同じ筋トレでも人によって効果は違う!自分に合う筋トレを探し出そう

スポンサーリンク

同じ筋トレでも人によって効果は違う!自分に合う筋トレを探し出そう

同じ筋トレでも人によって効果が違う

筋トレの効果にも個人差がある

人によって色々な個人差があります。

性別も違えば、身長や体重、手足の長さも違います。
筋トレに影響する個人差だけでも、色々なものがあります。

筋トレに影響する個人差(例)
  • 年齢
  • 性別
  • 身長
  • 体重
  • 手足の長さ
  • 速筋、遅筋の比率
  • 睡眠時間
  • 筋トレの頻度
  • 筋肉の修復速度
  • 食事の量や種類
  • 栄養の吸収力
  • 筋トレ以外の活動量

他にも、あげればキリがないでしょう。
それだけの個人差があれば、当然ながら「筋トレの効果」にも差が出てきます。

極端に言えば、「この筋トレを続けていればマッチョになれる!」という筋トレをやり続けても、結果には大きな差が出てきます。
本当にマッチョになれる人もいれば、まったく効果が出ない人もいるでしょう。

別に、その情報が嘘だったり間違っていた訳ではありません。
その筋トレが「自分には合わなかった」というだけです。

自分に合わないものを続けていても、突然大きな効果が出てくることは少ないです。
まず、自分に合わない筋トレなんてやめてしまいましょう。

そして、自分に合った筋トレを探し出し、その筋トレを「さらに自分に合うように改良していく」ことが大切になってきます。

モモイ
モモイ

同じ筋トレでも、人によって効果には差が出てくるよ
筋トレを自分に合うように改良していくことが大切だよ

筋トレを自分に合うように改良していく

では、筋トレを自分に合うように改良するにはどうすれば良いのでしょうか?

結論から言えば、自分で色々と試してみるしかありません。
色々と試して、パンプアップの具合や筋肉痛、筋肉の成長を観察していきます。
何度も試しているうちに、自分に合った筋トレに改良することがでるでしょう。

筋トレを自分に合うように改良する
  • 重量を変える
  • 回数を変える
  • スピードを変える
  • 持ち上げる角度を少し変える
  • 手幅や足幅を変える
  • インターバルの時間を変える

例えば、私は「腕立て伏せ」を自分に合うように改良しました。
色々と試しましたが、結果的に「手幅を広くして体をより深く沈める」という改良をすることで、大胸筋を大きく成長させることができるようになりました。

しかし、これはあくまでも私の場合に限ります。
人によっては効果が無かったり、逆に効果が下がったりする可能性もあります。
自分に合った改良は、自分にしか行うことができません

筋トレを改良してくには時間と根気が必要です。
何度か試しているうちに、「筋トレを改良するコツ」をつかむことができます。
筋トレを改良するコツをつかむことが出来れば、今後の筋トレ人生の中で間違いなく大きな財産となってくれるでしょう。

モモイ
モモイ

筋トレは、ちょっとした改良で結果が大きく変わるよ
筋トレを改良するコツをつかむことが出来れば、今後の筋トレ人生で大きな財産になるよ

自分に合った筋トレに改良していく人が成長し続ける

すべての筋トレは、自分用に改良されたものではありません。
一般的な筋トレをベースにして、自分用に改良していくことで、はじめて「自分に合った良い筋トレ」になります。

そして、「どのように改良すれば良いか」は自分にしか分かりません。
時間をかけてゆっくりと筋トレを改良していきましょう。
実験と結果分析を繰り返し、自分に合った筋トレに少しずつ改良していくのです。

何も考えずに筋トレを続けるよりも、必ず大きな結果を得ることができます。

モモイ
モモイ

筋トレの改良は、実験と結果分析の繰り返しだよ
焦らずに、時間をかけてゆっくりと改良して行こう

まとめ

  • 筋トレの効果にも個人差がある
  • 自分に合った筋トレを探し出し、その筋トレを「さらに自分に合うように改良していく」ことが大切
  • 筋トレは、自分に合うように改良することで結果が大きく変わる
  • 筋トレの改良は、実験と結果分析の繰り返し
  • どのように改良すれば良いかは、自分にしか分からない

コメント

タイトルとURLをコピーしました