ジムのショルダープレスマシンで肩(三角筋)をトレーニングしよう【筋トレ】

肩の筋肉を三角筋と言います。

三角筋をトレーニングすることで、肩幅の広い大きな上半身を手に入れることができます。

三角筋は前部中部後部の3つに分かれており、ダンベルを使えば、それぞれの部位をピンポイントでトレーニングすることができます。

しかし、初心者がいきなりダンベルに挑戦するのは難しいかもしれません。

筋トレ初心者は、どこのジムにも置いてあるショルダープレスマシンで肩トレーニングのコツを掴んだ方が良いでしょう。

マシンは軌道が決まっているので、初心者でも簡単にトレーニングすることができます。

今回は、ショルダープレスマシンの使い方について解説します。

ダンベルで三角筋をトレーニングしたい場合は、次のリンク先の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

ジムのショルダープレスマシンで肩(三角筋)を鍛えよう

三角筋

肩(三角筋)を鍛えるメリット

  • 肩幅が広くなる
  • 服が似合うようになる
  • 大胸筋がより強調されるようになる
  • 肩こりが軽減される
  • 効果が出るのが早い(体感)

三角筋が大きくなることで、肩幅が広くなります。

肩幅が広くなると、体のシルエットが明らかにカッコよく変わります。

体感ですが、三角筋は成長が早い部位です。

同じく成長が早い大胸筋と合わせてトレーニングしましょう。

ショルダープレスマシンで鍛えるメリット

  • 初心者でも簡単に三角筋のトレーニングができる
  • 三角筋のトレーニングのコツを掴むのに最適
  • どこのジムでも置いてある

ショルダープレスマシンの使い方

ショルダープレスマシンの使い方は簡単です。

座って、レバーを握って、持ち上げるだけでOKです。

幅が広いレバーと幅が狭いレバーの2つが付いていると思います。

幅が広いレバーを使うと三角筋の中部幅が狭いレバーを使うと三角筋の前部をトレーニングすることができます。

ポイント

  • 背もたれから、頭や背中を離さないようにする
  • 三角筋が使われていることを意識する
  • 反動を使わずに、ゆっくりと上げ下げする

参考になる動画がありますので、ご紹介します。

ショルダープレスマシンの形状は、ジムによって若干違うかもしれません。

使い方やポイントは変わらないので安心してください。

ショルダープレスマシン(Shoulder Press Machine)のやり方と基本フォーム

まとめ

  • 肩の筋肉を三角筋という
  • 三角筋は前部、中部、後部の3つに分かれている
  • 筋トレの初心者は、ショルダープレスマシンでトレーニングのコツを掴んだほうが良い
  • 三角筋を鍛えることで、大きな肩幅が手に入る
  • ショルダープレスマシンには、幅が広いレバーと幅が狭いレバーの2つのレバーがある
  • 幅が広いレバーを使うと三角筋の中部、幅が狭いレバーを使うと三角筋の前部を鍛えることができる

コメント

タイトルとURLをコピーしました