バンザイ・サイドベンドで腹斜筋を鍛えよう!【自重・自宅で出来る】

腹斜筋

腹斜筋は普段の生活の中では、ほとんど使われることが無いと言われています。

私も、初めて耳にした時は一体どこの筋肉なのか分かりませんでした。

腹斜筋は、お腹周りの筋肉を構成する腹筋群の一部でもあります。

腹直筋と一緒に鍛えておくことで、引き締まった理想のお腹を手に入れることが可能です。

今回は、自重で腹斜筋を鍛えることができる、バンザイ・サイドベンドをご紹介します。

道具不要で、気軽に立ったままでトレーニングする事ができるオススメの筋トレです。

スポンサーリンク

腹斜筋ってどこの筋肉なの?

「腹斜筋」とは一体どこにある筋肉なのでしょうか?

腹斜筋は、体の両側についている筋肉で、肋骨(ろっこつ)の下側から骨盤にかけて付いている筋肉になります。

鍛えることで、「ウエストのくびれ」「ぽっこりお腹の引き締め」が可能です。

また、左右から「腹直筋」を包み込んでいる筋肉なので、腹筋を目立たせる効果も期待できます。

腹斜筋では無く「腹直筋」を鍛えたい場合は、「プランク」がオススメです。

バンザイ・サイドベンドと同様、手軽にできる腹筋トレーニングの1つになります。

腹斜筋を鍛えるメリット

腹斜筋を鍛えることで、どんなメリットがあるのでしょうか?

主なメリットについて考えていきます。

腹斜筋を鍛えるメリット
  • 肋骨が目立たなくなる
  • 腹直筋の見栄えが良くなる
  • 内臓の位置が安定して基礎代謝がアップ

肋骨が目立たなくなる

せっかく大胸筋を鍛えても、肋骨が見えていては良い印象を与えることができません。

腹斜筋は、肋骨の下側から骨盤にかけて付いている筋肉です。

腹斜筋を鍛えることで、肋骨の下部を覆い隠して目立たなくする効果が期待できます。

きっちりと腹斜筋も鍛え上げて、肋骨を目立たなくしていきましょう。

腹直筋の見栄えが良くなる

6つに割れた美しい腹直筋は、すべての人の憧れといっても過言ではありません。

腹直筋を鍛えて、シックスパックを目指している人も多いのではないでしょうか?

しかし、腹直筋を鍛えるだけでは不十分です。

腹直筋は、あくまで腹部の前面についている筋肉になります。

腹直筋をいくら鍛えても、腹筋の側面を鍛えることはできません。

腹筋の側面を鍛えなければ、引き締まったくびれを作り上げることは不可能です。

腹斜筋を鍛えることで、腹筋の側面を鍛えることができます。

美しいシックスパックを完成させるためにも、腹斜筋をきっちりと鍛えて、引き締まったくびれを手に入れましょう。

内臓の位置が安定して基礎代謝がアップ

腹斜筋を鍛えることで、左右からの圧力により内蔵の位置を安定させることが可能です。

内臓の位置が安定することで、消化や吸収、血流が良くなります。

消化や吸収、血流が良くなれば、それだけ体の機能が活性化されて基礎代謝がアップするのです。

基礎代謝がアップするほど、それだけ痩せやすい体をつくることができます。

永続的なダイエット効果を得たいなら、腹斜筋を鍛えて基礎代謝をアップさせていきましょう。

バンザイ・サイドベンドのやり方

バンザイ・サイドベントのやり方は、とても簡単です。

バンザイをした状態で、上半身を伸ばしたまま体を左右に曲げていけばOKです

大きな動作で、ゆっくりと行えば効果がアップします。

慣れるまでは無理をせずに、軽めに行いましょう。

バンザイ・サイドベンドのやり方
  1. 足を肩幅に開く
  2. 両腕を頭の上に伸ばす(バンザイする)
  3. 伸ばしたまま、上半身を左右に傾ける(腹斜筋がギリギリまで伸びていることを意識する)

とても分かりやすく説明してくれている動画をご紹介します。

バンザイサイドベンド

バンザイ・サイドベンドに慣れてくれば、ダンベルを使ったサイドベンドも試してみましょう。

ダンベルの重さの分だけ、強度が増して効率よくトレーニングできます。

まとめ

  • 腹斜筋は、腹筋群の一部。腹筋と一緒に鍛えることで、引き締まったお腹が手に入る
  • 腹斜筋を鍛えることで、「肋骨が目立たなくなる」「腹直筋の見栄えが良くなる」「内臓の位置が安定して基礎代謝がアップ」などの効果が期待できる
  • バンザイ・サイドベンドは、立ったままで手軽にトレーニングできる

他の自重トレーニングと組み合わせて、全身をバランス良く引き締めていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました