リバウンドした?もう一度ダイエットをする前に筋肉量を取り戻そう

もう一度ダイエットをする前に筋肉量を取り戻そう

ダイエットをしても、すぐにリバウンドしてしまうと悩んでいる人も居るのではないでしょうか?

リバウンドすれば、またダイエットを始めれば良いのですが、何度もリバウンドとダイエットを繰り返していると心も体も疲れ果ててしまいます。

それよりも最悪なのが、「どんどん痩せにくい体」になってしまうことです。

リバウンドとダイエットを繰り返す度に、何となく自分が痩せにくくなっていることに勘付いている人も多いのではないでしょうか?

痩せにくくなっているのは、決して勘違いではありません。

リバウンドを繰り返している人は、どんどん痩せにくい体になってしまうので、ダイエットの効果がどんどん薄れていってしまうのです。

ダイエットとリバウンドの繰り返しから抜け出すためには、一旦立ち止まり自分の痩せにくい体をリセットする必要があります。

痩せにくい体をリセットすることさえできれば、正しくダイエットの効果も得られるので、すぐにリバウンドすることも少なくなるでしょう。

今後の人生で、ダイエットやリバウンドとは無縁の体になることも夢ではありません。

スポンサーリンク

そもそも、リバウンドしてしまう原因は何なのか?

まずは、なぜリバウンドしてしまうかの原因を考えていきましょう。

結論から言えば、リバウンドしてしまう原因は「筋肉量が大きく減少したから」です。

筋肉量が減少すれば、基礎代謝はもちろん、活動代謝も大きく低下するでしょう。

基礎代謝と活動代謝が低下することにより、結果的に1日に消費されるカロリーが大きく減少することになります。

ダイエット前よりも活動的な生活を送らない限り、すぐにリバウンドしてしまうことは必至です。

つまり、ダイエットとリバウンドを繰り返すほど、どんどん筋肉量が減少して痩せにくい体になっていくことになります。

  • 基礎代謝とは、何もしなくても消費されるカロリーのこと
  • 活動代謝とは、生活や運動などで体を動かしたときに消費されるカロリーのこと

ダイエットをすると筋肉量が減少する原因

では、なぜ筋肉量が減少してしまうのでしょうか?

それは、ダイエットに「筋トレ」を組み込まなかったことが原因です。

人間の体は、体脂肪だけを狙い撃ちで落としていくことはできません。

どんなにうまくダイエットをしても、体脂肪と一緒に一定量の筋肉量が減少することになります。

そして、減少した筋肉を増やすためには、「筋トレ」が最も効果的な運動です。

残念ながら、ウォーキングやランニングなどの負荷の低い運動では筋肉量を増えません。

もし、ダイエットに「筋トレ」を組み込んでいなければ、体脂肪と一緒に筋肉量がどんどん減少していくことになるのです。

もう一度ダイエットをする前に「筋トレ」で筋肉量を増やす

ダイエットとリバウンドを繰り返すことで、筋肉量が減少してどんどん痩せにくい体になっていくということをお話してきました。

ダイエットで筋肉量を減少させないためには、積極的に「筋トレ」をしていく必要があります。

では、どんな筋トレをすれば良いのでしょうか?

私がオススメするのは、体の中の大きな筋肉を鍛えていくことです。

大きな筋肉を鍛えることで、その筋肉の周辺にある小さな筋肉も鍛えることができます。

また、大きな筋肉を鍛えれば、それだけ筋トレで消費されるカロリーも増やすことができるので、ダイエットにはうってつけです。

体の中の大きな筋肉を鍛えよう
  • 大胸筋(胸の筋肉)
  • 広背筋(背中の筋肉)
  • 大腿四頭筋・ハムストリングス(太ももの筋肉)

大胸筋(胸の筋肉)の鍛え方

大胸筋は、胸の大きな筋肉です。

鍛えることで、体の厚みが増して見栄えも大きく変わります。

大胸筋を鍛える筋トレと言えば「腕立て伏せ」です。

筋トレは、正しいフォームで行うことが最も大切です。

馴染みのある筋トレですが、フォームを確認しながら行っていきましょう。

【自宅筋トレ】なかやまきんに君の正しい腕立て伏せを学ぼう。

広背筋(背中の筋肉)の鍛え方

広背筋は、背中の大部分を占める筋肉です。

大胸筋と一緒に鍛えることで、健康的な上半身をつくることができます。

肩甲骨を動かすことで、血行が良くなるため体の健康状態もアップするでしょう。

今回は、タオル1枚あれば簡単にトレーニングできる「タオルラットプルダウン」をオススメします。

タオルを体の後ろに回し、引っ張りながら広背筋を鍛えましょう。

タオル一枚で背中の肉を引き締めるエクササイズ【背中痩せ動画2】

タオルラットプルダウンでは負荷が足りないという人は、ダンベルを使った「ダンベルベントオーバーローイング」がオススメです。

ダンベルであれば、重さを変えるだけで負荷を調整することができます。

ダンベルベントオーバーローイングのやり方を解説!広背筋に効くフォームやバーベルとの違い

大腿四頭筋・ハムストリングス(太ももの筋肉)の鍛え方

大腿四頭筋は太もも表側、ハムストリングスは太もも裏側の筋肉です。

太ももの筋肉を鍛えるには、「スクワット」がオススメです。

スクワットであれば、大腿四頭筋とハムストリングスを同時に鍛えることができます。

【自宅筋トレ】なかやまきんに君の正しいスクワットを学ぼう。

スクワットで脚を太くしたくない人は、「ワイドスクワット」がオススメです。

ワイドスクワットは、内ももを中心鍛える筋トレで、脚が太くなりにくいという特徴があります。

【脚やせダイエット】簡単ながら筋トレ◆ワイドスクワットで太もも&腹筋背筋も鍛えられる!池田真子 diet training

「体重」では無く「体脂肪」を減らしていこう

筋肉量が減ってしまう原因の1つは、ダイエットの目的を「体重」にしてしまうことです。

ダイエットの目的は、「体重」では無く「余計な体脂肪」を減らすことですよね?

体重ばかりを気にしていたら、体脂肪では無く筋肉が減っていたなんてことになりかねません。

そんなことにならないように、体組成計で「体脂肪率」と「筋肉量」を測っておきましょう。

体のスタイルは、体重では無く「体脂肪率」と「筋肉量」の比率で決まります。

うまく体脂肪だけを落として、自分の理想のスタイルを目指しましょう。

まとめ

  • 何度もリバウンドとダイエットを繰り返していると「どんどん痩せにくい体」になってしまう
  • リバウンドしてしまう原因は「筋肉量が大きく減少したから」
  • ダイエットをすると、体脂肪と一緒に一定量の筋肉量が減少することになる
  • ダイエットで筋肉量を減少させないためには、積極的に「筋トレ」をしていく必要がある
  • 体組成計を利用して、筋肉量は減らさずに「体重」では無く「余計な体脂肪」を減らしていくことが大切

コメント

タイトルとURLをコピーしました