リバウンド後のダイエットは痩せない!まず痩せる体づくりから始めよう

リバウンド後のダイエットは痩せない

リバウンド後にダイエットを再開しても、なかなか痩せることができずに困っている人も多いのではないでしょうか?

「ダイエット前より痩せにくくなっている気がする」というのは決して気のせいではありません。

実際に、リバウンド後の体は痩せにくい状態になっているため、そのままダイエットを再開してもうまく痩せていくことは難しいと言えます。

では、どうすれば良いのでしょうか?

その答えは単純で、体の痩せにくい状態を改善することから始めれば良いのです。

あらかじめ「痩せる体づくり」を行っておくことで、その後のダイエットで順調に痩せていくことができるようになるでしょう。

スポンサーリンク

リバウンド後のダイエットが痩せない原因は?

まずは、リバウンド後のダイエットが痩せない原因について考えていきましょう。

痩せない原因は、そのまま「痩せる体づくり」のヒントになります。

リバウンド後のダイエットが痩せない主な原因
  • 【その1】体が省エネモードになっているから
  • 【その2】大きく筋肉量が減少したから
  • 【その3】年齢を重ねたから

【その1】体が省エネモードになっているから

多くの人がやってしまうのが、自分の体を不健康にしてしまう間違ったダイエットです。

間違ったダイエットをすことで、体が危機を感じて省エネモードになってしまうため、その後のダイエットでなかなか痩せることができなくなります。

間違ったダイエットの例
  • 食べない
  • 糖質完全カット
  • これだけ食べる

間違ったダイエットに共通していることは、体が極端な栄養不足になってしまうことです。

体が極端な栄養不足になることで、体は「このままではヤバい!」と非常に強い危機感を抱いてしまうことになるでしょう。

危機感を抱いた体は、脳や内臓の機能を低下させて、何よりも「生命維持」を優先させます。

それは、結果的にカロリーがうまく消費されない「痩せにくく太りやすい体」になってしまうことを意味しているのです。

栄養不足

そのような体の状態のままでダイエットを終えると、一体どうなるでしょうか?

もちろん直ぐにリバウンドすることになり、さらに「痩せにくく太りやすい体」は当面の間維持され続けることになります。

つまり、「リバウンド後のダイエットで痩せない」ということになるのです。

体が一度抱いた危機感は、なかなか払拭することができません。

間違ったダイエットをしてしまうと、後々に大きなしっぺ返しが待っているのです。

【その2】大きく筋肉量が減少したから

ダイエットで減るのは脂肪だけだと思いがちですが、実は脂肪と一緒に筋肉も減少しています。

普通にダイエットをしただけでも減少する筋肉ですが、選んだダイエット方法によっては、さらに大きく筋肉量が減少してしまうことになるでしょう。

大きく筋肉量が減少する主な理由
  • 筋トレをしていない
  • 何も運動していない
  • 十分なタンパク質をとっていない

筋肉を維持するためには、「筋トレ」や「運動」をすることが必要不可欠です。

さらに、筋肉の材料となるタンパク質を十分にとっていなければ、どんどん筋肉量は減少してしまうことになるでしょう。

では、筋肉量が減少することで、どんなデメリットがあるのでしょうか?

大きく筋肉量が減少する

実は、ダイエットの強い味方となる基礎代謝は、体の筋肉量に比例するため、大きく筋肉量が減少してしまえば、結果的に「痩せない体」になってしまうのです。

つまり、大きく筋肉量が減少した体では、以前のように簡単に痩せることはできません。

大きく筋肉量が減少するようなダイエットを繰り返していると、ダイエットの難易度がどんどん高くなっていくことになるのです。

【その3】年齢を重ねたから

残念ながら、人間は年齢を重ねるごとに、どんどん痩せにくい体になっていきます。

なぜなら、年齢を重ねるほどに「筋肉量の減少」「内臓の働きが悪くなる」などによって、基礎代謝が低下してしまうからです。

実際に、「若い頃よりも痩せなくなった」と感じている人も多いのではないでしょうか?

