座る時間が長いと太る?日中はちょこまか動いてカロリーを消費しよう

スポンサーリンク

座る時間が長いと太る?日中はちょこまか動いてカロリーを消費しよう

座る

座る時間が長いと太る?

「座りっぱなしだと太りやすい」という話を聞いたことがあると思います。

実際そのとおりで、座る時間が長いと消費されるカロリーが低下してしまいます。
また、長時間同じ姿勢でいることで体が硬くなって血流も悪くなります。

座る時間が長いと、ダイエットや健康に大きなデメリットをうけることになります。
デスクワークなどで、座る時間が長い人は特に注意が必要です。

長時間座っていると大きなデメリットをうける
  • 体が省エネモードになる
  • 血行が悪くなる
  • 首や腰に負担がかかる
  • 疾病リスクが高まる

体が省エネモードになる

座ると体がリラックスしてしまいます。
リラックスして30分も経てば、自律神経の副交感神経が優位になります。
副交感神経が優位になると、体は省エネモードになって消費されるカロリーが低下することになります。

血行が悪くなる

座っている間は、筋肉をあまり動かすことがありません。
動かさなければ、筋肉はだんだんと硬くなっていきます。

筋肉の中にも多くの血管とおっており、筋肉が硬くなることは血行が悪くなることを意味しています

血行が悪くなると、脳や内臓へ酸素や栄養素を送り届けることができなくなります。
結果的に、脳や内臓の働きが悪くなるため消費されるカロリーが低下します。

首や腰に負担がかかる

正しい姿勢で座り続けることは難しいです。
姿勢が悪くなると、首や腰に余計な負担がかかってしまいます。

肩こりや腰痛の原因につながります。
特に、腰痛になってしまったら日常生活にも支障が出てしまいます。

疾病のリスクが高まる

筋肉や内臓への負担、運動不足などから疾病のリスクが高くなると言われています。
1日中座っているような生活をしているなら注意しましょう。

座る時間が長いと疾病のリスクが高まる
  • がん細胞の増殖
  • 無呼吸症候群
  • 心血管疾患
  • 糖尿病
  • 脳卒中

長時間座らずにちょこまか動く工夫をしよう

座る時間が長くなれば、太りやすくなるだけではなく腰痛や疾病の原因になります。
座る時間を減らして、代わりに「ちょこまか動く」時間を増やすことが効果的です。

日中は、なるべく「ちょこまか動く」でカロリーをどんどん消費しましょう。

その場で立ち上がる

「長く座っているな」と感じた時は、その場で立ち上がりましょう。

立ち上がることで、自律神経が交感神経に振り戻されます。
交感神経に振り戻されることで、体は再びエネルギー消費モードになります。

また、下半身に滞っていた血液も再び活発に流れ始めます。
デスクワークなどで長時間座る必要がある場合でも、こまめにその場で立ち上がるなどの工夫をしていきましょう。

ときどき歩き回る

ときどき歩き回るのも効果的な方法です。
トイレや飲み物の確保、買い物など、何か用事を見つけて歩きまわりましょう。

しっかりと歩くことで、全身の筋肉の80%を使う立派な運動になります。
硬くなっていた体の筋肉がほぐれて、血液が体の隅々にまで行き渡るようになります。

結果的に、基礎代謝が高まり消費カロリーが増えることにつながります。

ストレッチや体操をする

軽いストレッチや体操をして、ゆっくりと体をほぐすのも良い方法です。
特に、あまり動かさない首や肩、背中や脚などを念入りに行いましょう。

部屋が狭い場合は、座ったままでもできるストレッチがオススメです。
自分の環境に合わせて、無理なく体をほぐしていきましょう。

こまめに掃除をする

こまめに掃除をすることで、半ば強制的に体を動かすことができます。
座る時間が長くなったり、眠くなったときは掃除をして体を動かしましょう。

体を動かすことで、副交感神経から交感神経に振り戻すことができます。
部屋もキレイになるので一石二鳥です。

自分の机周りを整理したり、カバンの中身を整理するだけでも効果はあります。
体を動かすことを第一に考えましょう。

座る時間が長くなるタイミングで外出をする

座る時間が長くなるタイミングで、わざと用事を作って外出するのも良い方法です。

例えば、お昼ごはんを食べてからずっと座ることが多いなら、そのタイミングで買い物に出かけるのはどうでしょうか?
休日の午前中に座っていることが多いなら、散歩に出かけるのはどうでしょうか?

自分の生活に無理のない範囲で、外出する機会を増やしてみましょう。

座る機会を減らす

座ること自体を減らすのはどうでしょうか?
座る機会を減らせば、それだけ体が省エネモードになることが少なくなります。

座る機会を減らす
  • 電車内で座らない
  • ベンチで座らない
  • 立ってテレビを見る
  • 立って本を読む
  • スタンディングデスクを使う

子供やペットと遊ぶ

子供やペットと遊ぶだけでも、座る時間を減らして大きくカロリーを消費します。
気分転換になり、ストレス解消にもつながります。

なによりも、子供やペットが喜んでくれるのでオススメの方法です。
誰かに喜んでもらえることは、予想以上に自分の活力になります。

まとめ

  • 座る時間が長いと、ダイエットや健康に大きなデメリットをうける
  • 座る時間を減らして、代わりに「ちょこまか動く」時間を増やす
  • 長時間座らずに、ちょこまか動く工夫をしてカロリーを消費する

コメント

タイトルとURLをコピーしました