ダイエットしているのに体重が増えてきたときの原因と対策方法

スポンサーリンク

ダイエットしているのに体重が増えてきたときの原因と対策方法

驚き

ダイエットしているのに体重が増える?

頑張ってダイエットを始めても、体重が減らなければモチベーションが下がりますよね?

体重が減るどころか、逆に体重が増えてしまう人もいます。
ダイエットしているに体重が増えるなんて、やってられない気持ちになってしまいます。

今回は、ダイエットしているのに体重が減らない(逆に増えてしまう)原因と対策方法について考えていきます。
自分の状態と照らし合わせて、うまく対策していきましょう。

ダイエットしているのに体重が増える原因と対策方法

栄養が不足している

一番多い原因は、栄養が不足していることです。
体がうまく機能するためには、色々な種類の栄養素が必要です。

栄養が不足していると、体の機能が低下してしまいます。
体の機能が低下すると、ダイエット成功のの鍵となる基礎代謝も低下することになります。
基礎代謝が低下した状態では、ダイエットがうまくいかないのも当然と言えます。

栄養が不足するのは、主に次の3パターンのダイエット方法です。

カロリーを減らすことばかり考えている

摂取カロリーを減らすことばかりを考えるのはNGです。
結果的に、カロリーが低く、栄養価の低いものを食べていることが多いです。

栄養価が高く、なるべくカロリーが低いものを食べるのが正解です。
1に栄養、2にカロリー、と考えて栄養価の高い食べ物を摂りましょう。

単品ダイエットをしている

「これだけ食べていればダイエットできる!」というダイエットは失敗するでしょう。

最初は、カロリー不足と栄養不足で体重が下がるかもしれません。
続けていると、次第に体の機能が低下して基礎代謝が下がってきます。
そうなると、体重は減らなくなりリバウンド必至の太りやすい体の出来上がりです。

1つの食材や食品から摂れる栄養素は限られています。
栄養不足にならないために、なるべく多くの食材や食品を摂りましょう。

断食や食事回数を減らしている

断食や食事回数を減らすのはNGです。

摂取カロリーは減りますが、次の食事でガッツリと体脂肪が作られることになります。
例えば、朝食を抜けば、昼食を摂った時に体脂肪が作られやすくなります。

1日3食は必ず摂りましょう。

筋肉量が増えた

運動をダイエットに取り入れている場合は、筋肉が付いて体重が増えることがあります。
筋肉は、脂肪よりも体積が小さくて重いので、当然体重が増えます。

筋肉が付くことは、基礎代謝や活動代謝を増やすことにつながります。
簡単に言えば、太りにくい体になっていっているのです。
脂肪が増えていないなら、筋肉量による体重の増加は気にしなくても大丈夫です。

心配なら、体脂肪計を購入して体脂肪率を記録していきましょう。
その際は、体重ではなく体脂肪率を減らしていくことを心がけましょう。
適度に筋肉が付いて体脂肪率が減ると、引き締まった美しいスタイルになります。

体内の水分量が増えた

1日で大きく体重が増えたりすることがあります。
体重が急激に増える原因は、体内の水分量が増えたということが多いです。
体の水分は、いずれ排出されるので気にしなくても大丈夫です。

もし、体がむくみが起こっているなら、塩分の摂りすぎカリウムの摂取不足かもしれません。
塩分を体外に出すために、カリウムを積極的に摂取しましょう。
カリウムは、アボカド、バナナ、ジャガイモ、ホウレンソウに多く含まれています。

体が慣れてしまった

同じダイエット方法を続けていると、体が慣れてしまうことがあります。
例えば、ウォーキングを続けていると体が慣れてしまい、今までよりもダイエットの効果が低くなってしまう場合があります。

そんな時は、別のダイエット方法を試してみるのが良い方法です。
例えば、ウォーキングと筋トレを交互に試してみではどうでしょうか?
違う運動を交互に行うことで、体が特定の運動に慣れてしまうことを防ぎます

食事制限のダイエットの場合でも、今まで食べてこなかった食材をメニューに加えてみたり、食べる量を少し増やしてみたり、と工夫をしてみましょう。
栄養素のバランスが整いダイエットの効果がアップすることがあります。

睡眠が不足している

睡眠時間が短いほど、肥満率が上がるという調査結果があります。
睡眠時間が7時間以下なら、生活を見直して睡眠時間を確保しましょう。

睡眠時間が短ければ、自律神経が乱れ、エネルギー代謝も悪くなり、食欲が増幅されます。
短い睡眠時間は、ダイエットにも健康にも悪影響が出てしまいます。

生活の無駄を省き、十分な睡眠を摂りましょう。

大きくストレスが溜まっている

ストレスが溜まると、体が緊張状態になる時間が増えることになります。

体が緊張状態になる時間が増えることで、自律神経が乱れてしまいます
自律神経が乱れることで、基礎代謝のが低下してダイエットの効果が悪くなります。

基礎代謝の低下を防ぐためにも、ストレスを溜め過ぎないように心がけましょう。
ストレスの原因を取り除くか、なるべくストレスから遠ざかる努力をするべきです。

そもそも食べすぎている

自分では、摂取カロリーを抑えているつもりでも、実は食べすぎていることも多いです。
定期的に、自分が1日に摂取しているカロリーを計算してみましょう。

カロリー計算は面倒ですが、定期的に行うことで新しい発見があったりします。
間食や飲み物を合わせると、かなりのカロリーを摂取していないでしょうか?

もし、食べすぎているようなら、食べる量を少し減らして様子を見ましょう。
同じものを食べても、人によって基礎代謝も吸収量も違ってきます
自分に合った、食事の量を見付けることもダイエットの成功には必要です。

まとめ

  • 頑張ってダイエットを始めても、体重が減るどころか、逆に体重が増えてしまう人もいる
  • 原因としては「栄養が不足している」「筋肉量が増えた」「体内の水分量が増えた」「体が慣れてしまった」「睡眠が不足している」「大きくストレスが溜まっている」「そもそも食べすぎている」が考えられる

コメント

タイトルとURLをコピーしました