プロテインは毎日飲んだ方が良い?筋トレをしない日はどうするのか?

スポンサーリンク

プロテインは毎日飲んだ方が良い?筋トレをしない日はどうするのか?

プロテインを飲む

プロテインは毎日飲んだ方が良いの?

プロテイン

プロテインは飲んでるけど、いつ飲めば効果的なのかは分かりにくいですよね?

筋トレをした日は、プロテインを飲んだ方が良さそうだけど、筋トレをしていない普通の日はどうすれば良いのでしょうか。
効果がないときにプロテインを飲むのは勿体ないですよね?

分かっているようで分かっていない「プロテインを飲む目的」を再確認し、「プロテインを飲む効果的なタイミング」を考えていきましょう。

そもそもプロテインを飲む目的とは?

プロテインを飲む目的は何でしょうか?
もちろん「筋肉をつけるため」という人が多いと思いますが、ここではもう少し深堀りしていきましょう。

プロテインシェーカー

結論から言えば、プロテインを飲む目的は次の通りです。

プロテインを飲む目的
  • 筋肉の合成を促進させるため
  • 筋肉の減少を最小限に抑えるため

筋肉の合成を促進させるため

タンパク質は筋肉の材料になる栄養素です。

タンパク質が不足していれば、うまく筋肉をつくることができません。
つまり、筋肉の合成を促進させるために、プロテインを飲んで筋肉の材料となるタンパク質を体に取り込んでおく必要があります。

筋肉の減少を最小限に抑えるため

筋肉の合成と分解は、体の中で常に繰り返されています。

このとき、体内のタンパク質が不足していれば、一体どうなってしまうでしょうか?
筋肉の合成と分解のバランスが崩れ、どんどん筋肉の分解だけが進んでしまいます。

筋肉の分解が進めば、当然ながら筋肉は減少していくことになります。
筋肉の減少を最小限に抑えるためにも、プロテインを飲んで筋肉の材料となるタンパク質を体に取り込んでおく必要があります。

プロテインを飲む適切なタイミング

では、プロテインを飲む適切なタイミングを考えていきましょう。
結論から言えば、プロテインを飲む適切なタイミングは、「筋肉の合成が高まるとき」「体内のタンパク質が不足するとき」です。

具体的には、次のようなタイミングでプロテインを飲むのが適切です。

プロテインを飲む適切なタイミング
  • 筋トレ後の48時間
  • 睡眠前
  • 起床時
  • 空腹時

筋トレ後の48時間

一般的に、筋トレをした後の48時間は「筋肉の合成が高まる」と言われています。
筋肉の合成が高まるときに、プロテインを飲まない理由はありません。

つまり、筋トレをした日だけではなく、その後の2日間も積極的にプロテインを飲むことで、効率的に筋肉をつけることができます。

睡眠前

睡眠中は、筋肉を成長させる「成長ホルモン」が最も多く分泌されます。
そのため、タンパク質が不足した状態で睡眠することは、とても勿体ないと言えます。

睡眠前にプロテインを飲み、タンパク質を補給しておきましょう。
そうすることで、睡眠中に筋肉を効率的に成長させることができます。

十分な睡眠

成長ホルモンの分泌量は、睡眠時間に比例します。
十分な睡眠時間をとり、多くの成長ホルモンを分泌させましょう。

起床時

睡眠中にも脳や内臓は活動しています。
そのため、睡眠中にも多くのエネルギーが消費されています。

つまり、起床時はエネルギーが空っぽの状態になっています。
必ず、朝食でエネルギーを、プロテインでタンパク質を補給しましょう。

朝食やプロテインをとらずに午前中を過ごせば、エネルギー不足で多くの筋肉が分解されてしまうでしょう。

空腹時

空腹はエネルギーが不足しているというサインです。

エネルギーが不足すれば、筋肉が分解されてエネルギーに変えられてしまいます
本来であれば、糖質を補給するのが一番良いのですが、糖質は体脂肪になりやすいというデメリットがあります。

体脂肪をつけたくない場合は、糖質では無くプロテインでタンパク質をとりましょう。
結果的に、筋肉の分解を抑えてエネルギーにもなってくれます。

外出していてプロテインを飲むことが出来ない場合は、コンビニなどでプロテインバーを購入するのも良い方法です。

まとめ

  • プロテインを飲む目的は、「筋肉の合成を促進させるため」と「筋肉の減少を最小限に抑えるため」
  • プロテインを飲む適切なタイミングは、「筋肉の合成が高まるとき」と「体内のタンパク質が不足するとき」
  • 筋トレをした後の48時間は「筋肉の合成が高まる」
  • 睡眠中は、筋肉を成長させる「成長ホルモン」が最も多く分泌される
  • 起床時はエネルギーが空っぽの状態になっている。朝食でエネルギーを、プロテインでタンパク質を補給する
  • 体脂肪をつけたくない場合は、糖質では無くプロテインでタンパク質をとる。結果的に、筋肉の分解を抑えてエネルギーにもなる

コメント

タイトルとURLをコピーしました