ジムのマシンで背中の筋肉を鍛えよう【筋トレ】【ラットプルダウン】

スポンサーリンク

背中のトレーニングは難易度が高いと言われています。
日常生活で、背中の筋肉は意識をして使っていません。そのため、筋肉の収縮のコツが掴みづらいと言われています。また、背中を確認しながらトレーニングすることも出来ないことも原因の1つです。

筋トレの初心者は、背中のトレーニングが正しく行うために、難易度が低いトレーニングから行うことをオススメします。マシンを使ったトレーニングであれば、初心者でも正しくトレーニングすることができます。

今回は、背中の筋肉を鍛えるマシン、ラットプルマシンを使ったトレーニングをご紹介します。僧帽筋広背筋をメインで鍛えるマシンです。
同じく、背中を鍛える代表的なマシンで、ロープーリーマシンがあります。ロープーリーは前から後ろに引く、ラットプルは上から下に引く、といった違いがあります。それぞれ、違う種類の負荷を背中にかけることができます。実際のジムでの使われ方を見ると、両方のマシンを使ってトレーニングする人が多いです。

ジムのマシンで背中の筋肉を鍛えよう

僧帽筋と広背筋

僧帽筋・広背筋を鍛えるメリット

  • 広い背中を作ることができる
  • 背中が逆三角形になる
  • 体の厚みが出る
  • 肩こりが改善する
  • 姿勢が良くなる
  • 基礎代謝がアップする
  • 持ち上げる力が強くなる
  • 腰が引き締まってくびれができる

他の部位に比べ、背中の筋肉の成長は感じづらいと思います。コツが掴めてくると、少しずつ成長していく感じでしょうか。焦らず地道にトレーニングしていきましょう。

ラットプルダウンのやり方

トレーニングの動作は、とても簡単です。
ラットプルマシンのバーを持って、背中の筋肉を使って上から下にバーを動かばOKです。動作は簡単ですが、いくつかポイントを抑えておく必要があります。

ポイント

  • バーを広めに持つ
  • 広背筋の収縮を意識する
  • 引いたときに、肩を下げて肩甲骨を寄せる
  • 腕の力で引かないように気をつける

とても分かりやすい動画をご紹介します。
このトレーナーさんの様にカッコいい背中を目指したいですよね。

ラットプルダウンのフォーム|広背筋を効果的に効かせるやり方

まとめ

  • 背中は目で確認することができないので、トレーニングは難易度が高い
  • ラットプルマシンを使えば、初心者でも簡単にトレーニングすることができる
  • ラットプルマシンは僧帽筋と広背筋を鍛えることができる
  • 背中の筋肉の成長は感じづらいので、地道なトレーニングが必要

コメント

タイトルとURLをコピーしました