてない?頑張りすぎると筋肉は減り私生活もボロボロに

筋トレやりすぎてない?

筋トレはとても楽しいものです。

自分の努力や工夫により、体が少しずつ大きくなっていくのは感動ものですよね?
それだけに筋トレにどっぷりとハマる人も多いです。

筋トレをやめてしまう人もいる中で、高いモチベーションを保ちながら筋トレを続けていくのはとても良いことではないでしょうか?

しかし、筋トレにハマりすぎると、頑張りすぎたり周りが見えなくなることがあります。
筋トレには必要以上にハマりすぎず、ある程度の余裕をもって取り組むことをオススメします。

スポンサーリンク

筋トレにハマりすぎると不幸になる?

筋トレは趣味の1つです。

趣味は人生を豊かにするものですが、ハマりすぎるとその立場が逆転してしまいます。
まさに「筋トレ(趣味)のために生きている!」という本末転倒な状態になってしまうのです。

この状態になると、自分の生活や家族や友人をそっちのけで筋トレに没頭してしまいます。

筋トレ

周りや自分の状況が見えなくなり、1日中筋トレの事だけをひたすら考え続ける生活になります。
そんな生活が長く続けば、自分の人生に大きな悪影響を与えかねません。

また、筋トレを頑張りすぎれば肝心の筋肉の成長が鈍くなることになります。
最悪の場合、筋トレを頑張るほど筋肉が減っていくことにもなるでしょう。

筋トレを頑張りすぎると筋肉は減り私生活もボロボロになる?

では、筋トレを頑張りすぎるとどんな悪影響があるかを考えていきましょう。
自分に当てはまっているものがあれば、うまく改善していく必要があります。

休息が少なくなり筋肉が減っていく

筋トレにハマってくると、どうしても筋トレをする回数や時間が多くなります。

少しでも早く体を大きくしたくて、毎日のように筋トレをしたり睡眠時間を削ってまで長時間の筋トレを行ってしまいます。

筋トレを頑張るのは良いですが、これでは筋肉を休息させる時間が少なくなってしまいます。
筋肉の修復には、約48時間〜72時間の休息が必要です。

睡眠

筋トレを頑張りすぎると、休息が足りなくなり筋肉が成長する暇がありません。
反対に、筋トレで筋肉の分解が進むことで筋肉が成長するどころか減っていく可能性もあります。

また、睡眠時間が不足すれば「成長ホルモン」の分泌量が減ってしまいます。
成長ホルモンは、睡眠中に分泌される筋肉を成長させるホルモンです。

筋肉を休息させるには、十分な休息と睡眠時間が必要です。

高強度の筋トレが多くなり病気やケガのリスクが増える

使用重量を増やしていかなければ、うまく筋肉は成長し続けてくれません。

そのため、どんどん使用重量が増えて「高強度の筋トレ」が多くなりがちです。
高強度の筋トレは、筋肉にとっては良い刺激になりますが同時に体の免疫力が大きく低下します。

具体的には、風邪にかかるリスクが数日間に渡り2〜6倍に増大すると言われています。
高強度の筋トレを連日続けていると、常に風邪にかかるリスクが増大し続けているのと同じです。

また、高強度の筋トレはケガをするリスクが高くなります。
ケガをすれば、筋トレ自体を行うことができなくなり、結果的に筋肉の成長が遅くなってしまう可能性が高いです。

筋トレには、色々な工夫をすることで筋肉を成長させ続けることが可能です。
軽い重量でも筋肉を追い込める方法や、効果的なトレーニング方法などを勉強して、筋トレの知識の引き出しを増やしていきましょう。

食事の内容に対する余裕が無くなる

筋肉のことを考えれば、高タンパク質な食事をとりたいですよね?

それは悪いことではありませんが、「常に高タンパク質な食事をとらなければ」という心境になっているなら問題かもしれません。

食事の内容は、自分の思い通りにならないことが多いです。
友人との飲み会や家族との外食など、常に高タンパク質な食事がとれる訳ではありません。

余裕が無くなる

そんなときに「常に高タンパク質な食事をとらなければ」という心境になっていては、飲み会を断ったり、家族との外食が少なくなってしまうでしょう。
最悪の場合、友人や家族との関係がギクシャクしてしまうかもしれません。

筋肉を大きくするためには食事は大切ですが、常に完璧な食事を求めるのはやりすぎです。

友人との飲み会や家族との外食のときは、食事の内容にこだわらずにその時間を楽しみましょう。
タンパク質が不足したならプロテインで補い、カロリーをとりすぎたなら翌日から少し食事をひかえれば良いだけです。

友人や家族との時間を大切にしなくなる

筋トレをするためには、ある程度の時間が必要です。

毎日のように長時間の筋トレをしていては、いくら時間があっても足りなくなります
筋トレをする時間を捻出するために、本来やるべきことや、やらなければいけないことを削ってしまうことになるでしょう。

友人からの誘いは断ることが多くなり、大切な家族へのサービスも減ってしまうかもしれません。
自分では気づかないうちに、友人や家族の心が少しずつ自分から離れていってしまいます。

そうならないためにも、周りが見えなくなるまで筋トレを頑張ってはいけません。
友人や家族との時間の方が大切です。

筋トレに時間をかけすぎず、自分の周りの人たちを大切にしましょう。

筋トレは趣味の1つ!楽しみながら余裕をもってやっていこう

筋トレはとても楽しいものですが、筋トレの位置づけを再確認するべきです。

筋トレは趣味の1つです。
趣味は自分の人生を豊かにするためにあるべきではないでしょうか?

趣味にハマりすぎるあまり、友人や家族との関係がギクシャクするのは本末転倒です。
とはいえ、楽しい趣味をやめる必要はありません。

余裕をもってやっていく

趣味よりも自分の人生を大切にすることで、大きな問題は解決することができます。

筋トレという趣味にはハマりすぎず、ある程度の余裕をもって取り組むのが一番です。
自分の人生には友人や家族が何より大切です。

趣味のせいで大切なものを台無しにしないように気をつけていきましょう。

まとめ

  • 筋トレにハマりすぎると、周りや自分の状況が見えなくなり、1日中筋トレの事だけをひたすら考え続ける生活になる
  • 筋トレを頑張りすぎると、休息が足りなくなり筋肉が成長する暇がなくなる
  • 高強度の筋トレを連日続けていると、常に風邪にかかるリスクが増大し続ける。また、高強度の筋トレはケガをするリスクが高くなる
  • 筋肉を大きくするためには食事は大切だが、常に完璧な食事を求めるのはやりすぎ
  • 筋トレに時間をとられすぎれば、友人からの誘いは断ることが多くなり、大切な家族へのサービスも減ってしまうことになる
  • 筋トレという趣味にはハマりすぎず、ある程度の余裕をもって取り組むのが一番

コメント

タイトルとURLをコピーしました