ジム通いが続かない?ダメな自分が面倒なジムに通い続けるための方法

スポンサーリンク

ジム通いが続かない?ダメな自分が面倒なジムに通い続けるための方法

ジム通いが続かない

なかなかジム通いが続かない

思い切ってジムに通い始めても、なかなかジム通いが続かない人は多いです。

毎日が忙しかったり、途中で飽きてしまったり、面倒になってきたりと、ジム通いが続かなくなる理由なんてたくさんあります。

「別にジム通いが続かなくなっても良いじゃない」と思ってしまいがちですが、実際は自分にとって大きな傷になってしまう可能性があります。
「自分で決めたことが守れなかった」ということが続けば、自分に自信を持つことが出来なくなっていきます。

最悪の場合、自分のことが嫌いになってしまうかもしれません。
好きな自分で居続けるためにも、一度決めたことはやりとげていくことが大切です。

努力と工夫をすることで、誰でもジム通いを続けていくことができます。

モモイ
モモイ

ジム通いを途中でやめるのは勿体ないよ
努力と工夫でジム通いを続けていこう

ジム通いを続けるための方法

ジム専用のバッグを用意しておく

ジムに通うのは、はっきり言って面倒です。

まず、バッグの中身を入れ替えるところから始めなければいけません。
バッグに着替えやタオル、上履きや飲み物を詰め替えます。
忘れ物が無いかを確認して・・・とモタモタやっていると行く気が失せてしまいます。

「ジムに行く準備」の段階で面倒になっている人も多いのでは無いでしょうか?
解決策として、「ジム専用のバッグ」をあらかじめ準備しておきましょう。
ジム専用のバッグには、ジムで必要なものを詰め込んでおきましょう。

ジムに行きたくなったら、そのバッグを持っていくだけでOKです。
「ジムに行く準備」という出鼻でくじかれることが無くなります。

モモイ
モモイ

ジム専用のバッグを作っておこう
必要なものを全部詰め込んでおけば、準備する手間が減るよ

ジムに行く曜日と時刻を決めておく

「行けるときにいく!」だと永遠に行かなくなります。
ジムに行く曜日と時刻をあらかじめ決めておきましょう。

曜日と時刻を決めておくことで、自然と予定を調整する力が働きます。
ジムの日は早めに帰宅したり、事前に用事を済ませておくようになります。

ジムに行く曜日と時刻を決めておき、その日はジムに行くことを最優先にしましょう。

モモイ
モモイ

ジムに行く曜日と時刻を決めておこう
事前に予定しておけば、自然と予定を調整する力が働くよ

早朝にジムに行く

私生活の予定がコロコロと変わってしまう人もいるのではないでしょうか?
ジムに行く曜日や時間を決めていても守るのが難しいです。

そんな人にオススメなのが、「早朝にジムに行く」ことです。
早朝であれば、私生活の関係なく時間をつくることができます。

仕事や学校、家事が始まる前に、早起きをしてジムに行きましょう。
人も少ないので快適ですよ。

もちろん、前日は早めに寝て体調を整えておくことが大切です。

モモイ
モモイ

24時間営業のジムなら、早朝でも開いてるよ
人も少ないから気持ち良く運動できるかも

帰宅せずに直接ジムに行く

仕事や学校から帰宅すると、気持ちが落ち着いてしまいます
その落ち着いた状態から「ジムに行く」のは思い切りが必要になります。

特に、食事をした後はリラックスモードになるでしょう。
最初はいくつもりだったのに、だんだんと面倒になって「今日は行かなくても良いか」になってしまいます。

そんなときは、帰宅せずに直接ジムに行くという方法もあります。
もちろん、運動前のエネルギー補給は重要です。
消化の良いものを軽く食べてから、帰宅せずに直接ジムに行きましょう。

モモイ
モモイ

帰宅するとジムに行くのが面倒になるかも
外出先から直接ジムに行くのも良い方法だよ
でも、エネルギー補給は忘れないようにしよう

家族や友人と一緒にジム通いする

自分の意思が弱いなら、家族や友人を巻き込んでしまうのも良い方法です。
家族や友人と一緒にジムに通うのはどうでしょうか?

