女性にオススメ!小顔になるためには筋トレで肩(三角筋)を鍛えよう

スポンサーリンク

女性にオススメ!小顔になるためには筋トレで肩(三角筋)を鍛えよう

小顔

顔の大きさはスタイルに大きく影響する

「モデルのような小顔になりたい!」と、小顔に憧れている人は多いです。
顔の大きさは、自分のスタイルに大きく影響します。

顔が大きければ、実はスタイルが良くてもそう見られることは少ないです。
反対に、顔が小さければ普通の体型なのに「スタイルが良い」と言われたりします。

小顔になるだけで、他人が自分のスタイルに持つ印象が大きく変わります。
実際に、小顔を目指して「小顔マッサージ」「舌回し」に挑戦する人も多いです。

小顔マッサージや舌回しの効果には個人差があるので、「頑張ったけど効果がなかった」という人もいるのではないでしょうか?

そんな人に試してもらいたい、小顔になるためのオススメの方法があります。
それは「肩の筋トレ」です。

  • 顔の大きさは、自分のスタイルに大きく影響する
  • 肩の筋トレが小顔になるためのオススメの方法

小顔に見られるためのポイントは肩幅

小顔に見られるためには2つの方法があります。

1つ目は、実際に小顔になることです。
これは、「小顔マッサージ」や「舌回し」で実現しようとしたことです。
2つ目は、肩幅に対して顔が小さいことです。
肩幅が広ければ、相対的に顔が小さく見えるのです。

「自分は肩幅が狭いし」「自分はなで肩だし」という人も安心してください。
肩の筋肉を鍛えれば、誰でも肩幅を広くすることができます

モデルやスタイルの良い芸能人も、筋トレで肩の筋肉を鍛えている人は多いです。
もともと小顔の人であれば、肩の筋肉を鍛えることでさらに小顔にみえるでしょう。

  • 肩幅に対して顔が小さければ、相対的に顔が小さく見える
  • 肩の筋肉を鍛えれば、誰でも肩幅を広くすることができる

肩幅が広くなれば相対的にウエストが細く見える

肩幅が広くなれば、相対的にウエストが細く見える効果が期待できます。

逆三角形の体の引き締まった体を作るうえで、肩幅は重要なラインになります。
肩幅とウエストのギャップがあるほど、ウエストが細く見せることができます。

つまり、肩の筋肉を鍛えれば「小顔に見える効果」「ウエストが細く見える効果」という2つの効果を得ることができます。
肩の筋肉は、自分のスタイルをよく見せるために最も重要な筋肉だと言えます。

  • 肩幅とウエストのギャップで、ウエストが細く見せることができる
  • 肩の筋肉を鍛えれば「小顔に見える効果」と「ウエストが細く見える効果」という2つの効果を得ることができる

筋肉がつきすぎると嫌だという人へ

女性に筋トレを勧めると、「マッチョにはなりたくない」「筋肉がつきすぎると困る」という意見を聞くことがあります。

筋トレの経験者なら分かりますが、そんなに簡単に筋肉は大きくなりません。
ボディビルダーやフィジーカーは、普通の人と同じような生活はしていないのです。
簡単に言えば、筋肉をつけるための生活をしています。

筋肉をつけるための運動、筋肉をつけるための食事、筋肉をつけるための生活習慣など、1日中筋肉を大きく成長させることだけを考えて生活しています
そんな生活を何年もして、ようやくマッチョな体が手に入ります。

少し肩の筋トレをしたからと言って、ムキムキのマッチョになることはありません。
安心して肩の筋肉を鍛えていきましょう。

  • ボディビルダーやフィジーカーは、1日中筋肉を大きく成長させることだけを考えて生活している
  • 少し肩の筋トレをしたからと言って、ムキムキのマッチョになることはない

筋トレで肩(三角筋)を鍛える方法

肩の筋肉は、「三角筋」と呼ばれています。

三角筋は、前部・中部・後部の3つの筋肉に分かれています。
すべて鍛えるのは大変なので、まずは三角筋の中部のみを鍛えていきましょう。
それだけでも、肩幅は少しずつ広くなっていきます。

三角筋の中部を鍛えるのであれば、サイドレイズという種目がオススメです。
サイドレイズは、軽い重量でも十分に効果のあるトレーニングです。

慣れないうちは、1kg〜2kgの軽めのダンベルでやっていきましょう。
ダンベルが無ければ、500mlのペットボトルに水を入れて代用できます。
それでも重い人なら、最初は何も持たずにやってもOKです。

サイドレイズの注意点
  • ひじを延ばしすぎない(腕を軽く曲げる)
  • 腕の力ではなく肩の力を意識して上げる
  • 気持ち小指の方から上げていく

とても参考になる動画があるのでご紹介します。

ペットボトルで肩を鍛える(サイドレイズ・三角筋)/パンプアップトレーニング

サイドレイズで肩幅を広げて、小顔と細いウエストを手に入れましょう!

  • 肩の筋肉は、「三角筋」と呼ばれている
  • 三角筋を鍛えるのであれば、サイドレイズという種目がオススメ
  • サイドレイズは、軽い重量でも十分に効果のあるトレーニング

まとめ

  • 顔の大きさは、自分のスタイルに大きく影響する
  • 肩幅に対して顔が小さければ、相対的に顔が小さく見える
  • 肩の筋肉を鍛えれば、誰でも肩幅を広くすることができる
  • 肩幅とウエストのギャップで、ウエストが細く見せることができる
  • 少し肩の筋トレをしたからと言って、ムキムキのマッチョになることはない
  • 肩の筋肉は、「三角筋」と呼ばれている
  • 三角筋を鍛えるのであれば、サイドレイズという種目がオススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました