自宅で上腕二頭筋(力こぶ)を鍛えよう【パーム・カール】【自重トレーニング】

スポンサーリンク

筋肉の代表格と言えば、上腕二頭筋(力こぶ)です。
筋トレをするなら、男らしい上腕二頭筋を手に入れたいですよね?

通常、上腕二頭筋はダンベルやバーベルで鍛えるのが一般的です。
ただ、ダンベルやバーベルが家にある人は少ないのでは無いでしょうか?

今回は、そんな人のために、道具が無くても二頭筋を鍛えられるトレーニングをご紹介します。
自分の腕だけを使った、「パーム・カール」と言うトレーニングです。

「パーム・カール」だと物足りなくなってきた場合は、スポーツジムに通うか、ダンベルの購入を検討しましょう。
ダンベルがある場合は、「ダンベルカール」がオススメです。

自宅で上腕二頭筋(力こぶ)を鍛えよう

上腕二頭筋

上腕二頭筋(力こぶ)を鍛えるメリット

  • 男らしい力こぶができる
  • 筋トレのモチベーションが上がる
  • 引く力や持ち上げるが強くなる

力こぶは、筋肉の代表格です。
私が筋トレを始めた時は、筋トレの効果を確認するために、何度も力こぶを確認していました。

他の筋肉に比べると、自分でも簡単に見ることができる位置にあるので、筋トレの効果を確認するのに都合が良かったのです。
少しずつ大きくなっていく力こぶは、筋トレのモチベーションを上げるのに役立ちます。

また、飲み会などで「筋トレをしている」と周りの人に言った場合、高確率で力こぶを見せないといけない状況になります。
その時に、立派な力こぶがあれば、安心して見せることが出来ます。

パーム・カールのやり方

パームカールのやり方は簡単です。
左右の手のひら同士を、押さえあった状態で、片腕ずつカールしていきます。
ダンベルカールを、腕だけで再現しているイメージです。
ダンベルの重りの代わりに、反対の腕の押し返す力を利用していることになります。

ポイント

  • 肘の位置は固定させる
  • カールする方の上腕二頭筋が使われていることを意識する
  • 上腕二頭筋の収縮が、きっちりと感じられるまで腕を曲げる

肘を痛めないように、肘の位置を固定しましょう。
上腕二頭筋が使われていることを意識して、筋トレの効果をアップさせましょう。
また、慣れるまでは、頑張りすぎないように注意が必要です。
頑張りすぎると、怪我の原因になります。

参考になる動画がありますので、ご紹介します。

【筋トレ】道具なしで上腕二頭筋を鍛える方法。徒手抵抗

まとめ

  • 上腕二頭筋は、筋肉の代表格
  • ダンベルやバーベルが無い場合は、自分の腕だけを使った「パーム・カール」で、上腕二頭筋を鍛えることができる
  • 上腕二頭筋を鍛えることで、男らしい力こぶを手に入れることができる
  • 少しずつ大きくなっていく力こぶは、筋トレのモチベーションを上げるのに役立つ
  • パーム・カールは、自分の反対の腕を重り代わりにした、ダンベルカールをイメージすると分かりやすい

コメント

タイトルとURLをコピーしました