筋肉は太くしたくない!筋トレで引き締めたいなら低重量で高回数

スポンサーリンク

筋肉は太くしたくない!筋トレで引き締めたいなら低重量で高回数

細く引き締めたい

キレイになるためには筋トレが必須

キレイになるためには、単純に「体重を落とせば良い」と考える人が多いです。
実際には、体重を落としただけではキレイになることはありません。

人間の体は、脂肪だけを狙い撃ちで落とせるようには出来ていないからです。
脂肪が落ちれば、必ず筋肉も一緒に落ちてしまいます。
筋肉が落ちれば、体のラインが崩れて違和感のあるシルエットになります。

簡単に言えば、げっそりとした不健康な見た目になってしまいます。
家族や周りの友人にも居ませんか?
「体重が落ちた」と喜んでいるけど、不健康な見た目になっている人は多いです。

キレイになるためには、脂肪を落とし筋肉量を維持するというのが正しい方法です。
筋肉量を維持することで、メリハリのついた健康的な見た目になります。

筋肉量を維持するためには、「筋トレ」をすることが最も有効です。
つまり、キレイになるためには「筋トレ」が必須なのです。

モモイ
モモイ

筋肉が落ちると、基礎代謝が減っちゃうよ
基礎代謝が減ると、リバウンドして体重が元に戻りやすくなるよ

筋肉を引き締めたいけど太くしたくない

とはいえ、筋トレで「筋肉が太くなり過ぎるのでは?」という心配もあります。

キレイになりたいだけなのに、気がつけばボディビルダーのような太い手足になっていたら困ってしまいますよね?
はっきり言って、長い年月と相当な努力をしなければ、そこまで太くはなりません。

それでも心配な人には、良い筋トレ方法が1つあります。
太くなりにくい筋肉を鍛えれば良いのです。

具体的には「遅筋」という、太くなりにくい種類の筋肉を鍛える方法です。
太くなりにくいとはいえ、十分に引き締め効果は期待できます。

モモイ
モモイ

そう簡単に筋肉は太くならないから安心して

引き締めたいなら遅筋を鍛えよう

筋肉には、「速筋」と「遅筋」という2種類の筋肉があります。

速筋は太くなりやすく遅筋は太くなりにくいという特徴があります。
筋肉を太くしたいボディビルダーは、太くなりやすい「速筋」を鍛えています。
反対に、筋肉を細く引き締めたい人は「遅筋」を鍛えればOKです。

では、どうやって「遅筋」を鍛えれば良いのでしょうか?
遅筋を鍛えるためには、「低重量で高回数」というのが基本になります。
自分が軽いと感じる重量で、20回〜30回の筋トレを行うだけでOKです。

軽い重量で筋トレをするなら、自分の体重を利用した自重トレーニングが最適です。
また、1キロ〜3キロ程度の軽いダンベルを使うのも良いでしょう。

遅筋を鍛える筋トレを続けていれば、自然と筋肉が引き締まっていきます。
キレイになるために、遅筋を鍛える筋トレを続けていきましょう。

モモイ
モモイ

低重量で高回数なら誰でも出来るね!
自重トレーニングや軽いダンベルを使って自宅で試してみよう

筋トレの効果を上げたいならタンパク質をとろう

筋トレの効果を上げるためには、多くのタンパク質をとる必要があります。

筋トレをしている人なら、体重1kgにつき1.5g〜2.0gのタンパク質が必要です。
体重が50kgの人の場合だと、必要なタンパク質の量は約75g〜100gになります。
タンパク質は、肉類や魚類、大豆製品に多く含まれます。

肉や魚などの、タンパク質を中心とした食生活に変えていきましょう。
食事からタンパク質がとれなかった日は、プロテインで補うのがオススメです。
プロテインを1杯飲めば、約20gのタンパク質をとることができます。

プロテイン、筋肉サプリ、スポーツウェアの海外通販【Myprotein】

また、タンパク質をとることで、美しい肌や艶のある髪も手に入ります。
筋トレとタンパク質の相乗効果で、よりキレイになっていくことができます。

モモイ
モモイ

普通の食生活だと、必要なタンパク質が半分もとれていないよ
肉や魚を中心にした食卓にしていこう!

まとめ

  • 体重を落としただけではキレイにならない
  • 筋肉量を維持することで、メリハリのついた健康的な見た目になる
  • 太くなるのが心配なら、「遅筋」という太くなりにくい筋肉を鍛える
  • 遅筋を鍛えるためには、「低重量で高回数」というのが基本
  • 筋トレの効果を上げるためには、多くのタンパク質が必要
  • 肉や魚などの、タンパク質を中心とした食生活に変えていこう

コメント

タイトルとURLをコピーしました