チキンレッグは超ダサい!脚や下半身の筋肉もしっかりと鍛えよう

チキンレッグ

筋トレをしている人なら、誰でも一度は「チキンレッグ」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

残念ながら、あまり良い意味の言葉では無く、むしろとても不名誉な言葉になります。

頑張って筋トレをしているのに「チキンレッグ」と言われないためにも、チキンレッグにならないためにどうすれば良いかを考えていきましょう。

スポンサーリンク

そもそも「チキンレッグ」ってどういう意味なの?

そもそも「チキンレッグ」とは、一体どういう意味なのでしょうか?

実は、そのままの意味で「チキン=鶏」「レッグ=脚」という訳になり、合わせると「鶏のように細い脚」という意味になります。

さらに、鶏は脚は細いですが、脚以外の上半身はムキムキで筋肉質ですよね?

つまり、筋トレ界で言うチキンレッグとは、「上半身はムキムキなのに、下半身は鶏のように細い」という不名誉な意味になるのです。

なぜ「チキンレッグ」になる人がいるの?

疑問

では、なぜチキンレッグになってしまう人がいるのでしょうか?

チキンレッグになってしまう主な理由は次の通りです。

チキンレッグになってしまう主な理由
  • 上半身ばかりを鍛えているから
  • 脚の筋トレはツライから
  • 洗面台の鏡で自分の体をチェックしているから

上半身ばかりを鍛えているから

筋トレをしている人の多くは、体の見栄えを良くしたいと考えています。

そして「分厚い胸の筋肉」や「大きな背中の筋肉」、「美しいシックスパックの腹筋」など、体の見栄えを良くする筋肉は「上半身」に集中しているのです。

必然的に上半身ばかりを鍛えることになり、下半身の筋トレは後回しになってしまうでしょう。

結果的に上半身の筋肉ばかりが成長することになり、下半身の筋肉はそのままという「チキンレッグ」と言われる体型になってしまうのです。

脚の筋トレはツライから

上半身の重さを常に支え続けている脚の筋肉は、とても大きくて強い筋肉の塊だと言えます。

ベテランのトレーニーにもなれば、自分の体重以上の重りを付けたバーベルを担いだ状態で、何度もスクワットをこなせるほどでしょう。

しかし、筋肉が大きくて強い分、脚の筋トレはとても過酷なのです。

もちろん、上半身の筋トレも過酷だと言えますが、下半身の筋トレはその比ではありません。

1セットやるごとに息が上がり、しばらく動けなくなってしまうでしょう。

好きでやっているとはいえ、なるべくツライ事からは逃げたいのが人間ですよね?

ツライ脚トレから逃げ続けた結果、下半身の筋肉が成長せずに「チキンレッグ」になってしまったのです。

洗面台の鏡で自分の体をチェックしているから

脚の筋トレをしていても、「チキンレッグ」になってしまうことはあり得ます。

なぜなら、自分がチキンレッグになっていることに気づいていない人が一定数いるからです。

「えっ?自分で気づかない事なんてあり得るの?」と疑問に感じる人もいるかもしれませんが、どこで自分の体をチェックしているのかを良く考えてみてください。

自分の体をチェックするときは、洗面台の鏡を使っている人が多いのではないでしょうか?

お風呂に入るときには必ず裸になるため、お風呂場の隣にある洗面台の鏡は、自分の体をチェックするのにとても便利です。

しかし、洗面台の鏡では上半身しかチェックすることができません。

結果的に、自分の体の上半身と下半身のバランスを確認することができないため、自分がチキンレッグになっていることに気づけないのです。

体全体のバランスを確認するためには、全身が映る姿見などのを利用したり、スマホを固定して写真や動画を撮影するなどの工夫をしていきましょう。

「チキンレッグ」の何がダメなの?

チキンレッグになると、一体何がダメなのでしょうか?

チキンレッグがダメな主な理由について考えていきましょう。

チキンレッグがダメな主な理由
  • 体のバランスが悪くなる
  • 過酷な脚の筋トレから逃げた腰抜けだと思われる
  • ケガをする原因になる

体のバランスが悪くなる

チキンレッグの最大のデメリットは、体のバランスが悪くなってカッコ悪く見えることです。

もちろん、好みにもよるので一概には言えませんが、ムキムキの上半身に貧弱な脚がついているようでは、何か違和感がある体になってしまいます。

例えば、右腕だけがムキムキの人がいると「あれ?」となるのではないでしょうか?