しかし、何も諦める必要はありません。

幸いなことに、筋肉は年齢に関係なく鍛えることで大きく成長していくのです。

また、体の栄養状態を良くしたり血流を良くすることで、内臓の働きも良くなっていきます。

年齢を重ねることで痩せにくい体になることは1つの事実ですが、自分の努力や工夫によって痩せやすい体になっていくことができるのです。

ダイエットの前に「痩せる体づくり」から始めよう

「リバウンド後のダイエットが痩せない原因」についてお話してきました。

リバウンド後は、本格的なダイエットを再開する前に、まずは「痩せる体づくり」から始めることをオススメします。

あらかじめ痩せやすい体になっておくことで、本来のダイエットの効果を100%得ることができるようになるでしょう。

また、痩せる体づくりをしていく過程でも、余計な脂肪を落とせるというメリットもあります。

痩せる体になるためのオススメの方法
  • 【その1】筋トレをする
  • 【その2】タンパク質中心の食生活にする
  • 【その3】栄養価の高いものを食べる
  • 【その4】歩く距離を増やす
  • 【その5】血行を良くする
  • 【その6】十分な睡眠をとる

【その1】筋トレをする

まずは、筋トレをすることで、ダイエットで失ってしまった筋肉を取り戻しましょう。

「筋肉を増やすなら、他の運動やスポーツでも良いのでは?」と思うかもしれませんが、他の運動やスポーツでは、筋肉にかかる負荷が足りません。

筋肉を大きく成長させるためには、できるだけ筋肉に強い負荷を与えて「筋肉を成長させないと危険だ!」と自分の脳に危機だと感じさせる必要があります。

つまり、筋トレという強度の高い運動をすることで、脳が危機を感じて今よりも筋肉を成長させようとするのです。

そんな筋トレをには、筋肉を大きく成長させる以外にも、多くのメリットがあります。

筋トレをすることのメリット
  • 筋肉が大きく成長する
  • 基礎代謝が高まる
  • 引き締まったスタイルになる
  • 血行が良くなる
  • 筋トレをすること自体でカロリーが消費される
  • ストレスが解消される
  • 体温が高くなり免疫力が向上する

筋トレをすることで、基礎代謝が高まるのはもちろん、カロリー消費やストレスの解消、免疫力の向上などの効果まで期待できるのです。

反対に、筋トレのデメリットとしては「面倒」や「ツライ」ということでしょうか。

三日坊主にならずに筋トレを長く続けていくためには、面倒やツライという負の感情を、できるだけ抑えていくことが大切です。

筋トレ

そのためにも、まずは最初から全力で筋トレを頑張るのでは無く、「短時間」や「少ない回数」といったハードルを低く設定した状態で始めてみましょう。

ハードルを低く設定することで、面倒やツライといった負の感情が薄れていきます。

そして、どんなことでも続けてさえいれば、「習慣化」の力によって歯磨きや洗顔と同様に、毎日当たり前のように続けていくことができるようになるのです。

【その2】タンパク質中心の食生活にする

タンパク質

厳密に言えば、筋トレは筋肉を破壊する運動であり、実際に筋肉が大きく成長するのは、破壊された筋肉が修復されるときになります。

そして、筋肉を修復するためには、筋肉の材料となる「タンパク質」という栄養素が必要です。

タンパク質を多く含む食材
  • 肉類
  • 魚類
  • 大豆製品
  • 鶏卵
  • 乳製品

効率よく筋肉を大きく成長させるためにも、筋トレをするだけでは無く、積極的に毎日の食事から「タンパク質」をとっていきましょう。

つまり、タンパク質中心の食生活にすることで、リバウンド前のダイエットで失った筋肉を取り戻しやすくなるのです。

また、その他にも、タンパク質をとるメリットは多くあります。

タンパク質をとるメリット
  • 筋肉の材料となる
  • 美容効果が高い(肌や髪、爪の材料になる)
  • 腹持ちが良く空腹になりづらい
  • 脂肪になりにくい
  • 免疫力が向上する

タンパク質は、筋肉の材料となることはもちろん、美容やダイエットにも良い影響を与えることができるのです。

では、1日にどれくらいのタンパク質量をとれば良いのでしょうか?

