【ダイエット】体重は気にしない!体脂肪の減少と理想のスタイルを目的にしよう!

スポンサーリンク

体重は気にしない!体脂肪の減少と理想のスタイルを目的にしよう!

NG

体重が減ってもダイエット成功とはいえない

「体重を減らす」ことがダイエットの目的になっている人が多いです。
それは何も悪いことではありませんが、体重ばかりを気にし過ぎるのは良くありません。

体重を気にし過ぎるあまり、ダイエットが失敗してしまうことも少なくありません。

体重が減ってもダイエットが失敗する例
  • 筋肉量が減ってしまう
  • 体脂肪が減っていない
  • 大きなストレスを抱えてしまう

筋肉量が減ってしまう

体重ばかりを気にしていると、自分のスタイルが崩れていることに気付けません。
ダイエットをすると、体脂肪と一緒に筋肉量も減っていきます。

スタイルを崩さないためには、ダイエット中に運動や筋トレをする必要があります。
「食事制限だけでダイエットをしたい」という人は多いですが、結果的にダイエットによってスタイルを崩してしまうでしょう。

体重は減ったけど、スタイルが崩れてしまっては、ダイエットは失敗です。
体重よりも、「スタイルを維持する」「スタイルを良くする」ことの方が大切です。

体脂肪が減っていない

体脂肪が減っていないのは、最悪のダイエット失敗パターンです。
体重が減った理由は、「筋肉量が減った」「体の水分量が減った」ということになります。

スタイルが崩れるのは勿論ですが、高確率でリバウンドもするでしょう。
「水しか飲んでいないのに体重が増える」、という状態になってしまうかもしれません。

体重ばかりを気にしていると、何が減って体重が落ちているかが分かりません。
体脂肪計を使って、体重と体脂肪の両方をチェックしましょう。
もし、家に体脂肪計が無い場合は、まずは体脂肪計の購入を考えましょう。

大きなストレスを抱えてしまう

ダイエットをしても、体重が順調に減っていくことは少ないです。

体重は、体脂肪や筋肉量、水分量など、色々な要素が原因で変動します。
そんな変動が多い体重を気にし過ぎると、日々の体重変動で一喜一憂することになります。

順調に体重が減っているときは良いですが、体重が減らなくなればストレスを抱えます
体重が減らないので、より極端なダイエット方法に手を出してしまうかもしれません。
結果的に、ダイエット自体がストレスになってしまいます。

大きなストレスを抱えた状態だと、ダイエットが終わってからの反動が強くなります。
元の生活に戻した途端、すぐにドカ食いを繰り返してリバウンドするでしょう。

体脂肪の減少と理想のスタイルを目的にしよう

ダイエットを成功させるためには、必要以上に体重を気にしないことが大切です。
体重ではなく、体脂肪の減少理想のスタイルになることを目的にした方が、ダイエットの成功率はぐんとアップします。

ダイエットを成功させるためには?
  • 体脂肪率を目標にする
  • 理想のスタイルになるための運動をする
  • 体重は気にしない

体脂肪率を目標にする

体重よりも、体脂肪率を目的にしたダイエットの方が成功しやすいです。
体重が減っていなくても、体脂肪率が減っていれば目的に近づいていることになります。

「体重ではなく、無駄な体脂肪を減らしていく」と考えた方が簡単でスマートです。
体重の代わりに、体脂肪計で体脂肪率を定期的にチェックしていきましょう。
家に体脂肪計が無ければ、ダイエットを機会に体脂肪計を購入しましょう。

理想のスタイルになるための運動をする

食事制限だけでは、筋肉量が減少します。
筋肉量の減少は、スタイルが崩れてしまう直接の原因になってしまいます。

スタイルが崩れることを防ぎ、自分が理想とするスタイルに近づくためには、筋肉量を維持するための運動が必要不可欠です。

筋肉量を維持するだけなら、歩いたりストレッチなどの運動を、筋肉量を増やしたいのであれば、本格的な筋トレやランニングなどを行っていきましょう。

食事制限だけではなく、理想のスタイルになるための運動をダイエットに組み込みましょう。

体重は気にしない

体重は、色々な要因で変動してしまう不安定なものです。
不安定な体重は、ダイエットの目安ぐらいに考えておきましょう。

体重よりも、体脂肪率やスタイルに気を配るべきです。
ダイエットを決意したときに、理想のスタイルになった自分をイメージしたはずです。

体重は目安として考えて、体脂肪率や自分のスタイルが目的に近づいているかを確認しましょう。

まとめ

  • 「体重を減らす」ことがダイエットの目的になっている人が多い
  • 体重を気にし過ぎると、ダイエットが失敗してしまうことが少なくない
  • 体重はダイエットの目安として考えて、体脂肪率や理想のスタイルに近づいているかを意識する

コメント

タイトルとURLをコピーしました