それと同じことが上半身と下半身で起こっています。

上半身がムキムキなら、それに見合ったムキムキの下半身が自然です。

もし、「脚を太くしたくない」「細い脚の方がカッコいい」という人なら、上半身の筋トレもほどほどにしておいた方がバランスがとれて見栄えが良くなるでしょう。

過酷な脚の筋トレから逃げた腰抜けだと思われる

筋トレ

脚の筋トレが過酷だということは、トレーニーの中では常識だと言えます。

そのため、チキンレッグの人は他のトレーニーから「過酷な脚の筋トレから逃げた腰抜け」だという目で見られることになります。

さすがに、直接「お前は腰抜けだ!」と伝えに来る人はいないでしょうが、多くの筋トレ仲間からそう思われているという事を認識しておく必要があるでしょう。

特に、ジムに通っている人なら注意が必要です。

ケガをする原因になる

筋肉がついてくると、どんどん自分の体重は増えていくことになります。

上半身ばかりを鍛えていると、結果的に重くなった上半身の重量を、鍛えていない細い脚の筋肉で1日中支え続けていかなければなりません。

さらに、体の重心もズレてくるためバランスをとるのが難しくなります。

結果的に、膝や足首に余計な負担がかかるため、怪我をするリスクが高まるでしょう。

筋トレ中はもちろん、日常生活でも不意に足首を捻ってしまったり、バランスを崩して転んで怪我をしてしまうかもしれません。

怪我のリスクを少なくするためにも、脚をきっちりと鍛えておいた方が良いと言えます。

「チキンレッグ」と言われないために下半身の筋肉も鍛えていこう

「チキンレッグの何がダメなのか?」についてお話してきました。

「体の見栄えを良くするため」や「怪我を防止するため」にも、やはりチキンレッグになることは回避した方が良いと言えます。

そのためにも、下半身の筋肉を積極的に鍛えていきましょう。

下半身の主な筋肉
  • 大腿四頭筋(太もも表側の筋肉)
  • ハムストリングス(太もも裏側の筋肉)
  • ヒラメ筋(ふくらはぎの筋肉)

大腿四頭筋(太もも表側の筋肉)

大腿四頭筋は、太もも表側にある大きな筋肉です。

大腿四頭筋を鍛えるなら、脚の筋トレの代表格である「スクワット」「ダンベルスクワット」がオススメの筋トレになります。

普通のスクワットだと負荷が軽すぎるという人なら、ダンベルを持って行うダンベルスクワットで負荷を増やしていくという方法が良いでしょう。

ダンベルを持っていないという人なら、ペットボトルに水を入れて代わりにするか、何か重いものを抱えながら行っても負荷を高めることが可能です。

また、スクワットなら太ももの裏側の筋肉である「ハムストリングス」も同時に鍛えることができるというメリットもあります。

【自宅筋トレ】なかやまきんに君の正しいスクワットを学ぼう。
ダンベルスクワットの正しいやり方!効果的なフォームやバリエーションを解説

ハムストリングス(太もも裏側の筋肉)

ハムストリングスは、太ももの裏側にある筋肉です。

鍛えることで下半身が安定するため、他の筋トレをするときにも大いに役立ちます。

ハムストリングスを鍛えるなら「ブルガリアンスクワット」「バックランジ」がオススメの筋トレです。

正しいフォームで行えば見た目よりもかなりキツイ筋トレになりますが、それでも負荷が足りないという人は、ダンベルなどの重りを持って行っていきましょう。

ブルガリアンスクワットのやり方!フォームやバリエーションを解説
バックランジ!ダイエットに効果的な脚トレシリーズ#1

ヒラメ筋(ふくらはぎの筋肉)

ヒラメ筋は、ふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎの筋肉は、「第二の心臓」とも呼ばれており、心臓から下半身に送られた血液を、重力に逆らって心臓に戻すという大切な役割があります。

血行が良くなればその分、筋トレ自体ののパフォーマンスが高くなるのはもちろん、筋肉の成長にも大いに役立ってくれるでしょう。

ヒラメ筋を鍛えるなら、背伸びを繰り返すだけという「カーフレイズ」がオススメです。

ただし、頑張りすぎると足首を痛めてしまうことがあるため、慣れないうちは壁や椅子に体重を預けながら行った方が良いでしょう。

【初心者向け】ふくらはぎを鍛える筋トレ「カーフレイズ」の正しいポイント動画

まとめ

  • チキンレッグとは、「上半身はムキムキなのに、下半身は鶏のように細い」という意味
  • チキンレッグになってしまう主な原因は「上半身ばかりを鍛えているから」「脚の筋トレはツライから」「洗面台の鏡で自分の体をチェックしているから」などがある
  • チキンレッグがダメな理由には「体のバランスが悪くなる」「過酷な脚の筋トレから逃げた腰抜けだと思われる」「ケガをする原因になる」などがある
  • チキンレッグにならないためにも「大腿四頭筋」「ハムストリングス」「ヒラメ筋」などの下半身の筋肉を鍛えていくことが大切

コメント

タイトルとURLをコピーしました