ダイエット中の便秘に試して欲しい4つの習慣【対策・解消法】

スポンサーリンク

ダイエット中の便秘に試して欲しい4つの習慣

リラックス

便秘はダイエットの天敵

ダイエット中に便秘になってしまう人は多いですよね?

便秘になってしまうと、自律神経の乱れにもつながります。

ダイエットはもちろん、健康美容にも悪影響が出てしまいます。

  • 自律神経が乱れ、ダイエットが失敗する
  • 不快感とイライラでストレスが溜まる
  • 肌荒れやニキビが出てくる
  • 便が固くなり、切れ痔のリスクが高まる
  • 便の腐敗が進み、腸の悪玉菌が増える

便秘を解消するための4つの習慣

便秘を解消するためにオススメの方法をご紹介します。

便秘で悩んでいる人は、一度試してみてはいかがでしょうか?

朝食を摂る

毎朝、きっちりと朝食を摂りましょう。

腸に食べ物が入ってくることで、反射作用が起こり便が動き出します

また、朝食はダイエットにも最適です。

時間を作り、必ず朝食を摂るようにしましょう。

毎朝トイレに座る

朝食の後、便意が無かったとしてもトイレに5分程入りましょう。

排便リズムを習慣化させることができます。

また、少し前傾姿勢になると便が出やすくなります。

水をたくさん飲む

ダイエット中に、水分を控えるのは良くありません。

水はカロリーゼロなので、脂肪が付いて太ることはありません。

水を飲むことで腸の粘膜が増えるため、排便を促すことができます。

できれば冷たい水では無く、常温の水をいつでも飲めるようにしておきましょう。

また、唾液を出すことも消化機能を向上させることができるので、ガムを噛むのも有効です。

手や顔に冷たい水をかける

手や顔に冷たい水をかける「寒冷刺激」も効果的です。
自律神経が刺激されるので、腸の動きが良くなります。
毎朝の洗顔を、お湯では無く水で行ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

  • 便秘は、ダイエットはもちろん、健康や美容にも悪影響が出る
  • 「朝食を摂る」「毎朝トイレに座る」「水をたくさん飲む」「手や顔に冷たい水をかける」を習慣化して、便秘を解消する

コメント

タイトルとURLをコピーしました