一緒にジムに通う仲間ができれば、ジムに行くのをサボることが無くなるでしょう。
お互いに励まし合ったり、ライバルとして張り合うこともできます。

自分のためにも、友人や家族をジム通いに誘ってみましょう。

モモイ
モモイ

一人で不安なら、家族や友人と一緒にやろう
励まし合ったり、ライバルとして張り合うこともできるよ

ジムに行く回数を減らす

ジムに行く回数が多いと、ジムに行くこと自体が面倒になります。
特に、ジムに行き始めたときは、ジムに行く回数を多く設定してしまいます。

最初からとばしすぎると、誰でもすぐに疲れて気分も滅入ってしまいます。
そんな状態では、ジムに行かなくなるのも時間の問題でしょう。

まずは、週に1回から挑戦してみましょう。
ジムに行く回数を増やすのは、週に1回のペースに慣れてきてからで十分です。

モモイ
モモイ

何でも頑張りすぎると続かないよ
ジムに行く回数を減らして、少しずつ増やしていこう

お気に入りのバッグやスポーツウェアを買う

「形から入る」と言うのも、時には良い方法になります。
カッコいいバッグ、カッコいいスポーツウェアを購入しましょう。
不思議とそれだけで、自分のモチベーションを上げることができます。

購入したバッグやスポーツウェアは、ジムに行く時だけに使うと決めましょう。
バッグやスポーツウェアを使いたくてジムに通えるようになります。

バッグやスポーツウェアなら「マイプロテイン」がオススメです。
プロテインやサプリも何でも格安で揃いますよ。

プロテイン、筋肉サプリ、スポーツウェアの海外通販【Myprotein】

モモイ
モモイ

お気に入りの商品を買うとモチベーションが上がるよ
少し高くても、自分の気に入ったものを買おう

友人や家族にジム通いを宣言する

友人や家族ににジムに通うこと、ジムに通っていることを宣言しましょう。
自分がジムに通っていることを誰かに知っておいてもらうのです。

そうすることで、ジムに行かなくなることが恥ずかしくなります。
ジムに行かなくなると、誰かに「もう飽きちゃったのか」「やっぱり続かなかったか」「あれだけ言ってたのにカッコ悪い」と思われることになります。

それがジムをサボる抑止力になってくれます。
誰かを失望させないために、自分を奮い立たせて頑張ることができます。

モモイ
モモイ

誰かにジムに通っていることを知っておいてもらおう
「言ったからにはやらなきゃいけない」という気持ちになるよ

ジム通いも習慣化されると楽になる

ジム通いを続けるためには、色々な方法を試していく必要があります。
努力や工夫によって、自分を無理矢理にでもジムに通うように仕向けるのです。

最初は大変ですが、ジム通いが「習慣化」してしまえば、後は楽です。
ジムに通うのが「当たり前」の状態になるのです。

習慣化してしまえば、今までのように努力や工夫などは必要ありません。
歯磨きや入浴と同じように、自分の日常の一部になります。

まずは「習慣化」するために、努力や工夫が必要なのです。

モモイ
モモイ

ジム通いが「習慣化」されると楽になるよ
努力や工夫が必要なくなるから、頑張らなくてもジム通いができるようになるよ

まとめ

  • ジム通いが続かないなら、努力と工夫でジム通いを続けていく
  • ジム専用のバッグを作っておこう。準備する手間が減る
  • ジムに行く曜日と時刻を決めておこう。自然と予定を調整する力が働く
  • 予定がつけにくいなら、早起きして早朝にジムにいくのがオススメ
  • 帰宅するとリラックスしてしまい、ジムに行くことが面倒になる。仕事や学校帰りに直接ジムに行くのがオススメ
  • 家族や友人と一緒にジムに通うのも良い方法
  • 頑張りすぎず、ジムに行く回数を減らす
  • お気に入りの商品を買うとモチベーションが上がる
  • ジムに通っていることを誰かに知っておいてもらう。「言ったからにはやらなきゃいけない」という気持ちが働く
  • ジム通いは「習慣化」されることで楽に続けていくことができる

コメント

タイトルとURLをコピーしました