1日に必要なタンパク質量の目安は、その人の体重に比例すると言われています。

具体的には、積極的に筋肉をつけたい人なら、1日に体重1kgにつき1.5g〜2.0gのタンパク質をとった方が良いでしょう。

1日に必要なタンパク質量(体重1kgにつき1.5g〜2.0g)
  • 【体重40kgの人】:約60g〜80g
  • 【体重50kgの人】:約75g〜100g
  • 【体重60kgの人】:約90g〜120g
  • 【体重70kgの人】:約105g〜140g
  • 【体重80kgの人】:約120g〜160g
  • 【体重90kgの人】:約135g〜180g

毎日、これだけ多くのタンパク質をとるためには、自炊でも外食でも肉や魚などのタンパク質をメインに食べていくことが大切です。

とはいえ、うまくタンパク質をとれない日もあるかもしれません。

そんなときのために、あらかじめプロテインを購入しておくと大変便利です。

最近のプロテインは甘くて美味しい商品が多く、水に溶かして飲むだけで、1杯あたり約20gのタンパク質をとることができます。

プロテイン、筋肉サプリ、スポーツウェアの海外通販【Myprotein】

【その3】栄養価の高いものを食べる

ダイエットによって栄養不足になった体は「省エネモード」になってしまいます。

体が省エネモードになると、体は脳や内臓の機能を低下させて「生命維持」を優先するため、リバウンド後もしばらくは「痩せにくく太りやすい体」になってしまうでしょう。

まずは、この「痩せにくく太りやすい体」を解消するべきです。

そのためにも、出来るだけ栄養のある食事をとり、「十分な栄養が入ってくるよ」と体を安心させてあげる必要があります。

OK

とはいえ、栄養をとるためにカロリー過多になっては意味がありません。

カロリー過多にならずに栄養をとる一番簡単な方法としては、なるべく栄養価の高いものを優先して食べることです。

私がオススメするのは、「鶏卵(たまご)」と「納豆」になります。

鶏卵(たまご)は、安くて調理も簡単なうえ、どんな料理にでも合うという万能食材です。

また、納豆も「完全食」と言われるほど栄養が豊富なので、どうしても苦手だという人以外は、1日1パックは食べて欲しい食品になります。

栄養価の高いものを毎日食べることで、体は安心して脳や内臓を活性化させてくれるようになり、省エネモードになった体を解消してくれるでしょう。

【その4】歩く距離を増やす

普段の生活の中では、あまり歩かないという人も多いかもしれません。

しかし、歩くという運動には多くのメリットがあるため、痩せる体づくりのためには欠かせない運動だと言えます。

ぜひ、普段の生活の中でも、なるべく歩く距離を増やしていきましょう。

「歩く」という運動のメリット
  • 簡単で続けやすい
  • 減少した筋肉を通常量まで戻す
  • 脂肪をメインエネルギーとする運動(有酸素運動)
  • 骨を強くする
  • 多くの筋肉が使用されるため血行が良くなる
  • 気分転換になりストレスが軽減する

