自律神経を整えてダイエットを促進させよう【交換神経・副交感神経】

スポンサーリンク

自律神経を整えてダイエットを促進させよう

考える

ダイエットと自律神経

自律神経は、消化・吸収・代謝・循環という体の重要な機能の調整を行っています。
自律神経には、「交感神経」「副交感神経」の2種類があり、体外・体内の環境変化によって自動的に切り替わります。

交感神経と副交感神経が、適切に切り替わることで、健康的な生活が送れます。
健康的な生活を送ることが、ダイエットに最も適した状態と言えます。

交感神経

交感神経は、人間の活動時間帯に働く自律神経です。
エネルギーを積極的に消費してくれます。
体温が上昇して代謝が上がるので、脂肪が効率的に燃焼してくれます。

副交感神経

副交感神経は、夜から朝にかけて働く自律神経です。
交感神経とは反対に、エネルギーを吸収蓄積します。
体温も徐々に低下して、代謝も下がっていきます。
うまく副交感神経に切り替えることで、良質な睡眠をとることができます。

自律神経を整えることでダイエットは成功する

自律神経は、意識的に切り替えることはできません。
しかし、日々の過ごし方を少し工夫するだけで、自律神経に刺激を与えることができます。
自律神経に刺激を与えることで、自律神経が整いやすくなります。

朝の過ごし方

深呼吸をする

体を起こすために、大きな深呼吸を繰り返しましょう。
血液に乗った新鮮な酸素が、体の隅々まで行き渡ります。
脳にも酸素が行き渡り、ボーッとしていた意識もハッキリしてきます。

日光を浴びる

カーテンを開けて、日光を浴びましょう。
少し曇っている日でも、部屋の蛍光灯よりも陽の光の方が強力です。
メラトニンやセロトニンの分泌にも効果があります。

軽い運動をする

朝の運動が、交感神経への切り替えを手助けしてくれます。
ウォーキングや筋トレをすることで、体温が上がり血流が活発になります。

昼の過ごし方

昼食の30分後に軽い運動

昼食の30分後から、血糖値の上昇が始まり、体が副交感神経に切り替わろうとします。
副交感神経に切り替わると、体脂肪が付きやすい状態になってしまいます。

昼食の30分後に、軽い運動をすることで、強制的に交感神経に切り替えることができます。
軽い運動なら、何でも構いません。
歩いたり、ストレッチをしたり、掃除でもOKです。

注意点としては、激しい運動は控えましょう。
消化不良の原因になります。

適度な休憩

ストレスが溜まると、自律神経が乱れる原因になります。
ストレスを溜まってきたと感じたら、長めの休息をとりましょう。
リラックスできる空間に移動して、頭を空っぽにしてボーッとすることが効果的です。
歩いたり運動をすることで、気分転換もできます。

夜の過ごし方

夜に部屋を暗くする

就寝の3時間ぐらい前からは、部屋の明かりを少し暗くしましょう。
暗い環境にはリラックス効果があり、副交感神経への切り替えもスムーズに行えます。

全身浴をする

5分程度で良いので、湯船に肩まで浸かりましょう。
温熱効果や水圧効果、浮力効果が期待できます。
余計な事は考えず、リラックスすることだけに集中しましょう。

ストレッチをする

就寝前に筋肉をほどよく刺激することで、脳と体をリラックスさせることができます。
筋トレや体操だと刺激が強すぎるので、痛気持ちいい程度のストレッチが最適です。
うまく副交感神経へ切り替えることで、質の良い睡眠をとることができます。

まとめ

  • 自律神経を整えることが、ダイエットを成功させるために必要
  • 朝は、「深呼吸をする」「日光を浴びる」「軽い運動をする」が効果的
  • 昼は、「昼食の30分後に軽い運動」「適度な休憩」が効果的
  • 夜は、「部屋を暗くする」「全身浴をする」「ストレッチをする」が効果的

コメント

タイトルとURLをコピーしました