ビタミンBで痩せた!太る原因は栄養不足だった

ビタミンBで痩せた

食べ過ぎることだけが、太ってしまう原因ではありません。

最近では、あまり食べていないのに太ってしまい、さらに食事の量を減らしてもなかなか痩せることができないという人が多くいます。

なぜ、そんなことになってしまうのでしょうか?

あまり食べていないのに太ってしまう原因は「ビタミンB」の不足です。

ビタミンBを意識してとることで、食べても太りにくい体になっていくことができます。

スポンサーリンク

なぜ「ビタミンB」をとると痩せることができるのか?

では、なぜ「ビタミンB」をとると痩せることができるのでしょうか?

結論から言えば、ビタミンBは三大栄養素の代謝を高めてくれる栄養素だからです。

三大栄養素は、糖質・脂質・タンパク質のカロリーを持つ3つの栄養素のことで、代謝とはその栄養素をエネルギーに変えることを意味しています。

そして、エネルギーに変わらなかった三大栄養素は、そのまま脂肪として蓄積されるか、もしくは体外へ排出されてしまいます。

つまり、ビタミンBを多くとれば、三大栄養素がエネルギーに変わりやすくなり、結果的に体に脂肪がつきにくくなるのです。

反対に、ビタミンBが不足すれば、三大栄養素がエネルギーに変わらずに、そのまま脂肪になる可能性がぐんと高まってしまうでしょう。

ビタミンBの不足が、あまり食べていないのに太ってしまう原因の1つです。

「ビタミンB」がとれて代謝が良くなる食べものは?

ビタミンBをとれば、体に脂肪がつきにくくなるということをお話してきました。

では、多くのビタミンBがとれる食べものは何でしょうか?

ビタミンBにもいくつか種類がありますが、今回は三大栄養素の代謝に関係している、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6について考えていきましょう。

三大栄養素の代謝を高めるビタミンB
  • 糖質の代謝を高める:ビタミンB1
  • 脂質の代謝を高める:ビタミンB2
  • タンパク質の代謝を高める:ビタミンB6

糖質の代謝を高める:ビタミンB1

糖質は、人間のメインエネルギーになる重要な栄養素ですが、脂肪になりやすいという大きなデメリットがある栄養素です。

しかし、糖質は白米やパンなどの主食に多く含まれているため、なかなか避けることが難しい栄養素でもあります。

そのため、糖質の代謝を高めてくれるビタミンB1を積極的にとっていきましょう。

ビタミンB1は、おかずになる豚肉や、大豆製品である豆腐や納豆に多く含まれています。

飽きずに食べられるものを選び、毎日の食卓に必ず出していくのが理想です。

糖質を多く含む食べ物
  • 白米
  • パスタ
  • パン類
  • めん類
  • 芋類
ビタミンB1を多く含む食べ物
  • 豚肉
  • 大豆
  • レバー
  • 玄米
  • ナッツ類

脂質の代謝を高める:ビタミンB2

脂質は、細胞膜やホルモンをつくる原料となり、体温調整をはじめ、体の様々な機能に関係している栄養素です。

しかし、脂質は「揚げ物」や「バターを使った商品」などに大量に含まれているため、現代ではとりすぎている人が多い栄養素だと言われています。

そんな脂質の代謝を高めるために、牛乳や鶏卵に含まれているビタミンB2をとっていきましょう。

私がオススメするのは、鶏卵を使った卵料理です。

焼くだけで簡単にできあがるし、他の具材との相性も良いく、半熟卵や完熟卵にしておけば、料理のトッピングにもなります。

鶏卵は、1日1個〜2個は必ず食べたい食材ですね。

脂質を多く含む食べ物
  • 揚げ物
  • ケーキ
  • クロワッサン
  • チョコレート
  • バター
ビタミンB2を多く含む食べ物
  • 鶏レバー
  • うなぎ
  • 牛乳
  • 鶏卵
  • きくらげ

タンパク質の代謝を高める:ビタミンB6

タンパク質は、筋肉や肌、爪や髪、内臓などの材料になる栄養素です。

また、酵素の材料、細胞分裂や体調維持、獲得免疫機能など、役割は多岐に渡ります。

現代において、タンパク質は不足することが多いので、そこまで脂肪になる心配はありません。

しかし、やはり食べ過ぎれば脂肪になってしまうため、タンパク質の代謝を高めるビタミンB6をとっていきましょう。

ビタミンB6は、かつおやバナナ、鶏むね肉に多く含まれています。

特にオススメは鶏むね肉で、タンパク質とビタミンB6を同時にとることが可能です。

また、バナナも食べやすいのでおやつ代わり食べてみてはどうでしょうか?

タンパク質を多く含む食べ物
  • 肉類
  • 魚類
  • 大豆製品
  • 鶏卵
  • 乳製品
ビタミンB6を多く含む食べ物
  • かつお
  • まぐろ
  • さんま
  • バナナ
  • 鶏むね肉

十分な栄養をとって体の働きを活発にしていこう

ビタミンBを多くとることで、三大栄養素の代謝が高まり、結果的に結果的に体に脂肪がつきにくくなるということをお話してきました。

ビタミンB以外でも、色々な栄養素をとることで脳や内臓の働きを活発にしていくことが可能です。

脳や内臓の働きが活発になれば、それだけ基礎代謝が向上して、1日に消費されるカロリーをぐんと高めることができます。

カロリー制限も大切ですが、必要な栄養素をしっかりとることが、ダイエットを成功の秘訣です。

まとめ

  • あまり食べていないのに太ってしまう原因は「ビタミンB」の不足
  • ビタミンBは三大栄養素の代謝を高めてくれる栄養素
  • ビタミンB1は糖質の代謝を高め、ビタミンB2は脂質の代謝を高め、ビタミンB6はタンパク質の代謝を高めることができる
  • ビタミンB以外でも、色々な栄養素をとることで基礎代謝を向上させることができる

コメント

タイトルとURLをコピーしました