歩くという運動の最大のメリットとしては、ダイエットで大きく減少してしまった筋肉を、通常量まで戻してくれることです。

意外にも歩くという運動は、人間の体の中の多くの筋肉が利用されます。

背筋を伸ばして腕を振って歩くことで、全身の約80%の筋肉が利用されると言われており、歩くだけでもある程度の筋肉量を取り戻すことができるのです。

歩く

目的地までの道を遠回りしたり、わざと一駅手前で降りて歩いたり、できるだけ乗り物を使わないようにしたり、と色々な工夫をして歩く距離を増やしていきましょう。

ただし、筋トレとは違って積極的に筋肉を増やしていくことはできません。

筋肉を増やすのであれば、やはり筋トレの方が最適だと言えます。

【その5】血行を良くする

痩せる体づくりをするうえで、血行を良くすることはとても大切です。

血行を良くすることで、脳や内臓、体の隅々の細胞に至るまで、十分な「酸素」と「栄養素」を送り届けることができます。

十分な酸素と栄養素が送り届けられることで、脳や内臓の働きが活性化するため、結果的に1日に消費されるカロリーを増やすことが可能です。

血行を良くするための方法
  • 水を多く飲む
  • 全身浴をする
  • 適度に運動をする
  • 適度に休息をとる
  • 悪い食生活を改善する
  • ストレッチをする

血行を良くするための方法は、どれも簡単なものばかりなので、自分が出来そうなものから普段の生活に取り入れていきましょう。

「水を多く飲む」や「全身浴をする」などは一番難易度が低くてオススメです。

また、ストレッチをすることで筋肉と血管の柔軟性も高まり、血行も良くなっていきます。

1日の中で血行の良い状態が続くほど基礎代謝が高まり、特に何もしなくても多くのカロリーを消費することが出来るようになります。

血行を良くして、痩せる体づくりをしていきましょう。

【その6】十分な睡眠をとる

睡眠時間が短ければ、自律神経が乱れる原因になってしまいます。

自律神経が乱れることで、各内臓の活動リズムも乱れることに繋がり、1日に消費されるカロリーがぐんと低下してしまうでしょう。

つまり、睡眠時間が短いという生活が続くほど、知らないうちに「太りやすい体」になってしまっている可能性が高いのです。

睡眠

他の痩せる体づくりを頑張っていても、睡眠時間が短い生活を送っているだけで、すべてが台無しになってしまうかもしれません。

どんなに忙しい毎日だったとしても、何とか「7時間」の睡眠時間は確保しましょう。

また、同時に「質の良い睡眠」にするための工夫もしていくべきです。

「質の良い睡眠」にするための工夫
  • 朝日を浴びる
  • 夜に部屋を暗くする
  • 寝る前に食べない
  • 寝る前にスマホやパソコンを操作しない(ブルーライトを浴びない)
  • 全身浴をする
  • 気がかりや心配事をなるべく解決しておく

どれも簡単にできることばかりなので、どんどん自分の生活に取り入れていきましょう。

リバウンドしない正しいダイエット方法を選ぼう

「リバウンド後のダイエットが痩せない原因」と「痩せる体になるための方法」についてお話してきました。

そもそも、簡単にリバウンドするようなダイエットは、間違ったダイエットだと言えます。

「少しでも早く痩せたい!」という気持ちは分かりますが、間違ったダイエットに手を出してしまえば、一時的には痩せられても直ぐにリバウンドしてしまうでしょう。

二度とリバウンドしないような、正しいダイエット方法を選ぶことが何より大切です。

正しいダイエット方法の基本
  • 十分な栄養をとる
  • 十分な睡眠をとる
  • 筋トレをする

体の機能を低下させないために、十分な栄養と睡眠をとり、筋肉を維持するために筋トレをすることが、正しいダイエット方法の基本的な考え方になります。

正しいダイエット方法の基本を守り、心と体に無理のないダイエットをやっていきましょう。

まとめ

  • リバウンド後にダイエットを再開しても、なかなか痩せることができない
  • あらかじめ「痩せる体づくり」を行っておくことで、その後のダイエットで順調に痩せていくことができるようになる
  • リバウンド後のダイエットが痩せないのは「体が省エネモードになっているから」「大きく筋肉量が減少したから」「年齢を重ねたから」などが原因
  • 痩せる体づくりをするために「筋トレをする」「タンパク質中心の食生活にする」「栄養価の高いものを食べる」「歩く距離を増やす」「血行を良くする」「十分な睡眠をとる」などを行っていく

コメント

タイトルとURLをコピーしました