完璧を求めると続かない!体づくりは一生続けるつもりでやろう

スポンサーリンク

完璧を求めると続かない!体づくりは一生続けるつもりでやろう

完璧を求めると続かない

筋トレは人生を豊かにしてくれる「趣味」の1つ

筋トレは、本来とても楽しいものです。
自分の人生を豊かにしてくれる「趣味」の1つと言っても良いでしょう。

筋トレをすることで、体は健康になり心にも余裕が生まれます。
まさに、心身ともに健康になっていきます。
心身ともに健康な状態で生活をすれば、人生がどんどん豊かになっていくでしょう。

しかし、中には筋トレにハマりすぎて不幸になる人も居ます。
最短で最高の結果を出すために、楽しむことを捨てて「完璧」を求めてしまうのです。

「趣味」に楽しむ余裕が無くなれば、待っているのは不幸な結果だけでしょう。

モモイ
モモイ

趣味にハマりすぎると危険かも
最も優先するべきは、自分の人生そのものだよね

筋トレに完璧を求めるとストレスが溜まり疲れてしまう

筋トレにハマりすぎると、最短で最高の結果を出したいと考えてしまいます。
最短で最高の結果を出すためには、「完璧」な生活を送る必要があるでしょう。

しかし、完璧を求めるとキリがありません。

完璧を求めるとキリがない
  • 完璧な食事
  • 完璧な栄養
  • 完璧な筋トレメニュー
  • 完璧な重量
  • 完璧なレップ数
  • 完璧な休息
  • 完璧な睡眠

真面目な人ほど「完璧」を求めてしまいます。
完璧を求めることで、少しずつ心の余裕が無くなってしまうでしょう。

「完璧」を守れなかったときは、「失敗した」や「損をした」という気持ちになり、自分や周りの人を責めてしまいます。
少しのミスも許されない日常になってしまいます。

そして、人は心の余裕が無くなると、悪いことばかりが起きてしまいます。

心の余裕が無くなると悪いことばかりが起きる
  • 1日中落ち着かない
  • 家族や友人と些細なことでケンカをする
  • 仕事や勉強に集中できない
  • ストレスが溜まり気分が悪くなる
  • 睡眠の質が下がり健康状態も悪くなる
  • 自分からトラブルを起こしやすくなる

心の余裕が無くなると、家族や友人とケンカをしてしまったり、仕事や勉強に集中できなくなるなど、多くのデメリットを受けることになります。

筋トレという趣味のせいで、悪いことばかりが起きる悪循環におちいります。
そんな生活が続けば、疲れ果ててしまい、いずれ筋トレもやめてしまうでしょう。

筋トレにハマりすぎたために、人生が悪い方向へ進むことになってしまいます。

モモイ
モモイ

毎日、色々なことが起こるよね?
常に完璧にこなすことなんて不可能だと考えたほうが良いよ

筋トレは勝負でも競争でも無い

そもそも、筋トレは勝負でも競争でもありません。
少しずつ筋肉をつけて、今の自分よりも大きくなっていくことを楽しむ趣味です。

あくまでも、人生を豊かにする「趣味」の1つとして付き合っていきましょう。
趣味よりも、自分の人生の方が大切に決まっています。

趣味を頑張りすぎて、人生に悪影響が出てしまっては元も子もありません。
趣味は、ほどほどに楽しむのが一番です。

モモイ
モモイ

趣味は楽しいけど、本気になりすぎると人生に悪影響がでるよ!
ほどほどに楽しむことを心がけよう

筋トレはのんびりと楽しみながらやっていこう

幸いなことに、筋トレは一生続けていくことができる趣味です。

年齢に関係なく筋肉は成長してくれます。
つまり、中年になっても、高齢者になっても、心身ともに健康でいられるのです。

いくつになっても自由に体が動き、いつでも好きな場所に出かけられます。
筋トレという趣味のお陰で、いつまでも元気に生きていくことができるのです。

そのためにも、筋トレは自分のペースで取り組むことが大切です。

完璧などを求めずに、無理なく楽しみながら続けていけるようにしていきましょう。
無理なく続けていくためには、やる気があるときは限界まで頑張り、たまには体に悪いものも食べて、体調が悪いときは休みましょう。

完璧を求めずに、のんびりと楽しみながらやることが、筋トレを続けるコツです。

モモイ
モモイ

筋トレは一生続けていくつもりで取り組むぐらいが丁度よいです
高齢者になっても、元気に動ける体をつくっていきましょう!

まとめ

  • 筋トレは、人生を豊かにしてくれる「趣味」の1つ
  • 筋トレに「完璧」を求めると、少しずつ心の余裕が無くなってしまう
  • 心の余裕が無くなると、悪いことばかりが起きる悪循環におちいる
  • 筋トレは、勝負でも競争でも無い
  • 筋トレは、一生続けていくことができる趣味。完璧を求めずに、のんびりと楽しみながらやっていく

コメント

タイトルとURLをコピーしました